ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

欧州議会議長が人道救援活動でアラブ首長国連邦との協力強化を呼びかけ

2019年01月12日

ブリュッセル

(ビジネスワイヤ) -- 欧州議会のアントニオ・タイヤーニ議長は、首長国赤新月社の活動を通じた世界各国でのアラブ首長国連邦(UAE)の人道救援活動に深い感謝の意を表し、「素晴らしい活動」と称えました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。: https://www.businesswire.com/news/home/20190111005446/ja/

この発言は、2019年1月8日火曜日にベルギーのブリュッセルにある欧州議会で3日間にわたり開催された「安定のための人道支援」展の開会式のスピーチでのことです。この展示会は、アラブ首長国連邦の議会である連邦国民評議会(FNC)の協力を得て首長国赤新月社によって企画されました。

展示会の開会式には、FNC議長のアマル・アル・クバイシ閣下(博士)、首長国赤新月社国際援助担当副事務総長のファハド・アブデルラーマン・ビン・スルタン閣下、欧州議会の議員、各国大使が出席しました。

アントニオ・タイヤーニ閣下は、不法移民対策、不法移民問題に関する中東とアフリカとの協力拡大、共同でのテロリズム対策の強化、安全保障の強化を目指して、アラブ首長国連邦(UAE)と欧州の共同による行動を求めました。加えて、世界の安定を確保して開発の取り組みを促進することが、UAEとEUの共通の目標であると述べました。

アントニオ・タイヤーニ閣下は、難民危機は世界的な難問であり、それ故に人道支援は世界の国と人々に関わる共同の任務でなくてはならないと強調しました。

さらに、欧州人民党事務局長で欧州議会議員のアントニオ・ロペス・イストゥリス・ホワイト氏に向けて、戦争の破壊的影響の緩和に努めるEUの重要なパートナーの取り組みを紹介する新たな機会として展示会を企画した氏の行動に感謝を述べ、何千人もの移民が欧州に逃れてくる理由が戦争と自然災害であることも述べました。

アントニオ・タイヤーニ閣下は、次のように述べています。「この展示会は、前向きな希望のメッセージを伝えるものです。そうです、希望です。互いに助け合い、援助が必要な人に手を差し伸べることで、希望はより良い明日を築くための糧となるのです。」

閣下はスピーチの終わりに、ヨルダンにあるシリア難民のためのMrajeeb Al Fhoodキャンプのモデルや、首長国赤新月社が活動を行っている世界の地域を示すインタラクティブ・マップを含む展示を観て欲しいと、出席者に呼びかけました。また、世界各地の人道支援者が最前線で行っている難民援助のためのEUの人道支援の取り組みを強調し、この世界的な難問を解決するには難民たちの祖国の安定と安全を取り戻すことが必要だと訴えました。

ファハド・アブデルラーマン・ビン・スルタン閣下は、この展示に関して次のように述べました。「我が国が世界各地で行ってきた人道支援と開発援助の総額は、2013年から2017年の間で320億1000万米ドルに達し、イエメン国民1000万人を含めた世界の何百万もの人々に恩恵をもたらしてきました。」

「この展示会は、UAE国外ではこの種のもので初の試みです。我が国の高潔な価値観に基づいた、世界の人道支援体制を強化するUAEの国際的な人道支援、救援、開発援助の役割を紹介するために、欧州議会の呼びかけに応じて企画されました。」

ファハド・アブデルラーマン・ビン・スルタン閣下は、UAEの人道支援・開発援助活動は、シリア、イエメン、ソマリア、パレスチナ、アフガニスタン、イラクなど、社会情勢が不安定な地域の難民や立ち退きを強いられた市民のニーズを満たすことに重点を置いていると強調しました。また、UAEは国際的な尊敬と信頼を集めており、国内総生産(GDP)に対する人道支援・開発援助額の比率において、5年連続で世界第1位となっていると指摘しました。

さらに、UAEが提供する支援によって100カ国以上が恩恵を受けており、首長国赤新月社はイエメン、ソマリア、カザフスタン、インドネシア、パキスタン、アフガニスタン、ボスニア、アルバニアなど14カ国に事務所を置いていることを報告しました。

ファハド・アブデルラーマン・ビン・スルタン閣下が説明したUAEの人道支援額の内訳は以下の通りです:イエメン:49億2000万米ドル(2015年4月から2018年12月)、リビア:約1億7460万米ドル(2013年から2017年)、シリア市民:約9億6350万米ドル(2012年から2018年11月)、アルビール(イラク)市民:約6億4150万米ドル(2013年から2017年)、ソマリア:約2億3330万米ドル(2013年から2017年)、パレスチナ:4億8900万米ドル(2013年から2018年)、アフガニスタン:3億3330万米ドル(2013年から2017年)。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Federal National Council, United Arab Emirates:
Mohammed Al-Sawafi, +971506183874
m.alsawwafi@almajles.gov.ae
Twitter: @FNC_UAE

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.