ゲーム – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > ゲーム

GFA株式会社と株式会社DKアソシエイションが次世代型レーシングゲームアプリを共同開発

GFA株式会社

GFA株式会社と株式会社DKアソシエイションが次世utf-8

当社は、eスポーツ事業のゲーム開発第一弾として、プロドライバーの土屋圭市氏を監修に迎え、株式会社DKアソシエイション(東京都港区・代表取締役社長 新井幸夫(以下「DK社」という))と次世代型レーシングゲームアプリ『ドリフトレーシングゲーム』(仮)の共同開発に着手することを発表します。
本作品を通じて、日本全国のイベント会場で定期的なeスポーツの大会開催なども視野に入れ、立体的な事業展開を想定していきます。(海外展開も含む)


1、「ドリフトレーシングゲーム」とは
本作品は、実在する渋谷の街や車好きに人気の高い峠を舞台とした公道レースを繰り広げるレースゲームです。
画面をタッチする簡単な操作で、誰でも手軽に、豪快で爽快なドリフト走行を楽しむことができます。
実在する人気車種に様々なパーツをカスタマイズ、ドレスアップしていくことが可能で、自分好みの車を築きあげて、コレクションすることも可能です。
eスポーツ展開を視野に入れ、同時に接続しているプレイヤーとリアルタイム対戦を行うことも可能です。

100人で勝ち抜きのリーグ戦を行ったり、チームを構築して戦績を競い合ったり、シナリオをクリアしていくモードなども用意していきます。

また、GPS(位置情報)を活用して、特定の地域(店舗やレース会場など)に集まっているユーザー同士でトーナメントを開催することや、アイテムを入手できるイベントなども導入していきます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/216142/LL_img_216142_1.jpg
※ゲーム画面は全て開発中のものです((c)2020 GFA Inc. / DK Association Inc.)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/216142/LL_img_216142_2.jpg
※ゲーム画面は全て開発中のものです((c)2020 GFA Inc. / DK Association Inc.)

2、ゲームの特徴
(1)eスポーツに対応できる対戦機能を導入!!
従来の擬似的な対戦を主体とするレースゲームアプリに対し、本作品はインターネットを通じて、同時接続中のユーザー同士が通信対戦できる次世代型のレースゲームアプリとします。
(2)簡単な操作で遊びやすさを重視!!
操作性をシンプルにすることで、子供から大人まで幅広い層に遊んで頂き、イベントの参加など誰でも気軽に楽しむことができる作品とします。
(3)GPS(位置情報システム)機能を活用!!
GPS機能を使って特定の地域(店舗やレース会場など)にいる他のユーザーとの対戦を可能とします。特定の場所(ショールームやレース会場)に足を運ぶことでアイテムを得る機能なども導入します。
※自動車の販売店に行くと限定の車がプレゼントされるなど、プロモーション事業との連動も想定していきます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/216142/LL_img_216142_3.jpg
※ゲーム画面は全て開発中のものです((c)2020 GFA Inc. / DK Association Inc.)

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/216142/LL_img_216142_4.jpg
※ゲーム画面は全て開発中のものです((c)2020 GFA Inc. / DK Association Inc.)

3、土屋圭市氏プロフィール
長野県出身の元レーシングドライバー。
1977年の富士フレッシュマンレースでレースデビューを果たし、グループA、全日本F3選手権、全日本ツーリングカー選手権などで活躍。1994年に NSX に乗り、ル・マン 24 時間レースでクラス優勝を果たす。NSXでの全日本GT選手権参戦を最後に、2003年でレーシングドライバーを引退。
現在は日本最高峰自動車レースのSUPER GT で ARTA エグゼクティブアドバイザーを務め、多方面で幅広く活躍をしている。なお、ドリフト走行を多用するそのドライビングスタイルから「ドリキン」(ドリフトキングの略)とも呼ばれている。愛車はAE86、ホンダオデッセイモデューロ仕様など多数。モデューロ開発アドバイザーと言う顔も持つ。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/216142/LL_img_216142_9.jpg
土屋圭市氏

4、DKアソシエイションとは
当社の子会社であるGFA Capital株式会社を通じて、2017年12月15日に25%の株式を取得済みの関連会社であり、DK社は世界でも有名な土屋圭市氏が役員となり、事業協力する企業であり、2017年12月7日に設立されました。
カスタムカー、チューニングカーをはじめSUVやミニワゴン、外車等の買取、販売を行うほか、「eスポーツ」、「痛車」、「ドリフト」などのサブカルチャーについての日本から世界への発信を目的としたイベントの実施、更には土屋圭市氏が監修するオリジナルパーツや、限定車等の販売を行うことを主な事業としており、「若者の車離れ」を抑制するよう、自動車関連において多目的な視野での事業を展開しております。
昨年度の例として、DK社は、eスポーツ大会「ROOTS JAPAN CUP FINAL 2019」および「ROOTS TOYOPET SAMURAI X CUP 決勝戦」を 2019年12月7日に開催いたしました。DK社は、実車好きとゲーム好きの垣根をなくし、全ての車好きを対象としたeスポーツ大会の「ROOTS」を開催。
2019年も全国各地で大会を開催、1年の締めくくりとなる「ROOTS JAPAN CUP FINAL 2019」が新横浜プリンスホテルにて開催されました。
昨年のFINAL優勝者、日光大会および新潟大会の優勝者、11月に開催された予選会の優勝者に、同日に開催された「ROOTS TOYOPET SAMURAI X CUP」の上位4名を加えた計8名によってナンバーワンの座が争われたほか、スペシャルゲストによるエキシビジョンレースも開催されました。


■ROOTS について
リアルとバーチャルの垣根をなくし、車を愛する全ての人へ贈る「モーターイベント」です。
土屋圭市氏をスペシャルアンバサダーに迎え、2018年6月よりイベント開催本格始動!!
同日同場所にて、e-sportsイベントとリアルレースイベントを開催するなど、業界全体の活性化にも注力しております。直近では、賞金e-sportsイベント「ROOTS TOYOPET SAMURAI X CUP / ROOTS JAPAN CUP FINAL」を実地しております。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/216142/LL_img_216142_5.jpg
・ROOTS JAPAN CUP FINAL 2019 イベントの模様

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/216142/LL_img_216142_6.jpg
・ROOTS JAPAN CUP FINAL 2019 イベントの模様

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/216142/LL_img_216142_7.jpg
・ROOTS JAPAN CUP FINAL 2019 イベントの模様

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/216142/LL_img_216142_8.jpg
・ROOTS JAPAN CUP FINAL 2019 イベントの模様

ROOTS公式サイトURL
https://rootsesports.com/

DKアソシエイション公式サイトURL
https://dkassociation.com/

当日のイベントの動画は下記をご覧ください。
https://youtu.be/XsaZc8ik-sI


■会社概要
商号 : GFA株式会社
所在地 : 〒107-0062 東京都港区南青山二丁目2番15号 ウィン青山BIZ+
代表取締役 : 片田朋希
資本金 : 11億8,339万円(2020年2月末日現在)
JASDAQコード番号: 8783


詳細はこちら

GFA株式会社と株式会社DKアソシエイションが次世utf-8GFA株式会社と株式会社DKアソシエイションが次世utf-8GFA株式会社と株式会社DKアソシエイションが次世utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.