行政ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 行政ニュース

Esriが国連ハビタットと覚書を締結

2020年09月22日

合意により国連機関がロケーション・インテリジェンスを活用して世界で持続可能な地域社会を構築することが可能に

米カリフォルニア州レッドランズ

(ビジネスワイヤ) -- ロケーション・インテリジェンスの世界的リーダーのEsriは本日、国連ハビタットと覚書(MOU)を締結したと発表しました。この合意の下、国連ハビタットはEsriのソフトウエアを用いてクラウドベースの地理空間技術基盤を開発し、世界中の資源の十分でない地域において包摂的で安全かつ強靱で持続可能な都市や地域社会の構築を支援します。

ケニア・ナイロビに本部を置く国連ハビタットは、より良い都市の未来を目指して世界各地で活動しています。国連ハビタットのナレッジ・イノベーション部シニアエコノミストのマルコ・カミヤ氏は、次のように述べています。「より良い未来のための知識と革新の中心として、国連ハビタットは開発におけるテクノロジー利用の支援と普及に取り組んでいます。デジタル技術には、人々の役に立ち、生活環境や労働条件を改善できる力があります。Esriとのパートナーシップを通じて我々は、都市や地域社会に役立つ最先端技術を活用して持続可能な開発を支援するための新たな一歩を踏み出しました。」

国連ハビタットは、Esriプラットフォームならではの地理空間ツールとオープンデータ機能を活用して、開発が必要な地域で都市インフラとサービス提供の効率性と持続可能性を高めることが可能になりました。これらの技術リソースの1つがArcGIS Hubで、今年初めにアブダビで開催された第10回世界都市フォーラムで発表されたGlobal Urban ObservatoryのUrban Indicators Databaseウェブサイトを構築するために実装されました。

Esriのグローバル組織担当主任アカウントマネジャーのCarmelle Terborgh博士は、次のように述べています。「世界中の地域や村、都市を力づけて複雑な経済問題や環境問題を解決できるツールを提供でき、光栄です。データに基づいた手法を活用して国連の持続可能な開発目標の1つである包摂的で安全かつ強靱で持続可能な都市や人間居住を実現するという共同の取り組みを正式なものとすることで、国連ハビタットとの協力関係を強化できることをうれしく思います。」

この合意の一環としてEsriは、資源に制約のある国々の50の地方自治体にArcGISソフトウエアの無償ライセンスを提供します。Esriは既に、国連ハビタットのアジア太平洋地域事務所と協力してフィジーとソロモン諸島の6自治体を支援し、この取り組みに基づいた行動を開始しています。また、このパートナーシップでは、都市計画に関する無料オンライン学習モジュールなどの共同の能力開発リソースも作成・提供し、長期的な持続可能性の確保に重点を置いた各地域社会の技術力の育成と構築支援を行います。

世界の地域社会がどのようにEsriのソフトウエアを活用して回復力と持続可能性を高めているかについての詳細は、esri.com/en-us/industries/needs/planning-sustainabilityをご覧ください。

国連ハビタットについて

国連ハビタットは、より良い都市の未来のために都市や居住地で人々を支援する活動を世界90カ国以上で行っています。政府や地域のパートナーと協力し、世界レベルの専門技能と地元の知識を組み合わせた影響力の大きなプロジェクトにより、タイムリーで的を絞ったソリューションを提供しています。持続可能な開発のための2030アジェンダには都市に特化した目標であるSDG 11が含まれ、包摂的で安全かつ強靱で持続可能な都市の実現を目指しています。

https://unhabitat.org/をご覧ください。

Esriについて

地理情報システム(GIS)ソフトウエア、ロケーション・インテリジェンス、マッピングの世界的市場リーダーのEsriは、顧客がデータの潜在力すべてを活用して業績や事業成果を改善する手助けをしています。1969年に設立されたEsriのソフトウエアは、フォーチュン100企業の90社、50州すべての政府機関、大小すべての郡の半数以上、フォーブス米大学トップ100校のうち87校、米国政府の15省すべてや数十の独立機関など、35万を超える組織に導入されています。地理空間情報技術に対する先駆的取り組みにより、Esriのエンジニアはデジタル変革、モノのインターネット(IoT)、高度アナリティクスに対する最も高度なソリューションを構築しています。当社サイトのesri.comをご覧ください。

Copyright © 2020 Esri. All rights reserved. Esri、Esriの地球ロゴ、ArcGIS、Hub、The Science of Where、esri.com、@esri.comは、米国、欧州共同体、その他の一定の司法管轄におけるEsriの商標、サービスマーク、登録商標です。本リリースで言及した他の企業・製品・サービスは、各所有者の商標、サービスマーク、登録商標である場合があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Jo Ann Pruchniewski
Public Relations, Esri
Mobile: 301-693-2643
Email: jpruchniewski@esri.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.