技術・開発 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 技術・開発

アストラゼネカ「MediChannel LINEスタンプ」を公式アカウント登録者向けに期間限定で無料配信

アストラゼネカ株式会社

~製薬企業で初めての医療関係者向けLINEスタンプ~

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:デイヴィド・フレドリクソン、以下、アストラゼネカ)は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役: 出澤 剛、以下、LINE)が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」のアストラゼネカの公式アカウント登録者向けに、トーク画面から必要な情報へのアクセスを簡単にするLINEスタンプを開発し、2017年6月1日まで期間限定で無料配信します。

アストラゼネカのLINE公式アカウントは、LINEビジネスコネクト※1を活用し、同社が運営する医療関係者向けの会員制サイト「MediChannel」(URL: http://med.astrazeneca.co.jp )の登録会員に対して、2015年12月より提供しているサービスです。登録会員である医師、薬剤師、看護師が、自身のLINEアカウントでMediChannelを友だち登録し、MediChannelのIDとコネクトすることで、MediChannelで提供している医療情報コンテンツをより早く、ニーズに合わせて受け取ることができます。

MediChannelのLINEスタンプは、MediChannel内のコンテンツへのアクセスを、より迅速で簡単にすることを目的としています。MediChannelアカウントのトーク画面にある“メニュー”からダウンロードし、トーク画面にスタンプを送信すると、スタンプに連動した医療情報やサイトのページURLが自動応答で案内されます。8種類のスタンプには、文献記事検索やTV講演会の開催予定、ぜんそく天気予報など、登録会員の利用頻度が高いコンテンツやサービスへのアクセスが連動しています。スタンプのデザインは、MediChannelのロゴマークであるテレビをモチーフとした、幅広い層に親しみやすいゆるキャラを採用しています。

アストラゼネカのコマーシャル・エクセレンス&インフォメーション統括部長であるフローレン・エドワーは、「LINE公式アカウント開設から1年が経つ中で、医療現場からスタンプ提供の要望する声が多く届きました。また、当社のLINEアカウント利用者の33.4%※2が、企業アカウント登録の動機はスタンプの利用と回答しています。トークで使えるLINEスタンプの提供によって、より多くの医療関係者の皆様にMediChannelを知っていただき、有益な情報をお届けしていきたいです」と述べています。

アストラゼネカは、「サイエンスのリーダーシップ」の実現を経営戦略の一つに掲げています。そのために、患者さんの治療に有益な情報を、オンラインやデジタルツール、MRやMSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)など、さまざまな方法・媒体を介して医療関係者に提供するマルチチャネル化の発展に尽力し、情報サービスの最適化かつ価値の最大化を図っています。

なお、スタンプの利用は、MediChannelへの会員登録後、友だち登録とMediChannel登録データの連携許諾の承認手続きが必須です。
以上
*****
※1 LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能になります。 LINE株式会社では、LINE アカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。
※2 MediChannel登録会員向け自社アンケート結果より
MediChannelについて (http://med.astrazeneca.co.jp
アストラゼネカが日本で運営する医師、薬剤師、看護師向け会員制サイトで、現在約14万人(2017年3月1日現在)が登録しています。疾患領域ごとに、添付文書やインタビューフォームなどの製品情報に加え、Q&A形式で製品に関するよくある質問を紹介したり、同じ疾患・領域に興味を持っている他の医療関係者が見ているページや過去に見たページからおすすめ情報を提供するなどの機能が充実しています。日常の診療に役立つ情報から国内外の最新文献まで、医療関係者を総合的にサポートしています。

アストラゼネカのLINE公式アカウントについて
アストラゼネカの医療関係者向け会員制サイトMediChannelの登録会員への情報配信の向上を目指し、2015年12月より提供開始したサービスです。登録会員はLINE上で新着コンテンツ情報、医療関係者向けセミナーやイベントの開催情報、製品に関する新着Q&Aなどのお知らせやニュースを、自身のモバイル機器でよりシンプルに、より簡単に、自分の興味や関心に合わせて受け取ることができるため、多忙な医療関係者の合間時間を活用した情報収集に適しています。


アストラゼネカ株式会社について
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主にオンコロジー、循環器・代謝疾患、および呼吸器の3つの重点領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。また、炎症、感染症およびニューロサイエンスの領域においても、他社との提携を通じて積極的に活動しています。当社は、100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細についてはhttp://www.astrazeneca.com または、ツイッター@AstraZeneca(英語のみ)をフォローしてご覧ください。
日本においては、主にオンコロジー、循環器・代謝疾患、呼吸器・自己免疫疾患を重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。当社についてはhttps://www.astrazeneca.co.jp/ をご覧ください。

お問い合わせ先 
アストラゼネカ株式会社
東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
コーポレートアフェアーズ統括部 池井
JPN.Ex.Comm@astrazeneca.com
Tel: 03-6268-2800 / 070-1369-2228


記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • パソコンでできることならスマホでも十分できる、...
  • トヨタ「MIRAI」に続く燃料電池車として提案する低...
  • 第2世代にスイッチしたボルボのミッドサイズSUV「X...
  • 日銀は16日、サイバー攻撃対策に関する金融機関へ...
  • 日産自動車の無資格者による完成検査の問題は、国...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.