国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

首都圏新規感染4600人超え、五輪中止求める

2021年07月29日

 東京都の27日の新型コロナ感染症の新規感染者が2848人と過去最高、2人が死亡。埼玉県も593人と過去最高、千葉県も405人、神奈川県も758人と首都圏4都県だけで4600人を超え、沖縄県でも354人と過去最高になるなど、全国的に感染拡大が続いている。

 日本共産党の志位和夫委員長は27日「6月9日の党首討論で、菅総理は『国民の命と安全を守るのが私の責務、守れなくなったら(五輪は)やらないのが当然』と(答えたことを示したうえで)いよいよもって『命と安全を守れなくなっている』。ならば、この言明を実行に移してほしい」と五輪中止の決断をSNS上で求めた。

 また菅総理が27日の記者会見で「車の制限とか、テレワーク、人流は減少しているので心配はないと思っている」などと語ったことに関して「首相は何を根拠に『人流は減っている』といったのか? 説明してほしい」と裏付けとなる「根拠」を示すよう求めた。

 共産、立憲、社民らは憲法に基づいた手続きにより、臨時国会の召集を求めているが、政府・与党は逃げている。

 志位氏は「予算委で時間をとってコロナと五輪の問題点を徹底的に審議すべきだ。その場で首相は、国民の疑問や不安にこたえて、この事態をどう打開するのかを語るべき」と国会での議論を通して、国民に説明していく責任があると訴えている。

社民の福島瑞穂代表も「都で過去最多の感染者数の中で行われるオリンピックとは何かと本当に考える。(感染者が過去最高の2848人)心配です」とツイッターで発信した。(編集担当:森高龍二)

酷暑開催にアスリートファーストって、批判続出

首都など全国へ 感染拡大止まず どうする五輪

野党は政権交代の可能性示せる総選挙にせよ

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.