国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

南スーダンPKO施設部隊撤収に唐突感と佐藤氏

2017年03月18日

自民党の佐藤正久元防衛大臣政務官は南スーダンPKO活動にあたっている施設部隊が5月末で活動を終了し、撤収することを政府が決定したことについて「唐突感がぬぐえない」とするとともに「政府からの説明を聞いても、残り2か月半の中で皆が安全に撤収するプロセスがハッキリ見えない」とブログに書き込んだ。

 佐藤議員は「内陸の南スーダンから撤収するために、陸路を取るのか、空路を取るのか。自衛隊の後続部隊がない中で、施設部隊は南スーダンの地を離れる」と書き込み「残される南スーダンの地元社会や国連部隊との調整は順調に進んでいるのか。撤収の仕方を誤ると、自衛隊員の命を危険に晒し、地元社会との間に軋轢を生む」と現地で活動している国連部隊はじめ地元社会での理解をうまく得られる対応をしないと軋轢を生む可能性があると懸念を示している。

 佐藤議員は、このことを踏まえて「政府には明確な出口戦略を示すように強く求めていく」としている。

 政府は今月10日に菅官房長官が記者会見で「国家安全保障会議で南スーダンPKO施設部隊について、現在行っている道路整備が終わる5月末を目途に活動を終了することを決めた」と発表。

 理由については「ジュバは比較的落ち着いており、南スーダンPKO施設部隊の活動終了は治安の悪化を理由にするものではない」と強調していた。

 そのうえで「我が国の考えについては南スーダン政府や国連に事前に伝え(南スーダン政府からは)これまでの活動に感謝するという発言があった」としたほか「今後も南スーダンPKO司令部への自衛隊要員の派遣は継続し、人道支援を充実するなど、南スーダンの平和と発展のために、出来る限りの貢献をしていく」と人道的支援は続けていくとの考えを述べていた。(編集担当:森高龍二)

国益のためにも稲田大臣は辞任しかないと山井氏

稲田大臣が現時点で辞任する必要はない 二階氏

南スーダン問題 すべきは外交努力と住民に支援

南スーダンPKO撤収に蓮舫氏「評価する」

南スーダンPKO「5月末目途に終了する」政府

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧
  • 1989年にデビューした、マツダのNA系・初代ローロ...
  • 「CP+2018」「フォト・ヨコハマ2018」開催概要が...
  • 働き方改革の潮流のなか、もともとは教員の勤務体...
  • ヒューマンタッチが人材市場動向数値(建設業界編...
  • ディスコは、2019年3月卒業予定の大学生を対象に就...

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.