インターネット – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > インターネット

楽天、「RapidAPI」を提供する米国R Software社と 独占的戦略パートナー契約を締結

楽天コミュニケーションズ株式会社

- 世界最大規模のAPIマーケットプレイスをアジア地域で共同提供 -

楽天株式会社(本社: 東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長: 三木谷 浩史、以下「楽天」)は、米国でAPI(注1)マーケットプレイス「RapidAPI」を提供するR Software, Inc.社
(本社:米国カリフォルニア州、創業者兼最高経営責任者:イド・ジノ、以下「R Software」)と、共同でAPIマーケットプレイス「Rakuten RapidAPI」を提供する独占的な戦略パートナー契約を締結しましたのでお知らせします。

本契約に基づき、楽天とR Softwareは本日より、両社の強みを生かし、アジア地域(注2)に向けた新たなAPIマーケットプレイス「Rakuten RapidAPI」の提供を開始します。なお、楽天とR Softwareは同マーケットプレイスの提供において、楽天グループの通信会社である楽天コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:平井 康文、以下「楽天コミュニケーションズ」)と協働します。楽天はこれまでに培ってきたマーケットプレイス事業における知見・ノウハウの提供や技術サポート、楽天コミュニケーションズは事業運営やマーケティング活動の推進、R Softwareはシステム提供を主に担います。

「RapidAPI」は、8,000以上の豊富なラインナップのAPIを提供する世界最大規模のマーケットプレイスで、世界で50万人以上の開発者に利用されています。近年、様々な企業・団体・公的機関が、それぞれ保有するサービス機能のAPI を外部に公開してお互いに利用できるようにすることで、新しいサービス開発やビジネスが生み出されるエコシステムである「APIエコノミー」の市場が世界的に急成長しています。日本においても、2018年6月1日から施行された改正銀行法により、APIを外部事業者に開放する努力義務が金融機関に課されるなど、フィンテック業界をはじめ、国内でも「APIエコノミー」は広がりを見せています。このたび提供を開始する「Rakuten RapidAPI」は、日本語での利用を可能にするなど、日本のユーザー向けに利便性を高めたものとなっています。

開発者は、「Rakuten RapidAPI」を利用することで、ニーズにあったAPIを、より迅速に、簡単に購入できます。また、APIを提供するプロバイダーは、自社の提供するAPIの販売スキームを効率的に確立できるため、販売に要する時間やコストを大幅に削減できるほか、自社APIを世界の開発者へ届けることができます。楽天、楽天コミュニケーションズ、R Softwareは今後、日本以外のアジア地域に向けても本マーケットプレイスを最適化していき、APIプロバイダーと開発者による利用促進を図っていきます。

 楽天の副社長執行役員であり、楽天コミュニケーションズの代表取締役会長兼社長である平井 康文は、次の通り述べています。「イノベーションと起業家精神を通じた価値の創出によって社会に貢献するという強い想いが、楽天のあらゆる事業の核心にあります。我々は、わずか数年間で急速に功績を挙げているRapidAPIに非常に感銘を受けています。『Rakuten RapidAPI』の提供を通じて、アジア地域全体で活気ある技術イノベーション文化の醸成に重要な役割を果たすことができると信じています」

 R Softwareの創業者兼最高経営責任者のイド・ジノは次のように語っています。「APIによって、世界中の開発者は革新的なアプリケーションをより速く構築できるようになりましたが、これまで日本の開発者は言葉や文化の壁により後れをとってきました。しかし、日本向けに最適化したAPI資料とプラットフォームを構築すれば、この問題を解決できます」

3社は、「Rakuten RapidAPI」の提供を通じて、「APIエコノミー」の拡大を促進し、より多くのイノベーションが生まれる社会の実現を推進してまいります。

(注1)Application Programing Interfaceの略。オペレーティングシステムやアプリケーションが、他のアプリケーションに対し、機能の一部を利用できるよう提供するインターフェース。
(注2)オーストラリアとニュージーランドも含みます。

「Rakuten RapidAPI」の特長
1.より速く、より便利に、よりリーズナブルに
開発者は、「Rakuten RapidAPI」を利用することで、8,000以上の豊富なラインナップから、ご自身のニーズにあったAPIを、より迅速に、簡単に購入できるようになります。また、APIを提供するプロバイダーは、自社の提供するAPIの販売スキームを効率的に確立できるようになるため、販売に要する時間やコストを大幅に削減できるようなります。

2.管理ダッシュボードでAPIの利用状況監視やドキュメント管理、請求までを一括管理
管理ダッシュボードを使用することで、APIの利用状況やマニュアルなどのドキュメント管理、請求までを一括で管理できるようになるため、従来と比較し、一連の管理作業にかかる時間を大幅に削減できます。これにより開発者は、本来目指すべき「価値の高い開発をすること」に集中できるようになります。

3.アジア全域でサービス拡大
多様な価値観と変化に富んだイノベーション環境において、世界中の開発者に向けたサービス提供を行うため、「Rakuten RapidAPI」は日本語および英語に対応しています。
(注3)今後も様々な国や地域でサービスを拡大していく予定です。
(注3)2018年7月11日時点では、日本語および英語に対応しています。


「Rakuten RapidAPI」のビジネスモデル

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/592/28005/300_124_201807111232435b457a5b125d2.png

■サービス概要
名称: 「Rakuten RapidAPI」
提供開始日: 2018年7月11日
内容: 開発者向けのAPIマーケットプレイス
サービスURL: https://api.rakuten.co.jp/
対応言語: 日本語・英語

【R Software, Inc.について】
「RapidAPI」は世界最大規模のAPIマーケットプレイスで、世界中の50万人以上の開発者に利用されています。開発者は「RapidAPI」を通じて、通信、位置データ、機械学習などあらゆる分野をカバーする8,000以上のAPIを探し、接続することができます。シスコ、ハイアット、Twillio(トゥイリオ)、ハーバード大学、アメリカ合衆国政府など多くの企業や機関が顧客となっています。
R Software, Inc.は2016年にイド・ジノによって設立され、ベンチャーキャピタルのアンドレーセン・ホロウィッツが主導する2度の資金調達ラウンド(Seed+A)において現在までに1,250万ドルの出資を受けています。本社はカリフォルニア州サンフランシスコ、研究開発オフィスはイスラエルのテルアビブにあります。

【楽天コミュニケーションズ株式会社について】
新ビジョン「The New Value Enabler towards our Digital Society 」のもと、従来からの固定系通信サービス(マイライン、IP電話、インターネット接続サービス)に加え、モバイル、クラウドサービスなど今後の「Everything over Digitalization」を見据えたソリューションを提供する楽天グループのICT事業の会社です。IP マーケットプレイス上での音声やデータ、コンテンツやアプリケーションなどの新たな可能性を創出すべく、さらなる事業拡大を目指します。詳細はhttps://comm.rakuten.co.jp/
をご覧ください。

【楽天について】
楽天は、日本発のインターネット・サービス企業で、Eコマースをはじめ、FinTech、デジタルコンテンツ、通信など、多岐にわたる分野で70以上のサービスを提供しています。これら様々なサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に有機的に結び付け、他にはない独自の「楽天エコシステム」を形成しています。1997年に創業し、「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」という企業理念のもと、現在では1万5千人以上の従業員を擁し、世界30カ国・地域において事業を展開するグループ企業となっています。詳しい情報は https://corp.rakuten.co.jp/
をご覧ください。

[リリースに関するお問い合わせ]
楽天株式会社 広報部
TEL:050-5817-1104 Email: pr@mail.rakuten.com
楽天コミュニケーションズ株式会社 経営企画部
Email: rcomm-pr@mail.rakuten.com
            
※本リリース中に記載の会社名、商品名、ロゴは、それぞれ所有する各社に帰属します。
※報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがあります。


記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • トヨタのTMFでは、インドのベンガルールにて、交通...
  • これまでになかった新しいビジネスモデルを開発、...
  • サントリーは一都三県に在住する20~69歳の成人男...
  • ギャンブル依存症への認知を広げ、患者の数を減ら...
  • 今季、フォーミュラE会場でレーシングタクシーとし...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.