国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

外国人含め、香港にいるすべての者が処罰対象

2020年07月03日

 日本共産党は機関紙赤旗(2日の電子版)で「香港国家安全維持法」が「国家分裂、政権転覆、テロ活動、外国勢力と結託して国の安全に危害を与える行為などに刑事罰を科し、最高刑は終身刑。直接行為に及ばなくても、威嚇だけでも罪になる。外国人も含め、香港にいるすべての者が処罰の対象になる」ことを報じた。

 そのうえで「外国勢力が介入した複雑な案件などでは、新たに香港に新設する中央政府の出先機関『国家安全維持公署』が『管轄権』を行使し、中国の最高人民法院(最高裁)が指定した裁判所が審理する」とし、国家安全維持公署は「香港政府の管轄を受けずに活動できる」としていることを伝えている。

 志位和夫委員長は「香港での市民的、政治的自由を求める個人と運動に対する中国当局の直接介入、弾圧を可能とするもので、香港の『高度な自治』を認めるとした国際公約に真っ向から反する。さらに、一連の国際人権法、香港基本法に明記されている国際人権規約にも反するものである」と指摘。

 「香港での人権抑圧をいっそう強め、中国の国際公約である『一国二制度』を有名無実化する暴挙だ」と激しく抗議するとともに「日本共産党は同法の制定に厳しく抗議し、その撤回を求める」と談話を発表している。自由と民主主義、人権の尊重、国際人権規約の尊重などを常に前面に出してきた安倍政権はここまで明確にした姿勢をこれまでに示せてはいない。(編集担当:森高龍二)

およそ『共産党』の名に値しない、と中国を非難

中国は国際公約の『1国2制度』守れ 志位氏ら

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.