PC – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > PC

セラミックツイータVSTを手がけるオーツェイド社、リケーブルモデルとユニバーサルモデルにグラフェンコートウーハーを用いた2製品を販売

オーツェイド株式会社

セラミックツイータVSTを手がけるオーツェイド社utf-8

オーツェイド株式会社(本社:群馬県高崎市、代表取締役:渡部 嘉之、以下 オーツェイド)は、好評を頂いているintime碧Lightとintime煌/轟シリーズに新たなラインナップとしてintime碧Light-Unique Bassとintime雅を加え、2021年12月より販売開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/287912/LL_img_287912_1.jpg
intime雅


画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/287912/LL_img_287912_3.jpg
intime碧Light-Unique Bass


【intime雅 開発の背景】
2017年に当社初のリケーブルイヤホンである「煌/轟」を発売以降、当社代表取締役・渡部 嘉之が35年以上従事してきたセラミックデバイス開発の経験をイヤホンに活かした積層型セラミックツイータVST(Vertical Support Tweeter)2は当社のイヤホン技術の基軸として多くのユーザーの方々からご好評をいただきました。すでにVST2はその低履歴特性の改善を進め、その進化はいよいよ第3世代へと移行し、より歪感の少ない当社ならではの中高域の音作りが全製品に定着しつつあります。
同ツイータを採用したラインナップとして先日「耀」を限定販売させて頂きましたが、昨今の音楽のトレンドにおいて低域~高域まで全域にわたり解像度が高く、かつ見通しの良い良質の中高音の音源再生へのニーズが高まっていることを受け、intime煌/轟をベースに以下の技術的項目を取り入れてintime雅を開発いたしました。


【intime雅 技術の特徴】
(1)真鍮筐体採用による奥深いサステインのある低音域の再生
管楽器などに多く用いられる真鍮はその美しい響きが特徴です。同素材をイヤホンに用いた場合、柔らかく暖かい音の響きを奏でてくれます。「雅」ではユニットを固定する筐体に無垢の真鍮材を用いて柔らかく奥深いサステインのある低音の再生を実現いたしました。
無垢の真鍮材は長年のご使用により徐々にその色合いがアンティーク調に変化いたします。ご愛用頂きながら益々愛着を感じることが出来ます。

(2)第3世代VST2を採用して歪感の無い高域と広いサウンドステージの実現
開発からすでに4年が経過した当社独自のセラミックツイータVST2も第3世代の開発に至りました。デュアルセラミックを採用してその音圧感度を維持したまま、セラミックの持つ履歴特性を最大限に抑え、例えば倍音豊かな歪感の少ないピアノ、サクソフォンの切れの良い音の跳躍の音色に第3世代VST2の良さを実感して頂けます。

(3)グラフェンコートウーハーによる澄んだボーカルの再生
当社製品の「煌」「耀」「碧2」で採用して実績のあるグラフェンコートウーハーを採用いたしました。グラフェン材料はノーベル物理学賞を受賞したことでも有名な材料で、音の伝搬速度が速く軽量で硬度が高いため振動板の偏振動を抑制できることが特徴のウーハーです。音質的には艶のある伸びやかな中高域が象徴的で、まるで耳元で歌ってくれているような生々しいボーカルや歯切れの良いストリングスの音の再生にグラフェンコートウーハーの特徴を感じて頂けます。

(4)HDSS*を採用し全域に渡り歪感の少ない音の再生
「碧2」から採用しているHDSSデバイスはウーハー背面の気室の音響特性を整然とまとめあげる吸音デバイスです。特にウーハーの振動板が持つ偏振動を抑制する効果があるため歪み感の少ない音作りに貢献します。第3世代VST2と相まってウーハー、ツイータの両方のユニットで透き通った音色をお楽しみ頂けます。

*HDSSは米国TBI Audio System LLCの特許技術です。

(5)日本の「匠」の成形技術を導入
射出成形では難しいと言われているべっ甲調の色を日本の成形職人の「匠」の技術により実現し、無垢の真鍮材との組み合わせにより「雅」の名に相応しいデザインに仕上げました。また成形時に抽出される樹脂の混合色は二つとして同じものがありません。ユーザーだけのオンリーワンの所有感を味わって頂けます。


【intime雅の主な仕様】
形式 :ハイレゾ対応カナル型イヤホン
ドライバー :ハイブリッド型
Φ10mmダイナミックスピーカ+VST2+HDSS(R)
音圧レベル :100dB/mW
再生周波数帯域:20Hz~50kHz
インピーダンス:22Ω
ケーブル :MMCX対応3.5mmステレオOFCケーブル(1.2m)
イヤピース :スピンフィット(S、M、L)
付属品 :本革製コードリール、イヤホンポーチ
発売時期 :12月17日
希望小売価格 :¥15,500(税込)


【intime碧Light-Unique Bass 開発の背景】
当社では2020年の3月に重低音再生用イヤホンとして「intime-X」という製品をモニター限定販売させて頂きました。本製品は弊社で開発してきた新しい樹脂材料を筐体に用いることで豊かな低域の再現に拘った製品です。今回販売させて頂く「intime碧Light-Unique Bass」は「intime-X」で用いた技術を基本に、より汎用性高く設計し直したモデルです。ウーハーの制震性を維持したままで中高域はVSTの持つ特性をふんだんに活かしていますので抜けの良さは弊社技術の特徴を踏襲しています。深い低音が出るのに抜けの良い音。それがこのイヤホンの特徴です。


【intime碧Light-Unique Bass 技術の特徴】
(1)重低音再生用に最適化した筐体材料
小型の筐体において重低音を出すための要件の一つにウーハーの偏振動の抑制が挙げられます。
当社では偏振動を抑制する手段の一つとして、ユニットを指示する筐体の制震性に拘りました。「intime-X」で培った技術をベースに樹脂筐体の材料選択に拘り、制震性に優れた特殊樹脂を射出成形いたしました。またステンレス筐体を用いることで既存の「intime碧Light」よりも低域再生よりも速度感のある低域再生を可能にしました。

(2)グラフェンコートの採用
ボーカル領域の再生が得意なグラフェンコートウーハーをメインユニットに用いました。ウーハーの低域再生能力をフルに発揮させるべく開発した筐体材料技術に相まって、グラフェンコートウーハーの持つ艶のある中高域特性は速度感のある低音に埋もれることの無い見通しの良い中高域を再生しています。

(3)第3世代VSTの採用
本製品においても低履歴特性を持つ第3世代VST(シングルセラミック)を用いました。決して耳に刺さることのない素直な高域特性は長時間試聴されても疲れを感じにくい高音特性に仕上がっています。


【intime碧Light-Unique Bassの主な仕様】
形式 :ハイレゾ対応カナル型イヤホン
ドライバー :ハイブリッド型
Φ10mmダイナミックスピーカ+VST
音圧レベル :102dB/mW
再生周波数帯域:15Hz ~ 40kHz
インピーダンス:22Ω
ケーブル :3.5mmステレオOFCケーブル(1.2m)
イヤピース :Acoustune AET07(S、M-、M、L)
発売時期 :12月10日
希望小売価格 :¥5,500(税込)


■会社概要
商号 : オーツェイド株式会社
代表者 : 代表取締役 渡部 嘉之
所在地 : 〒370-0861 群馬県高崎市八千代町1-2-4-2F
設立 : 2016年1月
事業内容: 圧電セラミックの技術コンサルタント、イヤホンの開発・販売
資本金 : 100万円
URL : http://www.o2aid.com/

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
オーツェイド株式会社
E-Mail: info@o2aid.com


詳細はこちら

セラミックツイータVSTを手がけるオーツェイド社utf-8セラミックツイータVSTを手がけるオーツェイド社utf-8セラミックツイータVSTを手がけるオーツェイド社utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.