ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

PwC Japanと東京大学、「AI経営寄付講座」を設立 ~ビジネスとテクノロジー双方の視点でAIを理解し、AIの社会実装を担う人材の育成を目指す~

PwC Japanグループ

2021年5月14日
PwC Japanグループ
国立大学法人東京大学



PwC Japanと東京大学、「AI経営寄付講座」を設立

ビジネスとテクノロジー双方の視点でAIを理解し、AIの社会実装を担う人材の育成を目指す




PwC Japanグループ(グループ代表: 木村 浩一郎)と国立大学法人東京大学(以下、東京大学)は、「AI経営寄付講座」を東京大学大学院工学系研究科(技術経営戦略学専攻)内に設置し、2021年6月1日から3年間の活動を開始します。

PwC Japanグループは、企業がAIを起点とするデータ活用を経営の中枢に取り入れる「AI経営」*を提唱しており、最終的には企業のあらゆる業務にAIを組み込み、企業の競争力向上を図ることを支援しています。東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻では「技術、経済・経営、社会にまたがる多様な視座に基づく教育、そして国際化の進む社会課題の解決も視野に入れた領域横断的研究」を目指しており、「社会的価値を創出する技術経営戦略学」の実現を使命としています。両者は、AIやデジタルの活用を通じて日本の競争優位性を高め、未来を創出する経営人材を育成することに合意し、本寄付講座の設立に至りました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、政府や企業においてデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の機運が高まっています。しかし日本では、DXを支えるエンジニアやデータサイエンティスト、情報工学系の学生が圧倒的に不足しているのが現状です。グローバルでは、テックジャイアントと呼ばれる世界的なテクノロジーカンパニーが市場を席巻しており、日本においてもAIとデジタルの力を理解し世界でも戦える経営人材の輩出が求められています。

このたび開講するAI経営寄付講座は、東京大学に在籍する学部生・大学院生、そして一般の社会人を対象にしています。2021年度は、まず学生向けの講座を2021年6月から12月に全14回実施し、社会人向けの講座は2021年10月の開講を予定しています。カリキュラムは講義とワークショップから成り、デジタルのコアテクノロジーであるAIの基礎と、企業および特定の業界におけるテクノロジー活用を実務的な情報も踏まえ理解できるものです。講師には、PwC Japanグループの専門家だけでなく、さまざまな業界でデータ活用を牽引する有識者にも参加いただいており、AIやデータ活用の基礎からビジネスでの具体的な活用例まで解説します。




講座の概要
名称AI経営寄付講座
設置期間 2021年6月1日から2024年5月31日までの3年間
担当教員   東京大学大学院工学系研究科/大学院経済学研究科教授
設置先 東京大学大学院工学系研究科(技術経営戦略学専攻)
寄附者 PwC Japanグループ


2021年度開設講座
開設期間
(学生向け)2021年6月~2021年12月
(社会人向け)2021年10月開講(予定)

会場
オンライン

受講対象
(学生向け)東京大学 学部生 大学院生(学年問わず)
(社会人向け)一般社会人より選考

講師
SOMPOホールディングス株式会社
株式会社ZOZOテクノロジーズ
パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社の有識者
PwCあらた有限責任監査法人
PwCコンサルティング合同会社
PwCアドバイザリー合同会社のコンサルタント

※PwC JapanグループのAI経営について
https://www.pwc.com/jp/ja/services/consulting/analytics/ai-transformation.html
※PwC Japanグループおよび東京大学によるAI経営寄付講座について
https://www.pwc.com/jp/ja/about-us/corporate-responsibility/our-stories/ai-transformation.html


以上





東京大学について https://www.u-tokyo.ac.jp
東京大学は、1877 年に日本で最初の国立大学として設立されました。日本を代表する大学として、人文学と社会科学と自然科学にわたる広範な学問分野において知の発展に努め、世界最高水準の研究と充実した教養教育とを基盤として、多様で質の高い専門教育を学部と大学院において展開し、世界的教育研究拠点の役割を果たしています。同時に、大学と社会とが連携して課題を発見・共有し、その解決を図るための科学技術の共創および本学における創造研究の成果の社会実装を通じて、社会へのイノベーションに繋がる様々な産学連携活動を積極的に推進しています。


PwCについて https://www.pwc.com
PwCは、社会における信頼を構築し、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界155カ国に及ぶグローバルネットワークに284,000人以上のスタッフを擁し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はhttps://www.pwc.com
をご覧ください。


PwC Japanグループについて https://www.pwc.com/jp
PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。
複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。


(c) 2021 PwC. All rights reserved.
PwC refers to the PwC network member firms and/or their specified subsidiaries in Japan, and may sometimes refer to the PwC network. Each of such firms and subsidiaries is a separate legal entity. Please see https://www.pwc.com/structure
for further details.


記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.