国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

「旭日旗」持ち込みに正式に異議唱える

2019年09月15日

 聯合ニュースは12日、東京都内で開かれた2020年東京パラリンピック選手団長会議の本会議で韓国の大韓障害者体育会が競技会場への「旭日旗」持ち込みに正式に異議を唱えたと報じた。

 同体育会は「旭日旗は第2次世界大戦当時、アジア侵略に使用された日本軍の旗であり、多くの国に歴史の傷を思い起こさせるシンボルだと伝えた」としている。

 本会議には約100か国・地域の国内のパラリンピック委員会代表ら200人が出席していた。多くの国に歴史の傷を思い起こさせるシンボルとの発言趣旨に中国代表も支持する発言をしたという。

 旭日旗の競技場への持ち込みについては韓国の文化体育観光部が国際オリンピック委員会会長あてに東京五輪・パラリンピックでの競技場への持ち込みを禁止するよう、旭日旗使用の不当性を説明して要請している。

 要請理由では日本のアジア侵略戦争時に日本軍が使用した旗であり、今も、極右団体が外国人に対する差別・憎悪を煽る集会などで使用していることをあげ「旭日旗は歴史の傷を想起させる明白な政治的シンボル」と訴えている。

 国際大会においては旭日旗を使用する側でなく、使用される側が「政治的シンボル」と感じるのであれば排除する対応が賢明だ。禁止事例では、すでに国際サッカー連盟が旭日旗の使用を禁止している。(編集担当:森高龍二)

日米韓しっかり連携が大事 河野防衛大臣

戦犯企業製品に購入制限 ソウル、釜山で条例

総理本人と忖度官僚のみによる外交と小沢氏警鐘

問われる姿勢、会社理念にも反する週刊ポスト

安全保障レベルに引き上げのは韓国と経産省

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.