国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

内閣人事局の運営方針の見直しを

2020年07月10日

 政府の骨太の方針「原案」が8日の経済財政諮問会議に示された。公務員改革では「国家公務員制度改革基本法にのっとり、能力・実績主義の人事管理を徹底し、適材適所の人材配置を図るため、局長等の職務内容の明示、人事評価の運用改善、幹部職員及び管理職員の公募の目標設定並びに官民公募のより一層の推進等に引き続き着実に取り組む」としているが、安倍政権下では官邸に忖度した人物が重要ポストに次々就いている現況があり、内閣人事局の在り方そのものを見直すよう提起する声もある。

 すでに自民党の石破茂元幹事長は2018年9月の党総裁選挙立候補前に総裁としての公約のひとつに「内閣人事局の運営方針を見直す」「全省庁に公文書管理監を配置する」「幹部公務員に外部人材を積極登用する」ことを挙げていた。

 当時、森友・加計問題で幹部公務員の人事権を握る官邸に対し、官僚による官邸への忖度や官邸主導での政策決定過程の不透明さが浮き彫りになり、総裁選公約にまで、こうした問題の是正案が示される事態に深刻化している。その後も、忖度は続いている。

 森友問題では「価格と金額は違う」と政府側に都合の良い答弁を繰り返してきた人物(主計局長)が財務事務次官に就任するとの報道が今月なされた。この報道にネット上では「安倍政権に魂を売るものは出世街道を歩めるが、真理の道を歩むものは、この星では排除される」「安倍の忖度の代表格」など批判の声が多数ある。公務員が国民のために仕事に専念できる制度構築、環境づくりこそが急がれている。(編集担当:森高龍二)

行政、医療でのデジタル化加速を、総理指示

雇用調整助成金の抜本的拡充、家賃支援など急ぐ

GDPギャップ8兆円マイナス。新コロナで消費者マインド悪化。政府、雇用維持を強力支援。~内閣府

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.