経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

2018年CESアジア公式記者発表会のスケジュールを発表:間もなく大手企業の発表会を開催

2018年06月11日

トップブランド25社がCESアジアで記者発表

米バージニア州アーリントン

(ビジネスワイヤ) -- 全米民生技術協会(CTA)は本日、アジア市場の消費者向け技術業界の一流イベントである2018年CESアジアの公式記者発表会のスケジュールを発表しました。全志科技、バブルラボ、バイトン(拝騰)、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー、ホンダ、キア(起亜)、メルセデス・ベンツなどが現地で記者発表会を開催し、新製品紹介と企業発表を行います。

CESアジアにはあらゆる規模の有力技術企業500社以上が参加し、世界の発展に貢献する最新技術を展示・事前宣伝します。本展示会は5G接続、人工知能、拡張現実と仮想現実、車両技術など、変革力を持った技術を試す場となります。2018年CESアジアは2018年6月13~15日に上海新国際博覧中心(SNIEC)で開催されます。

CESアジアの全イベントおよびカンファレンスプログラムのスケジュール登録については、CESAsia.comをご覧ください。展示会場マップをご利用すると、会場巡りが容易となります。

 

2018年CESアジア記者発表会スケジュール

(2018年6月5日時点)   2018年6月10日(日)        

メルセデス・ベンツ・メディア・テックデー@CESアジア

午前10時30分~11時 上海ヒマラヤ美術館   2018年6月11日(月)   バイトン・ブランド・ナイト 午後5時30分~8時30分 ヒマラヤセンター、大観舞台   2018年6月13日(水)   浙江零跑科技有限公司 午前10時30分~11時 SNIEC、ホールN4、ブース4238   七斗国際科技有限公司 午前10時30分~11時 SNIEC、ホールN1、ブース1272   起亜自動車 午前10時30分~11時 SNIEC、ホールN5、ブース5316   ビジネスフランス/フレンチテック 午前10時30分~11時30分 ケリー、3階、ファンクションルーム2   ホンダ(本田技研工業(中国)投資有限公司) 午前11時〜11時30分 SNIEC、ホールN5、ブース5330   上海蛍火虫数字科技有限公司 午前11時~正午 ケリー、3階、ファンクションルーム3   約肯机器人(上海)有限公司 午前11時~正午 SNIEC、ホールN4、ブース4356   キャデラック 午前11時30分~正午 SNIEC、ホールN5、ブース5302   オランダ・イノベーション・ネットワーク 正午~午後1時 ケリー、3階、ファンクションルーム2   北京分音塔科技有限公司 午後2時~3時 ケリー、3階、ファンクションルーム2   全志科技股份有限公司 午後2時~3時 SNIEC、ホールN1、ブース1302   バブルラボ(北京古点科技有限公司) 午後2時~3時 SNIEC、ホールN2、ブース2014   三菱電机汽車部件(中国)有限公司 午後2時~3時 SNIEC、ホールN5、ブース5062   上海影創信息科技有限公司 午後3時~4時 ケリー、3階、ファンクションルーム2   ダウ・ケミカル・カンパニー 午後3時15分~午後4時 SNIEC、ホールN2、M41   2018年6月14日(木)   智小套科技(北京)有限公司 午前10時~11時 ケリー、3階、ファンクションルーム3   パワービジョン・テック(北京臻迪科技股份有限公司) 午前10時30分~11時 SNIEC、ホールN3、ブース3330   上海銀基信息安全技術股份有限公司 午前11時~正午 ケリー、3階、ファンクションルーム3   杭州摩図科技有限公司 午前11時~正午 ケリー、3階、ファンクションルーム2   約肯机器人(上海)有限公司 正午~午後1時 ケリー、3階、ファンクションルーム3   北京安創空間科技有限公司 午後2時~3時 ケリー、3階、ファンクションルーム3   佳楽事達有限公司 午後3時~4時 ケリー、3階、ファンクションルーム3  

編集者への注記:

高精細ビデオのbロールは、CESbroll.comでダウンロードできます。2018年CESアジアの最新画像については、CESアジア・フォトギャラリーをご覧ください。中国以外から来訪するジャーナリストにはJ-1ビザまたはJ-2ビザが必要です。CESアジアへの出展に関するご質問は、Brian Moon(bmoon@CTA.tech)、または+1 703-907-4351にお問い合わせください。

CESアジアについて:

インターナショナルCES(上海)エキシビションが所有・運営し、上海インテックス・エキシビション(上海インテックス)と共同プロデュースするCESアジアは、消費者向け技術業界の一流イベントで、アジア市場における革新のバリューチェーンを徹底的に幅広く掘り下げて紹介します。この新イベントに参加する主要なグローバル企業は、消費者向け技術業界の幹部、海外の仕入れ担当者、国際報道関係者、一部限定の中国消費者に最新の技術・製品を披露し、その成長・強化を図ります。参加者は、中国を含む世界の最大手ブランドの一部に独占的な形で触れ、消費者向け技術業界を形作る革新成果を称えます。

インターナショナルCES(上海)エキシビションとCTAについて:

インターナショナルCES(上海)エキシビションは全米民生技術協会(CTA)が設立した外資独資企業です。CTAは、米国で1500万人以上の雇用を支え、米国の3510億ドル規模の消費者向け技術業界を代表する業界団体です。2200社を超す企業(80パーセントが小規模企業と新興企業で、その他の企業は世界で最も有名な企業に数えられています)が政策提言、市場調査、技術教育、産業振興、規格開発、ビジネス関係・戦略的関係の構築など、CTA会員の利点を享受しています。CTAはまた、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業が集う場となるCES®を所有・運営しています。CESから得た利益は、CTAの業界サービスに再投資されています。

上海インテックスについて:

本来、上海インテックス・エキシビションは1995年に設立された先駆的な展示会運営会社である上海インテックスの展示会企画部門でした。上海インテックスは、上海のCCPIT(中国国際貿易促進委員会)とPNOエキシビション・インベストメント(ドバイ)リミテッドにより共同で統括されています。1998年以来、上海インテックスは100を超える国際展示会および会議を主催しており、展示総面積は200万平方メートルを超えます。上海インテックスは、クリエイティブ業界のほか、ヘルスケア、ライフスタイル、先進製造、コンシューマー・エレクトロニクスの各業界を網羅する主要な国際イベントの開催で豊富な経験を有する専門家チームにより構成されています。

今後のイベント

2018年CESアジア登録6月13~15日、中国・上海 CEOサミット6月24~27日、スペイン・バルセロナ CESアンベールド・アムステルダム9月27日、オランダ・アムステルダム テック&スタンダード・フォール・フォーラム10月1~5日、米カリフォルニア州ハリウッド CESアンベールド・パリ10月3日、フランス・パリ イノベート・セレブレート10月15~17日、米マサチューセッツ州ボストン CESアンベールド・ニューヨーク11月8日、米ニューヨーク州ニューヨーク CESアンベールド・ラスベガス2019年1月6日、米ネバダ州ラスベガス 2019年CES2019年1月8~11日、米ネバダ州ラスベガス

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Consumer Technology Association (CTA)
Teresa Hsu
703-907-5259
thsu@CTA.tech
www.CESAsia.com
または
Bernice Morquette
703-907-7651
bmorquette@CTA.tech
www.CES.tech

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • オーナーズ・スタイルが「入居者トラブルについて...
  • 日産、車両の軽量化に向けて「超高張力鋼板」の採...
  • 「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措...
  • フランス・ル・マン24時間レース会場において公開...
  • 日本組織内弁護士協会によれば、企業内で働く弁護...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.