経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

夏ボーナス支給、中小の8割。景況感は戦争・原価高騰で2極化

2022年06月28日

エン・ジャパンが「2022年の夏季賞与についてアン...

コロナ禍、春から経済活動の規制が大幅に緩和され、ほとんど業種で業績の改善傾向が見られ、今夏のボーナス支給の状況は概ね良好のようだ。一方で、世界的な経済活動の再開によって需給ミスマッチが生じエネルギー価格や穀物価格の高騰を中心に原価高騰が起こっている。これに加え日本国内では再び人手不足が深刻化し、人材の確保を目的とした人件費高騰が生じ、さらにウクライナ侵攻以降の急速な円安で輸入原価の上昇傾向が生じている中、十分な価格転嫁ができず、利益を圧迫されている企業が多数派を占めている。にもかかわらず、人手不足を背景に、従業員の引き留めやモチベーションの向上を目的として、中小企業も今夏のボーナス支給には積極的なようだ。

 6月上旬、エン・ジャパンが自社の運営するプラットフォーム「人事のミカタ」上で企業の人事担当者を対象(有効回答:365社)に「2022年の夏季賞与についてアンケート調査」を実施、その結果を15日に公表している。「今夏の賞与の支給予定」について尋ねた結果では、77%の中小企業が「支給予定」と回答、昨年21年の同調査80%と僅かに低下したが同水準の結果だ。業種別に見ると、「メーカー」が89%と最も多く、「商社」が82%、「不動産・建設関係」82%、「流通・小売」76%と続いている。円安効果でむしろ利益を受けた業種ほど上位に来ている印象もある。最下位は「広告・出版・マスコミ関連」の54%で業態改善が求められている業種が目立っている。

 「景気回復を感じるか」という問いに対しては、「感じる」と回答した企業は31%、「感じない」との回答は35%で、それぞれ3社に1社程度となっており「景況感」は2極化しているようだ。昨年との支給額の比較では、27%が「増額予定」、「代わらない」56%、「減額」12%と回答しており、必ずしも成長の方向への力強い動きは見られない。「増額予定」の理由を聞いた結果では「社員の意欲向上」が56%、「業績が好調」55%となっており、コロナ明けの業績回復の中、人材を引き留めようとする企業の意図も垣間見られる。

 景況感を感じない企業の自由回答欄を見ると、「原材料価格の上昇により利益幅の減少が見込まれる」(メーカー)、「急激な円安とガソリン高によるコストの増大」(卸売業)など原価高騰の影響をあげる企業が目立っており、景気回復も原価高で利益が圧迫され賞与支給も積極的になれない企業も少なくないようだ。(編集担当:久保田雄城)

冬のボーナスがカギを握る!? 回復の兆しが見え始めた国内経済

アフターコロナに向けて再加速。アジアの拠点を目指す福岡市のまちづくりとは?

音喜多参院議員、ボーナス明細書投稿314万円

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.