国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

モリカケ追及封じとしか受け取れない与党提示

2017年11月14日

 学校法人加計学園への獣医学部新設を認める答申を大学設置審が林芳正文部科学大臣に答申したことを受け、林大臣が判断する前に国会審議を行うのが筋として、野党側が求めていた衆院文部科学委員会を14日開く予定だったが、質問時間配分で与野党折り合わず、委員会審議が出来なくなっている。深刻な問題だ。

 与党側の質問時間3時間、与野党時間配分1対1なら、野党は90分。立憲民主党の逢坂誠二衆院議員は「そうなれば、社民や共産は1分、数分の配分しかなくなる」としている。モリカケ問題追及封じとしか受け取れない与党提示というほかない。

 逢坂議員は「総理は丁寧に説明すると言っているようだが、これでは全く丁寧な説明にならない」と強く非難した。

 14日、逢坂議員は「与野党の時間配分を50対50(1対1)にすることを与党が要求している。一見合理的なように見えるが、野党の質問時間がほとんどなくなるというのが現実だ」と提起。

 また「法案など様々な政策は、与党が先に説明を受けている。加計学園や森友学園の問題も与党は野党に先駆けて、様々聞くことができる。そんな中で、50対50になれば、野党は圧倒的に不利になる。しかも質問時間は、今回は3時間だったということなので、90分しかない。そうなれば、社民や共産は1分、数分の配分しかなくなる」と指摘した。(編集担当:森高龍二)

獣医学部認可問題、疑惑解消が先決

新閣僚の資質、モリカケしっかり追及する 社民

特別国会、十分な会期でモリカケに丁寧な説明も

衆院選挙で政府声明、モリカケには一切触れず

モリカケ「きちんと説明する覚悟での解散」自民

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 安倍晋三総理は195回国会での「所信表明演説」...
  • 「356」はポルシェの名を冠した最初の量産スポーツ...
  • 写真左:NV350キャラバン・マイクロバスGX(4WDガ...
  • マイナーチェンジした新型オデッセイ、写真は「HYB...
  • 「Los Angeles Auto Show」で初公開となるレクサス...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.