国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

新自由主義への環境づくり色濃い菅総理

2020年09月23日

 菅義偉総理は副大臣会議、政務官会議でのあいさつで自らが目指す社会像について「まずは『自助・共助・公助、そして絆(きずな)』です」と自助を第一に挙げ、強調した。

 菅総理は「この認識の下で、地方の活性化、人口減少、少子高齢化を始め、山積する課題を克服していくことが日本の活力につながると確信している。そのため、行政の縦割りや前例主義を打破し、既得権益にとらわれることなく規制改革を全力で進める」と本質は「新自由主義社会」への環境整備を色濃く示すものになった。

 日本共産党の志位和夫委員長は、菅総理のめざす社会像からは「国民に自己責任を押し付ける冷酷な新自由主義の暴走が菅体制の下で、よりいっそうひどくなることを警戒しなければならない」と警鐘を鳴らした。

 そのうえで「こうした人物に日本の政治のかじ取りを任せるわけにはいかない。総選挙で菅体制を倒し、政権交代を実現するために全力を挙げる」と安倍政権以上に新自由主義に突き進む危険をあげ、対決姿勢を鮮明にしている。方向転換には総選挙小選挙区で「自公候補」対「野党統一候補」の一騎打ちがどこまで実現できるかにかかっている。(編集担当:森高龍二)

安倍政権の取組み継承を閣議決定も「重い宿題」

来年から「桜をみる会は中止する」と菅総理

コロナ収束と経済立て直し優先も年内解散消えず

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.