イベント – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > イベント

今年は樽生ヌーボーのオンライン・ワイン量り売りでボジョレ解禁のお祝いを!

2020年09月16日

今年は樽生ヌーボーのオンライン・ワイン量り売りでボ

「樽生ワイン直売所」でオンライン量り売りの受付開始
「株式会社ドラフトワイン・システム」の運営する「樽生ヌーボー」は、2003年に阪急うめだ本店、宝塚阪急で販売を開始して以来、毎日行列の絶えない盛況ぶり。

日頃ボジョレは苦手という方の好意的な感想も多く受け、今回は史上初のオンラインでのワインの量り売りを、9月11日(金)から実施した。すると11月19日のボジョレ・ヌーボー解禁日には、新鮮なボジョレ/マコンが届けられる。

素材×製法×鮮度、全てにこだわった「樽生」の魅力
「樽生ヌーボー」のワインの美味しさの秘密は、ドラフトワイン・システムによる、特殊なステンレス製樽で光・空気に触れず飲み頃をキープし、現地のワイナリーから鮮度をそのまま保った状態で日本へ輸入していることにあると言う。

さらに「樽生ヌーボー」は、一般的なボジョレ・ヌーボーよりワンランク上の「ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボー」。法律により定められた特定の畑で栽培されるぶどうを使用したもののみが「ヴィラージュ」を名乗ることが出来る。

「トロフェリヨン」と言うボジョレ唯一の公式品評会においては、最高金賞の常連ワイナリーとあり、ヌーボー(新酒)のフレッシュ感を持ちながらも「奥行きと深みのある味わい」のボジョレ・ヌーボーが味わえることも人気の秘密なのだとか。

ワイン好きにはたまらない、魅力がぎっしり濃縮されたかのような「樽生ヌーボー」。ボジョレ/マコン共に500mlサイズが税込1980円からとなっている。詳しくは公式ウェブサイトを確認してみて。


(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

樽生ヌーボー2020予約サイト
https://www.draftwine.co.jp/

記事提供:大人の社会見学ニュース

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.