自動車 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 自動車

~ 今年は“戦国”がテーマ!びわ湖を縦走する冬季限定観光船 ~雪見船クルーズを運航します

琵琶湖汽船株式会社

~ 今年は“戦国”がテーマ!びわ湖を縦走する冬季utf-8

琵琶湖汽船株式会社(本社:滋賀県大津市浜大津、社長:川戸 良幸)とびわ湖雪見船協議会は、びわ湖を南北に縦走する冬季限定の企画クルーズ「雪見船クルーズ」を2020年1月10日(金)より運航開始します。
大津港を10時に出港する雪見船クルーズは、途中、冠雪した比良山系の雄大な景色や湖面をはばたく水鳥の様子など、びわ湖の美しい冬景色をご覧いただきながら、12時20分に長浜港へ。片道約2時間20分の船旅をお楽しみいただけます。到着港である長浜港からは、歴史と規模で日本一とも言われる「長浜盆梅展」や長浜城歴史博物館へ徒歩で向かうことができます。
そして、復路便は長浜港を14時に出港し16時50分頃に大津港へ到着。往路・復路ともにご予約がある場合、におの浜観光港とおごと温泉港へも寄港しますので、クルーズ前後の周辺観光やご宿泊地に便利な港をご利用いただけます。
2020年1月から放送される大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台・滋賀。県内では、2020年12月までの間、「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」と題した観光キャンペーンがあり、様々な戦国関連の観光イベントが各地で予定されています。
冬のびわ湖を縦走できる唯一のコースとして、毎年ご好評をいただいている雪見船クルーズにおいても、びわ湖観光をさらに盛り上げるべく、観光ガイドによる歴史話や「戦国MAP」「AR戦国フォトフレーム」のプレゼントなど、本年度は“戦国”をテーマにした演出でお客様をもてなします。
雪見船クルーズを通じて、びわ湖上で繰り広げられた武将達の壮大な野望と覇権争いに戦国ロマンを感じてみてはいかがでしょうか。
雪見船クルーズの詳細は次のとおりです。

1.「雪見船クルーズ」概要
・企画名 びわ湖縦走戦国絵巻 雪見船クルーズ
・企画実施 びわ湖雪見船協議会、琵琶湖汽船株式会社
・協 力 びわ湖大津志賀観光振興協議会、(公社) 長浜観光協会
・期 間 2020年1月10日(金)~2020年3月6日(金)
※1月は、土・日・月及び20名以上の団体予約がある場合に運航
※2月は、毎日運航(2/23は運休)。但し、最少催行人員15名(土・日・祝・月除く)
・就航船(予定)
高速船「いんたーらーけん」旅客定員170名
高速船「メグミ」 旅客定員200名

・行 程
【往路】
(9:45)におの浜観光港

10:00 大津港出港

(10:30)おごと温泉港

12:20 長浜港着船

【復路】
14:00 長浜港出港

(16:10)おごと温泉港

(16:35) におの浜観光港

16:50 大津港着船

・料 金
【片道】大人3,100円 小人1,600円(税込)
※別途、お弁当手配も承ります(1,500円)
【往復】大人5,000円 小人2,500円(税込)
・ご予約お問い合せ
琵琶湖汽船株式会社 予約センター TEL 077-524-5000(9:00-17:00)
・アクセス
大津港: 京阪電車「びわ湖浜大津」駅より徒歩約3分
JR琵琶湖線「大津」駅より徒歩約15分
長浜港:JR北陸線「長浜」駅より徒歩約10分
・備 考
※天候、気象状況により運航内容に変更が生じる場合がございます。
※都合により、いんたーらーけん・メグミ以外の船が就航する場合があります。
※船内は全て禁煙です。

2.「雪見船クルーズ」おすすめポイント
びわ湖の美しい冬景色を満喫!
標高1000m級の山々が南北12kmに連なる比良山系や伊吹山、湖面はばたく水鳥など、心癒される美しい景色に出会うことができます。また、浮御堂や沖の白石、白鬚神社などの名所地も航路上でご覧いただけます。
※気象状況により航路変更する場合があります

地元在住の観光ガイドが船窓から見える景色や戦国近江の歴史をご紹介!
楽しい語り口調でファンも多い今森洋輔さんが今年も添乗します。船窓から見える景色のほか、戦国時代の近江にまつわる歴史話など、びわ湖の船旅がさらに思い出深いものになります。

今森洋輔さんプロフィール
1962年滋賀県大津市に生まれる。滋賀県高島市マキノ町在住の画家、イラストレーター。幼少よりびわ湖とその周辺に広がる里山で遊び育つ。1987年よりフリーランスとして独立。細密画のジャンルで定評を得る。最近はネイチャー・イラストレーションに専念。兄は写真家の今森光彦氏。

ご乗船のお客様に「戦国MAP」をプレゼント!
びわ湖周辺に点在する戦国武将ゆかりの地を地図上にまとめた「戦国MAP」をプレゼントします。当時の武将と同じ視点に立ち、船上から見える景色に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

ご乗船のお客様に「AR戦国フォトフレーム」をプレゼント!
雪見船クルーズの船内に設置される所定のポスターにスマホをかざすと、お城や船などの戦国アイテムがARで出現します。出現アイテムを山頂やびわ湖に浮かべて、自分だけの戦国写真を撮ってみませんか。
※機種により対応しない場合があります
※画像は全てイメージです

以 上


詳細はこちら

~ 今年は“戦国”がテーマ!びわ湖を縦走する冬季utf-8~ 今年は“戦国”がテーマ!びわ湖を縦走する冬季utf-8~ 今年は“戦国”がテーマ!びわ湖を縦走する冬季utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.