国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

国立大、最高裁へ弔意依頼に菅政権に危惧の声も

2020年10月17日

 故・中曽根康弘元総理の合同葬(内閣と自民党が葬儀費用約2億円を折半で負担)の際、文科省が国立大学などに弔旗を掲揚して黙とうで弔意を示すよう協力を求めたのに続き、内閣府も最高裁判所に同様の要請をしていたことが分かり、教育現場からは「思想統制」との批判が相次いでいるほか、「いくら何でも場違い」「菅政権そのものが問題だ」「三権分立は民主主義の原則だ」と菅政権への批判が相次ぐとともに「国民に対しても弔意を示せと言いかねない」と危惧する声まで出始めている。

 「国葬」でない葬儀に弔意の依頼などできるのか、内閣が司法の上に立つ、いつからそんな国になったのか、批判や懸念はネット上でも増え続けている。

 日本共産党の志位和夫委員長は「誰に対してであれ、弔意を表するか否かは内心の問題であり、求めたり、強制したりすべきものではない」と指摘。記者会見で「大学、教育現場、自治体、官公庁への弔意の押しつけは『内心の自由の侵害』となり、やめるべき。私自身についていえば、合同葬への案内にこたえて、弔意を示すために『出席』を通知していたが、こうした事態が起こったもとで出席するわけにいかなくなった。『欠席』させていただく」と抗議姿勢を示した。(編集担当:森高龍二)

弔意要請で出席するわけにいかなくなった

任命拒否説明ハードル高く政府失敗すると元検事

任命拒否説明ハードル高く政府失敗すると元検事

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.