業績報告 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 業績報告

現役の市議会議員が大学院社会人コースで研究 人のつながり「ソーシャル・キャピタル」が強いほど社会・地域における防災力が高まることを解明 平成28年度大学院学位記授与式(3/21)にて校友会長賞を授与 [学校法人近畿大学]

学校法人近畿大学

昨年12月に本学で開催された「院生サミット」で研究発

近畿大学大学院経済学研究科社会人コース(大阪府東大阪市)博士前期課程2年で、和歌山県御坊市における現役の市議会議員でもある松本隆史氏は、人と人のつながりの度合いを表す「ソーシャル・キャピタル※」が強いほど、社会や地域における防災力が高まることを解明しました。
本研究成果に対し、平成29年(2017年)3月21日(火)に挙行される平成28年度大学院学位記授与式にて、校友会長賞が授与されます。

【本件のポイント】
●御坊市の住民250人に対するアンケートを用いて「人と人とのつながり」という抽象的な概念を「ソーシャル・キャピタル」として定量化
●「ソーシャル・キャピタル」が強いほど社会や地域における防災力が強くなることを確認
●御坊市における今後の防災対策に本研究成果を活用し、地域の安全、安心に貢献

【本件の概要】
「ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)」は、社会や地域における人と人との信頼関係や結びつきの強さを表す概念で、経済学では、これが強いほど、教育や経済活動、治安向上、健康促進などの様々な分野において、費用対効果が高まるとされています。
松本氏は、御坊市の住民250人に対するアンケートを用いて、ソーシャル・キャピタルの定量化と防災力の調査に取り組み、人と人とのつながり「ソーシャル・キャピタル」が強いほど、防災力が強くなることを明らかにしました。御坊市の市議会議員でもある松本氏は、この研究成果を同市の行政に生かし、地域の防災力向上への貢献を目指します。
本研究成果に対しては、平成28年度大学院学位記授与式にて校友会長賞が授与されます。

[平成28年度 大学院学位記授与式]
■日時:平成29年(2017年)3月21日(火)11:00~12:00
■場所:近畿大学東大阪キャンパス 本館7階ホール
    (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)

【本件の背景】
近畿大学大学院経済学研究科は、大学卒業後も問題意識を待ち、再び大学で研究をしたいという意欲を持つ方のために、社会人コースを設置しています。
和歌山県御坊市の市議会議員であった松本氏は、大地震発生の可能性が高いとされ、大地震が発生すれば大津波が13分で到達するという環境にある同市に対する防災への危機感と強い使命感から一念発起し、平成27年(2015年)4月に本学大学院経済学研究科社会人コースに入学しました。
その後、地道にアンケート調査を行い、地域住民と対話することで、「ソーシャル・キャピタルが防災力に与える影響について~御坊市住民アンケートを用いて~」として研究成果を取りまとめ、昨年12月、本学大学院の文系3研究科と理系3研究科、文系1学部の大学院生らが日ごろの研究成果を発表する「院生サミット」においても、ポスター発表を行っています。

【研究の詳細】
松本氏は、御坊市の市議会議員として、限られた予算での防潮堤や津波タワーなどの社会資本整備に限界を感じていた経験から、ソーシャル・キャピタルに注目しました。そして、これを定量的に表し、防災力に与える効果について、御坊市における250人に対する住民アンケートを用いて調査・分析を行いました。
アンケートでは、防災力の指標である「共助意識」とソーシャル・キャピタルの指標である「互酬性※の規範」と「社会的信頼」について調査しました。これらのデータを用いてそれぞれとの因果関係を明らかにする統計的手法「回帰分析」を行った結果、ソーシャル・キャピタルの指標である「互酬性の規範※」と「社会的信頼」が蓄積されているほど防災力の指標「共助意識」が高いことが確かめられました。このことは、地域の治安やゴミ出しマナーが良いと考えている人、あるいは地域のお祭りやスポーツ大会などのイベントに頻繁に参加する人が多いほど、地域・職場などの防災関連イベントにも積極的に参加するなど、自主的な防災活動に参加する傾向が強いことを示しています。
※互酬性:与えられたものに対して、お返しを行う相互扶助関係のこと。

【プロフィール】
近畿大学大学院 経済学研究科 社会人コース 博士前期課程 2年 松本隆史(まつもとたかし)氏
研究テーマ:ソーシャル・キャピタルが防災力に与える影響
専   攻:公共経済学
生年月日 :昭和46年(1971年)4月13日生まれ、45歳
平成23年(2011年)1月 和歌山県御坊市議会議員 就任(現職)
防災・減災に対する地域防災力の向上や、ソーシャル・キャピタルを効果的に活用する研究をしています。和歌山県御坊市の市議会議員として、防災・経済政策で市民の生命と財産を守り、安心して暮らせる地域づくりに、研究で身に付けた知識を生かしたいと思います。

■関連資料
・和歌山県御坊市議員名簿
http://www.city.gobo.wakayama.jp/sigikai/shigikaisyokai/1382932017510.html


【付帯情報】
・昨年12月に本学で開催された「院生サミット」で研究発表する松本氏
http://itm.news2u.net/items/output/152768/1


News2uリリース詳細へ

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/graduate/

記事提供:news2u

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 安倍政権下で進めてきた「日米同盟深化」は北朝鮮...
  • 8月に入って日産が発表した日産を代表する電気自動...
  • 国交省はタクシーの配車アプリを使って、乗車前に...
  • 三菱重工が南アフリカの火力発電所建設で生じた損...
  • 訪日外国人が増加する中、SNSで海外向けに情報発信...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.