ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

熊谷組など3者、「サスペンションシールド工法」を開発

2017年10月06日

熊谷組など3者、「サスペンションシールド工法」を開

地下構造物の変形などを抑制する「サスペンションシールド工法」
株式会社熊谷組、東京地下鉄株式会社、公益財団法人鉄道総合技術研究所は10月4日、共同でシールドトンネルなどの地下構造物の変形や変位を抑制する技術「サスペンションシールド工法」を開発した、と発表した。

サスペンションシールド工法は、3者共同で特許出願中とのこと。

上部または側部にシールドトンネルを新設し地下構造物の変形や変位を抑制
既設トンネルは、地盤の圧力や近接構造物により縦断方向に長期的な変形や変位が発生する可能性がある。トンネルを内部から補強する場合、補強スペースを確保する必要があるため、供用トンネルに支障を及ぼす。

「サスペンションシールド工法」では、変形や変位が進行する可能性のある既設のシールドトンネルなどの地下構造物に対して、内部ではなく、上部または側部にシールドトンネルを新設することで、既設の地下構造物を牽引し、変形や変位の進行を抑制する技術である。

シールドトンネルの施行手順は、最初にトンネルの近傍に立坑を設置する。次に、立坑を利用してシールドトンネルを新設する。既設トンネルと新設トンネルの両方に、補強部材を設置する。

続いて、新設シールドトンネルから削孔を行い、牽引部材を設置。新設トンネル内に親ケーブルを設置し、親ケーブルと補強部材を接続して牽引用のジャッキを設置。牽引力を調整し、既設地価構造物の変形や変位量を制御するものである。

この工法は、内部補強が困難な供用中のトンネルなどに適用可能な技術で、将来発生する可能性のある変形や変位を予防し、地下構造物の安全性を保持する技術である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社熊谷組のニュースリリース
http://www.kumagaigumi.co.jp/press/2017/pr_171004_1.html

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 有権者は、それぞれの視点、尺度で、過去5年の安...
  • 12、13日、G20が米ワシントンで開催された。会議で...
  • トヨタは、燃料電池バスのコンセプトモデル「SORA...
  • マツダが資生堂と共同でデザインテーマ「魂動」を...
  • 2015年春にデビューしたホンダS660に特別仕様車登...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.