国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

東京・沖縄延長、4府県追加で緊急、8月末まで

2021年08月01日

政府は新型コロナウイルス感染症対策に東京、沖縄...

 政府は新型コロナウイルス感染症対策に東京、沖縄での「緊急事態宣言」を来月末までに延長するとともに、8月2日から同月末まで、神奈川・埼玉・千葉と大阪の4府県を新たに「緊急事態宣言」地域に決定した。

 また北海道はじめ京都・兵庫・福岡・石川の5道府県に関して「まん延防止等重点措置」適用地域に決めた。

 この決定にネット上では「8月31日に終わらないでしょう。自粛する人はする、しない人はしないという不公平もいい加減、何とかしてほしい。休業要請は飲食店だけど、もう一部の業種に手厚い協力金も本当に止めてほしい。はっきり言って、税金で居酒屋守るの、もう無理でしょ?雇用保険のように、私たちの税金になって返ってくる」とのつぶやきには「そう思う」と賛同する声が1万5000近く。「そう思わない」は1400近くにとどまるなど、不公平感を有する声が圧倒的だ。

 また「一体何が変わるんでしょうね。こんだけ増えても人流は減ってると言い張る始末だし、今までの宣言下でこれだけ感染増えてるんだから、本当に抑えるつもりならもっとしっかりと考えた宣言をしてほしい。日本の政治家がここまでとは思わなかった」と悲観と怒りを感じている心境を示す書き込みも。

 また「今緊急事態宣言を発出しても、守る人がどれほどいるか。宣言慣れもあるし、夏だし、オリンピックやってるし。宣言出てない地域もあるのに不公平ってなって、結局は人流も減らず感染者も減らず」とこれまでの政府の取り組みに怒りの声も。

 特定業種への支援に関しても「もうさ飲食店を縛るのもやめたら?税金無駄使い意味無いですよね。国民一人一人に配って自粛要請する方が現実的。飲食店可愛そうとよく見ますが本当にそう?飲食店には今現在1日1件につき4万の補助(以前は6万)が出ます。これを一ヶ月とすると約120万。これを半年とすると720万です。仮によほどじゃなきゃありえませんが半分が家賃としても半年で手取りで360万残ります。これは軽くサラリーマンの年収に近くなります。半年でです。夜8時までは営業出来るのでこれにさらにプラスとなるともっとです。この補助以外の補助も飲食店にはあり、例えばコロナでお弁当のデリバリーを開始するのであれば申請すると自転車等の購入費の9割が補助されます。いちいち確認しないので家の分とかも購入可能です。場合によっては転売可能です。と色々飲食店には補助があり可愛そうと言い切れるのでしょうかね。アルバイトも可愛そうだよ」と考えさせられるつぶやきも出ている。

さらに「また緊急事態宣言と蔓延防止?東京も沖縄も緊急事態宣言が出ていても減るどころか過去最高を記録してますよ。いい加減、この対策が、全く意味がなくなっていることに気づいて下さい。もう困っているのは飲食店や観光業界だけじゃないですよ。非課税世帯や1人親だけじゃないですよ。風邪症状や発熱があれば出勤停止になり有給もなくなり、有給がなくなれば給料が減り。我が家も旦那が火曜日から風邪症状&発熱(上がったり下がったり)で今日までお休み。今日検査してもらい陰性。来週から出勤はできますが元々給料は安い会社なので残業をしないと手取りは増えず。今月も来月も手取りは20万程度。残業したら27~30になることもありますが非課税でも1人親でもないから給付金も該当しない。おそらく緊急小口支援金も審査で落とされる。そんな課税世帯はたくさんいます。いつまで我慢したらいいんですか?先が見えず貯蓄も底をついちゃいます。」と多くの庶民家庭が共有する声もあがっている。(編集担当:森高龍二)

デルタ株は熱中症と間違われる症状出すこと多い

この感染状況を危機としないなら政権の座降りて

宣言下の不安と行動抑制、大きく緩和。外食の抑制、収入の不安等で大幅な緩み

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.