経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

インボイス、半数超の企業が「免税事業者と取引行う」。4割は対応未定

2022年12月02日

帝国データバンクがインボイス制度に関する企業の...

 2023年10月1日から消費税の仕入税額控除の方式として「インボイス制度(適格請求書等保存方式)」が採用される。インボイス制度で仕入税額控除を適用するには適格請求書が必要となり、適格請求書発行事業者は課税事業者のみのため、年間売上高が1000万円未満で免税業者であった零細事業者への不利益が懸念されている。適格請求書発行事業者の登録は任意であるが、免税業者のままでいた場合、取引の停止や納入価格の引き下げを要求されるケースも危惧される。帝国データバンクの調査では半数超えの企業が業務上の都合などを理由に免税業者との取引を行うとしている一方で、4割の企業が対応を決めかねている状態のようだ。

 11月21日、帝国データバンクが「インボイス制度に関する企業の意識調査」(調査期間:10月下旬、有効回答:1万1632社)の結果レポートを公表している。これによれば、「取引先の登録状況について把握しているか」と聞いた結果では、「確認済み」との回答は3.8%にとどまっているが、「現在、確認中」が25.4%、「制度開始までに確認予定」45.8%となっており、7割超の企業が制度開始までには確認する意向のようだ。確認作業の遅れについては「免税事業者の多くは個人事業主が多く、対応を決めかねている方が多いため、自社として早くからの準備は不可能」(各種商品小売)といった事情もあるようだ。また、「特に確認しない」とする企業も14.5%存在する。

 制度開始後の免税事業者との取引については、「取引しない」との回答は7.5%にとどまった。「経過措置期間は取引する」は24.9%、「経過措置期間にかかわらず取引する」 26.2%となっており、少なくとも経過措置期間においては51.1%と半数超の企業が取引を行うと回答している。自由記述を見ると「中小企業としては、免税事業者と取引しないと業務に支障をきたすため取引せざるを得ない」(金属容器等製造)との声も聞かれる。また、「分からない」との回答も41.5%と多く、現時点では免税事業者との取引に関して対応を決めかねている企業も多いようだ。企業からは「一人親方や個人経営の協力会社は重要な戦力であり、今後取引をやめるわけにもいかず、現在検討中である」(舗装工事)という声も聞かれる。

 レポートは「制度開始まで1年を切ったなか、引き続き政府には広く情報が行き渡るよう、丁寧でわかりやすい情報発信が求められている」と指摘している。(編集担当:久保田雄城)

インボイス、登録進まず。個人事業は15%のみ。負担増への反発も背景

免税制度、現状のまま継続を要望 日本俳優連合

防衛費「恒久的財源」から法人税は対象除外か

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2023 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.