国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

希望は自民と大連立の可能性、希望の松沢議員

2017年10月11日

 社会民主党の福島みずほ副党首は「今日(10日)のフジBSプライムニュースで、希望の党の松沢成文さん(参議院議員)は、選挙後、大連立の可能性があると述べる」とツイッターに書き込んだ。

そのうえで「自民党と希望の党が大連立するのであれば、自民党政治を変えることにはならない」と指摘。「政権交代どころか自民党政治の強化ではないか」と書き込み「憲法改正、安保関連法・共謀罪容認など政策に違いはない」と改憲、安保、共謀罪では自公政権と同じグループだとした。

確かに、この点では「自民、公明、希望、維新、こころ」対「立憲民主、日本共産、社民」の対立になる。憲法9条に限っては、公明は「多くの国民は現在の自衛隊活動を支持しており、憲法違反の存在とは考えていない」として自衛隊をわざわざ憲法に明記することには慎重。希望は憲法に規定すれば防衛省との関係で自衛隊が上になるのではないかと疑問視。自民党の安倍晋三総裁は「自衛隊を憲法に規定する際、文民が自衛隊を指揮するシビリアンコントロール(文民統制)も明記する」考えを示している。

共産は「単に存在する自衛隊を憲法上追認するだけではない。『後からつくった法律は、前の法律に優先する』というのが、法の一般原則(後法優先の原則)。9条2項(戦力不保持・交戦権の否認)を残したとしても、別の独立した項目で自衛隊の存在理由が明記されれば、2項が空文化=死文化することは避けられない」と反対している。(編集担当:森高龍二)

8党党首が公示で訴え、アピールしたのは

安倍政権5年の審判へ 衆議院議員選挙公示なる

8党党首が今回選挙で最も訴えたいことは

前原代表 政権打倒と党左傾化回避に今回の奇策

生活保護増見据えBI選択肢、財源は設計次第?

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 有権者は、それぞれの視点、尺度で、過去5年の安...
  • 12、13日、G20が米ワシントンで開催された。会議で...
  • トヨタは、燃料電池バスのコンセプトモデル「SORA...
  • マツダが資生堂と共同でデザインテーマ「魂動」を...
  • 2015年春にデビューしたホンダS660に特別仕様車登...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.