国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

感染拡大要因 危機感共有薄く、五輪も要因

2021年08月01日

 東京都での新型コロナ感染症の新規感染者が29日、3865人と3日連続し「過去最多」を更新する悪化を見せて、収まる気配がない。五輪強行が人流に大きく影響していることは否めない。ネット上では「緊急事態宣言発令します、五輪やります、って謎すぎることをやってしまったせいだ」などなど、政府の呼びかけが実効性をあげない背景に、整合性の取れない政府の感染対策姿勢があるといえよう。

 政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は29日の参院内閣委員会閉会中審査で立憲の杉尾秀哉議員の質問に答え「今、感染を下げる要素というのはあまりない」とする一方「感染をあげる要素はたくさんある」と懸念した。

 尾身氏は「一般市民がコロナ慣れしていること、デルタ株の感染力が強くなっていること、夏休み、お盆休み、さらにオリンピックということ。そして最大の危機は、社会一般の中で危機感が共有されていないこと」と強く警鐘を鳴らした。

 尾身氏は「このまま危機感が共有されなければ、感染はさらに拡大する」と断じた。

 杉尾氏が「第4波は大阪を中心に事実上の医療崩壊状態にあったが、東京、首都圏でも起こり得るか」と今回の感染拡大状況を踏まえて質したのには、尾身氏は「今から対策を打つ必要がある」と答弁した。尾身氏は前日の衆院内閣委員会閉会中審査で「すでに医療崩壊は始まっている」と危機感を示していた。

 尾身氏は「感染拡大、医療逼迫を防ぐためにすべきことを、すべて全力でやってもらうことが当然の責任だ」と強く対応を求めた。

 ネット上では「五輪開催したことで人々のマインドが自粛なんて馬鹿げたことだと変わってしまった。コロナ蔓延初期に欧米で自由を奪うなと権利主張しパンデミックになった状況と似ていると思う。エビデンスなき安全安心を連呼し、コロナと五輪は関係なしと大本営発表。これでは国民が信用するわけもなく、政府の呼び掛けに従うはずもない」との声も。

 また「オリンピックもやっているのだからこれくらいならいいかと、人々の行動に歯止めが効かなくなっていると思います。路上のみやバーベキュー、友人との会食・ランチなどなど。夜でなくても昼間でもコロナの感染は広がりますからね」との声や「国を挙げて五輪を開催していれば国民の気が緩むのは当然だと思う。政府は緊急事態宣言で国民に自粛を求めても、五輪をやりながらでは信頼されない。だから宣言効果がほとんどない。五輪開催がもたらす大衆心理への影響が人流が減らない原因であることを認めるべきだろう」などなど、整合性の取れない政府の感染対策姿勢が背景にあることをあげる声が多い。(編集担当:森高龍二)

デルタ株は熱中症と間違われる症状出すこと多い

首都圏4都県 感染者各々過去最多で5675人

この感染状況を危機としないなら政権の座降りて

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.