ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

年代別に見る「起業」の希望と不安。freee、「起業」アンケート調査を実施

2019年09月13日

年代別に見る「起業」の希望と不安。freee、「起業」

起業への関心などについて年代ごとにまとめる
freee株式会社は、「起業」に関するアンケート調査を実施し、その結果概要を2019年9月11日に発表した。

同社は、クラウドサービス『人事労務freee』などを提供している企業。同調査は、20~69歳の有職者男女900人を対象として実施されたものであり、結果概要では起業への認識や関心などについて年代ごとにまとめている。

「自由に仕事がしたかった」
調査ではまず、「起業の関心度」について訊ねている。結果は、30代の42.4%が「既に起業している、もしくは起業に関心がある(あった)」と回答し、最も強い起業意向を示した。他の年代で「起業に関心がある」と回答した比率は、20代では39.5%、40代では37.4%、50歳以上のシニア層では28.7%となっている。

起業に関心を示す層には、「なぜ起業しようと思いましたか」とも質問。結果は、全年代において「自由に仕事がしたかった」という回答が46.0%で最多となった。次点には、「収入を増やしたかった」「趣味・特技を生かしたかった」といった回答が並んでいる。

年代ごとに違う「起業に対して感じる不安」
起業に関心を示す層には、「起業に対して不安に感じていること」も訊ねている。結果は、全年代において「自己資金の不足」という回答が52.3%で最多となった。年代別で見ると、20代では「起業の方法が分からない」といった回答が多く、40代やシニア層では収入減に対するリスクに回答が集中する結果となっている。

なお、「尊敬する起業家・実業家」を起業関心層に訊くと、20代は「孫正義」、30代は「堀江貴文」、40代とシニア層は「松下幸之助」が、それぞれトップとなっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

freee、起業に関するアンケート調査を実施 - freee株式会社
https://corp.freee.co.jp/news/freee-2019-9415.html

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.