経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

日産、国内ディーラーでリーフの利用者を対象に家庭用電力の代理販売を開始

2019年06月20日

WLTCモードで458㎞の航続可能距離を実現、高速走行...

 日産自動車は、同社の一部国内販売会社店舗において、電気自動車(EV)「日産リーフ」を購入のユーザーを対象に、本年度後半より家庭用電力の代理販売を開始すると発表した。サービスの開始にあたり、まずはエネクスライフサービス(伊藤忠エネクスグループ)、出光興産(出光昭和シェル)、Looop(ループ)の3社の小売電気事業者との協業を行なう。

 日産リーフは世界初の量産型電気自動車(EV)として2010年に発売した。そして、2017年秋に運転支援技術を搭載した「日産リーフ」の2代目モデルを発売した。2018年4月には、国内累計販売台数が10万台を突破。今年1月に、62kWhの大容量バッテリーの搭載によりWLTCモードで458㎞の航続可能距離を実現するとともに、高速走行時の加速性能を向上させた「日産リーフe+」をラインアップに加えた。

 また、日産リーフは、EVの特徴である力強い発進加速、走りの滑らかさや静粛性などクルマとしての機能に加え、動く蓄電池としての機能も備えている。EVユーザーは、車両に充電した電力を停電時や緊急時のバックアップ電源として使用することが可能な訳だ。

 日産は、EVユーザーの自宅における充電の利便性を高めるため、より安価な充電が可能となる電気料金プランの提供を目指して各小売電気事業者との交渉を行なってきた。伊藤忠エネクスグループのエネクスライフサービスとは、2年前から大阪の日産販売会社において、家庭用電力の販売を行なっている。

 また、出光昭和シェルでは、ガソリン車ユーザー向けの特典に加え、今年度4月より新たにEVユーザー向けの電気料金プランの提供を開始している。更に、Looopとは、昨年度よりEVユーザー向けの基本料金0円の電気料金プランの提供に向けて実証実験を行なってきた。今回発表した電力の代理販売では、これまで各社と連携しながら蓄積したノウハウを活用し、各販売会社に随時展開することで、EVユーザーにより快適なカーライフの提案をする施策の一環だ。

 日産は、これまで同様にゼロ・エミッション社会の実現のためEVの普及に取り組むと共に、「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」の推進により、最先端の技術でクルマと人々の体験を進化させていくとしている。(編集担当:吉田恒)

トヨタ、プリウスPHVをマイチェン、“V2H機能”を搭載してスマートハウス対応

ロームが半導体事業の一部をパナソニックから譲受。グローバルシェアをさらに拡大

国民の原発問題への関心継続こそ原発抑制力に

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.