国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

総理の暴挙、総理の意識を危惧 野党議員

2017年11月15日

 立憲民主党の初鹿明博衆院議員は安倍晋三総理が10月27日に自民党の萩生田光一幹事長代行と会談した際、野党の質問時間を削減し、与党に振り分ける方針を求めたことについて「とんでもない暴挙だ」と三権分立・議会制民主主義の視点から強く非難した。

 初鹿議員は「行政府の長である内閣総理大臣が、立法府である国会の運営について、指示を出し、その通りに行われるようなってしまったら、三権分立が機能しなくなってしまう」と問題提起。

 「国会は国権の最高機関であり、内閣の提出した法案を成立させるだけの下請け機関ではない」と安倍総理の発言の軽々さをも指摘。「安倍総理の行状は憲法軽視、議会制民主主義を蔑ろにするとんでもない暴挙であると感じている」とブログ発信した。

 また、過去の安倍総理の国会答弁からも危惧を示している。初鹿議員は「以前、安倍総理は『私は立法府の長ですから』と誤った答弁をしたことがある。行政府の長と言うのを間違ってしまったのではなく、本音として、自分は本当に立法府の長であるという意識を持っているのかもしれない」と疑っている。

 また「森友、加計問題に始まり、総理大臣なら何をしても良いのだ、総理である自分が言うことが正しいのだと本当に信じ込んでいるのかもしれません。本当にそうであるなら事態は相当に深刻です。いずれ国会を本当に無視するような独裁政治に陥りかねないと本当に危惧する」と書き込み「自民党の心ある議員さんには頑張ってもらいたい」と自民党の良識議員に安倍総理の暴走を止めるよう頑張れとエールを送っている。(編集担当:森高龍二)

モリカケ追及封じとしか受け取れない与党提示

山本元大臣 与野党時間配分に改めて自民に苦言

来週に衆院文科委員会 加計の設置審答申受け

自民の与野党質問時間配分の要求に石破氏が苦言

新閣僚の資質、モリカケしっかり追及する 社民

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 安倍晋三総理は195回国会での「所信表明演説」...
  • 「356」はポルシェの名を冠した最初の量産スポーツ...
  • 写真左:NV350キャラバン・マイクロバスGX(4WDガ...
  • マイナーチェンジした新型オデッセイ、写真は「HYB...
  • 「Los Angeles Auto Show」で初公開となるレクサス...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.