ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

マインドテックが何百万人もの「合成アクター」の自動作成を実現してAIの多様性を向上

2022年05月12日

マインドテックの合成データプラットフォームのユーザーは、AI視覚システムの訓練用に何百万人もの自動化アクターを作成可能 本プラットフォームは、AIシステムのバイアスを減らし、精度を向上させる上で不可欠なデータ多様性の向上を実現

英シェフィールド

(ビジネスワイヤ)-- AI訓練用の合成データを作成する世界有数のプラットフォームを開発するマインドテック・グローバルは、カメレオン(Chameleon)プラットフォームの大幅なアップデートをリリースしました。このエンドツーエンドのプラットフォームで、何百万人もの個人「アクター」を自動作成して、これらを仮想世界に配置し、小売り、セキュリティー、スマートシティー、家庭などの幅広い市場に対応したAI視覚システムの訓練用に、合成データを作成できるようになりました。このニュースは370万ドルの投資ラウンドを最近発表したことに続くもので、この投資ラウンドはAIライフサイクル向けデータを手掛ける世界的リーダー企業で戦略的パートナーのアッペンが主導しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220510006029/ja/

マインドテックのカメレオン・プラットフォームを使用してAIシステムを訓練することで、開発者は実世界のデータに対する依存を減らすことができます。実世界のデータは往々にして不足しており、注釈付けに時間がかかり、絶えず変わるデータプライバシー規制を厳格に順守する必要があります。カメレオンの「ノーコード」の「セルフサービス」プラットフォームにより、AI開発者とデータ科学者は、コンピューターで生成されたシーンやシナリオを構築することで、高品質で正確に注釈付けされ、プライバシー規制に準拠した合成データの作成を迅速に自動化できます。マインドテック独自の行動主導型シミュレーションプラットフォームによって、関連データの迅速な作成が可能になり、視覚システムの訓練で「インテリジェントに作り出されたデータ」を用いたアプローチを推進できます

このプラットフォームの最新リリースでは、設定可能な「アクター」を導入しています。これは写真のようにリアルな自動化アバターで、既定のシーンやシナリオの中で行動したり、やり取りしたりでき、衣服、髪型、眼鏡、顔面被覆物、身長、体格、年齢、肌色など、ユーザーに幅広い多様性のオプションを提供します。この生成された合成データによって、AI視覚システムはさらなる多様性の認識、群衆の可視化、個人の行動の検出を、より正確に行うことができます

カメレオン・プラットフォームで利用可能なアクター設定を紹介するビデオをご覧ください:https://vimeo.com/showcase/mindtechchameleon221

マインドテックの製品管理担当バイスプレジデントのクリス・ロングスタッフは、次のように述べています。「カメレオンの新リリースは、AI訓練用データセットの多様性を高め、コーナーケースやバイアスにうまく対処するための充実したソリューションを確保したいというお客さまの需要から生まれました。年齢、人種、ファッション、地域特性など、必要な人間の統計的多様性を持つデータセットを素早く作成できることは、人間がお互いや周囲の世界と相互作用するための方法をよりよく理解できるバイアスフリーAIシステムを構築する上で不可欠です。」

カメレオン22.1は直ちにライセンス提供可能です。

マインドテックは5月11〜13日に開催されるNexTech Week AI・人工知能EXPO(東京)に出展します。ブースは7-18です。

マインドテック・グローバルwww.mindtech.global

マインドテック・グローバルは、AI視覚システムの訓練用に、世界をリードするエンド・ツー・エンドの「合成」データ作成プラットフォームを開発しています。当社のカメレオン・プラットフォームは、AI視覚システムの訓練方法を一変させるもので、小売、スマートホーム、医療、スマートシティーなど、さまざまな活用の中で、コンピューターが人間のやりとりを理解し、予測するために役立ちます。

マインドテックは英国を本拠とし、米国と極東で事業を展開しており、マーシアディープテック・ラボIn-Q-Telアッペンをはじめとする投資家が出資しています。

インタビュー、メディア向け画像、デモはご要望に応じて提供いたします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Cat Lenheim
cat@thoughtldr.com
+44 203 417 0717 / +44 7511 117587

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.