その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 音楽 映画
とれまが >  ニュース  > エンタメニュース  > その他

エネロがヘザー・カーナハンをホットワイヤのグローバル最高経営責任者に任命したと発表

2021年06月11日

サンフランシスコ

(ビジネスワイヤ) -- エネロ・グループ(ASX:EGG)は本日、ヘザー・カーナハンを、グループの主要な世界的テクノロジー・コミュニケーション・コンサルティング会社であるホットワイヤのグローバル最高経営責任者に任命したと発表しました。2021年7月1日付けのこの任命により、カーナハンはエネロ・グループのブレント・スクリムショー最高経営責任者(CEO)に直属することになります。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210610005762/ja/

過去5年間にわたりホットワイヤを首尾よく率いてきたバーバラ・ベイツは、エネロに新しく設けられた上級顧問の役割に就きます。ベイツは、エネロ・グループの北米でのM&A活動の促進をサポートし、引き続きブレント・スクリムショーに直属します。

ブレント・スクリムショーは、次のように述べています。「ホットワイヤを今日のような成功したグローバルなテクノロジー・コミュニケーション・コンサルティング会社にしてきたベイツのリーダーシップと意欲に感謝したいと思います。ベイツはグローバル・コミュニケーション業界で30年近くにわたって、革新的で尊敬され、変革をもたらすリーダーであり続けています。ベイツが当グループにとどまることをうれしく思います。」

「この異動により、ヘザー・カーナハンにはホットワイヤの次の成長段階を率いるための素晴らしい機会がもたらされます。カーナハンはホットワイヤUSAで急速に成長する事業の課題と機会に取り組む上で、驚くべきリーダーシップを発揮してきました。カーナハンは、スキルと経験、そして成長への意欲を持っており、この任命は、ホットワイヤの経営陣の人材層の厚みを示しています。カーナハンが事業の勢いを引き続き推進し、ホットワイヤをさらなる高みへと引き上げると確信しています。」

ヘザー・カーナハンは、自身の任命について次のように述べています。「テクノロジー以上に刺激的な業界はありません。成長を続けるホットワイヤ・チームを率いることに胸を高鳴らせています。私たちは、大手多国籍代理店に代わるものを探している、急速に成長する世界的なテクノロジーのクライアントにさらなる価値をもたらすための野心的な計画を持っています。ベイツは、世界最大のテクノロジー企業が探し求める文化、チーム、事業を率いてきました。この組織を今後率いていくことを光栄に思います。20年が経った今、私たちはまだスタートを切ったばかりのように感じています。」

バーバラ・ベイツは、次のように述べています。「ホットワイヤにいる間、非常に多くの素晴らしい人々と仕事をするという特権に恵まれました。私たちが共に創り上げたものを、非常に誇りに思っています。ホットワイヤはすでに世界で最も高く評価されたテクノロジー・コミュニケーション企業の1つであり、カーナハンのリーダーシップの下で、さらなる成長を遂げるためにかつてないほどの好位置にあります。エネロ・グループとのつながりを維持できることをうれしく思い、グループの力強い勢いと野心を今後も発展させていくことを楽しみにしています。」

ヘザー・カーナハンは、イーストウィック・コミュニケーションズから、2016年のエネロ・グループによる同社の買収を経て、ホットワイヤ北米・オーストラリアのプレジデントとしてホットワイヤに入社しました。2019年には北米のホットワイヤ最高経営責任者(CEO)に任命されました。カーナハンのリーダーシップの下で、ホットワイヤは記録的な成長を遂げてきました。20年を超える業界での経験を持つカーナハンは、Autodesk、Enphase Energy、Aliasなどの急成長を遂げるグローバルなテクノロジー組織で、マーケティングと経営の上級幹部の役割に就いてきました。カーナハンのリーダーシップの下で、ホットワイヤはAdobe、Facebook、McAfee、Commvault、NetApp、Pinterestなどのテクノロジー企業とのパートナーシップを築いています。グローバルなテクノロジー専門家およびビジネスリーダーとして、カーナハンは2020年にSF Business Timesの最も影響力のある女性100人に選ばれ、PRカウンシルの理事長を務めています。カーナハンは、カリフォルニア・ドミニカン大学でサステナブル・エンタープライズのMBAを取得しました。

この発表は、先月ロンドンで行われたマクドナルド・バトラー・アソシエイツの買収の成功に続き、ホットワイヤがチームの拡大を継続すると同時に目覚ましい事業業績を上げる中で行われています。過去1年間、ホットワイヤはその20年にわたる業界のリーダーシップを継続し、PRovoke Mediaにより2020年グローバル・テクノロジー企業オブ・ザ・イヤーに選ばれ、2年連続でPRWeekのPR業界で最も働きがいのある会社に選ばれるとともに、最近ではSunday Timesによる英国で最も働きがいのある企業の1社に選ばれました。現在のクライアントには、Accenture、Adobe、AWS、Citrix、Dell Technologies、Deloitte、Delphix、DXC Technology、eBay、GoPro、Honeywell、IBM、McAfee、Pegasystems、PWCが含まれています。

エネロについて:

オーストラリアのシドニーに本社を構えるエネロ・グループは、マーケティングとコミュニケーションの専門企業ネットワークであり、ASX(オーストラリア証券取引所)に上場しています。当グループには、クリエイティブ代理店のBMF、PR・統合型コミュニケーション代理店のホットワイヤとCPR、戦略的データ・コンサルティング会社のザ・リーディング・エッジとザ・デジタル・エッジ、デジタル代理店のオーチャード、プログラマティック・マーケティング専門会社のOBMediaが含まれます。www.enero.com

ホットワイヤについて

ホットワイヤは、グローバルなテクノロジー・コミュニケーション・コンサルティング会社です。2000年に設立され、完全所有のオフィスとパートナーの世界的ネットワークを運営し、スケールアップ企業から確立された多国籍企業まで、幅広いクライアントにサービスを提供しています。当社は、好奇心を刺激し、行動を引き起こし、成功を促す統合されたコミュニケーションを通じて、革新的なテクノロジーの可能性を解き放ちます。それを行う上で、当社は堅固な洞察と戦略、目的を持った創造性、統合された計画、測定と評価の重視に支えられた独自の手法を活用しています。www.hotwireglobal.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Media:
Lu Borges
Group Communications Director
d. +61 2 8985 7210
m. +61 422 755 492
lu.borges@enero.com

Kelsey Quickstad
Hotwire
Kelsey.quickstad@hotwireglobal.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.