国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

反動政権終焉へ野党連合政権に強い意欲 志位氏

2019年09月17日

 日本共産党の志位和夫委員長は15日開いた党中央委員会総会であいさつし「戦後最悪の反動政権を一刻も早く終わりにしなければならない」と「野党連合政権」に強い意欲を示した。「直面する選挙が、政権を争う総選挙という点からも待ったなしです」と具体化に向け政権構想への準備の必要を訴えた。

 この中で志位委員長は「私たちは野党としての政権構想をとりまとめるための話し合いを実らせるために、知恵と力をつくす決意です」と述べ「全国の都道府県・地区・支部でも、記念講演も活用していただいて、ともにたたかった市民や野党のみなさんと語り合い、全国各地から『野党連合政権をつくろう』という機運をつくりだしていこう」と呼び掛けた。

 志位委員長は「参議院選挙をともにたたかった5野党・会派に、この問題での党首会談の開催を申し入れてきた」と伝えるとともに「れいわ新選組の山本太郎代表との党首会談では両党が『野党連合政権をつくる』ために協力する。その際、安倍政権が進める憲法9条改憲に反対するなど野党と『市民連合』との13項目の政策合意を土台にすることを確認した」と述べた。

 志位委員長は山本代表から「有権者のみなさんに、政権交代すればどのような世の中になるのかということをイメージしてもらうために、こういった話し合いは一刻も早く進めるべき」との積極的な提案があったとした。

 志位委員長は野党連合政権を実現するには(1)政権をともにする政治的合意(意思の確認)(2)連合政権が実行する共通の政策を練り上げること。その際、連合政権として各党の不一致点にどう対応するかの合意も必要(3)小選挙区における選挙協力の合意、をあげた。(編集担当:森高龍二)

N国、れいわに6千万円強の政党交付金

今、最大の問題は日韓請求権協定と河野外相主張

戦争責任、独は自ら明示したが日本はしないまま

共産党、米国の同盟管理能力劣化も垣間見える

選管は1票の重さ示し不信払しょくに再調査せよ

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.