企業動向 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 企業動向

NTTコム、JPXとSGXを接続するコネクティビティメニューを提供開始

2016年02月12日

報道関係者 各位
ニュースリリース


2016/02/08
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
代表取締役社長 有馬 彰


日本取引所(JPX)とシンガポール取引所(SGX)を
最小レベルの遅延で接続する
新たなコネクティビティメニューの提供を開始
~遅延値63.5msecを実現し、投資家による高頻度取引のアジリティを向上~


 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、株式会社日本取引所グループ(以下、JPX)の市場とシンガポール取引所(以下、SGX)の市場間を接続するコネクティビティサービスにおいて、業界最小レベルの遅延で接続する、「超低遅延メニュー」を、2016年2月8日より追加します。
 本メニューは、多くの金融機関が集積するJPXの「アクセスポイント3(以下、AP3)」(*1)設置センターとSGXデータセンターとを、業界最小レベル遅延の63.5msec(0.0635秒)(*2)で接続するコネクティビティメニューです。

 *1:JPX取引環境へ続用するためのネットワークである「arrownet」のPoP(アクセスポイント)の1つ。
 *2:1Gbpsのテスト回線において1000Base-LX、64バイトパケットで測定した場合の往復遅延値。遅延値は、お客さまのご利用環境によって変動する可能性があります。

 JPXおよびSGXで取引を行う投資家は、本「超低遅延メニュー」を利用することで、HFT(高頻度取引)などにおけるアジリティを向上させることができ、さらなる競争力強化を実現できます。


1. 背景
 近年、コンピュータープログラムを利用した高頻度のアルゴリズム取引が活発化し、各国の取引所間を超高速かつ安定して接続できるICTインフラのニーズが顕在化してきました。
 NTT Comはこのような状況を踏まえ、2015年4月より、JPXが提供するコロケーションサービス「JPXコロケーションサービス(all)」の利用者を対象に、JPX─SGX間を業界最低遅延で接続する「JPX-SGX Co-Location Direct」を提供しています。
 今回提供する「超低遅延メニュー」は、お客さまからのさらなる高速化ニーズに応え、「JPX-SGX Co-Location Direct」でも利用している日本─シンガポール間のコネクティビティサービスの遅延値を極限まで短縮したもので、「JPXコロケーションサービス(all)」を利用していないお客さまにも、同区間の超低遅延接続を提供します。


<サービス提供イメージ>

 ※添付の関連資料を参照


2. サービスの特長
(1)業界最小レベルの遅延値をさらに短縮、63.5msecのレイテンシを実現
 NTT Comは日本-シンガポール間を最短ルートで接続する海底ケーブル「Asia Submarine Cable Express」(以下、ASE)の提供事業者としてのノウハウを生かし、従来から同区間を業界最小レベル遅延の63.7msecで接続していました。
 これまでは、JPX環境のネットワークPoPであるAP3が収容されているデータセンターから、他ロケーションにあるNTT ComのPoPを経由してシンガポールに接続していました。
 このたび、AP3設置センター内にNTT ComのPoPを新設することで、ASEケーブル陸揚げ局からの最短ルートによる接続を実現し、遅延値のさらなる短縮に成功しました。
 また、これまでご契約の都度行っていたNTT Com PoPへの外部回線敷設が不要となり、構内配線での接続が可能になったため、ご利用までのリードタイム短縮も合わせて実現します(*3)。

 *3:シンガポール側は従来SGXコロケーションフロアにNTT Com POPを有しており、速やかなネットワークの構築が可能です。


(2)より広範なお客さまのニーズに対応
 従来JPXの運営するコロケーションサービスを利用しているお客さま向けの接続サービスとして「JPX-SGX Co-Location Direct」(*4)を提供してきましたが、本メニューは同サービスをご利用のお客さまに加え、「JPXコロケーションサービス(all)」以外に接続するお客さまにもお使いいただけます。

 *4:「JPXコロケーションサービス(all)」および「SGXコロケーション」間のダイレクトコネクティビティを一元的に提供するパッケージサービス。

 2016年に予定されている、JPXの運営するコロケーションサービスである「JPXコロケーションサービス(all)」および「JPXコロケーションサービス(OPEN)」の統合や、株式会社東京商品取引所(以下、TOCOM)のJPXインフラへの統合を踏まえて、コネクティビティの見直しを検討されているお客さまのニーズにも対応することができます。


3. お申し込み方法・利用料金
 NTT Com営業担当者にお問い合わせください。

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
URL:http://www.ntt.com/
〒1008019
東京都千代田区内幸町1丁目1番6号

                                以 上

記事提供:News-On

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 副業などの働き方に関しては経営陣の理解を得にく...
  • ディスコが実施した『全国主要企業に対する採用活...
  • 国産リンゴを100%使用したスパークリングワイン「...
  • ロームは7月12日、コンチネンタルAG 社が主催する2...
  • ユニクロや日本IBM、電通など週休3日制を導入する...

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.