国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

これからは関係持たないことが基本、茂木幹事長

2022年08月09日

今後、一切関係を断つのは政治家として当然だが、...

 自民党の茂木敏充幹事長は8日の記者会見で「当然、わが党の国会議員には、政治家としての自覚をもって、(旧統一教会=世界平和統一家庭連合やその関連団体との関係の)点検を行い、見直すという事ですから、これからは関係を持たないことが基本だ」と関係を断つよう各議員に通達を出すとした。「関係を持たないのが基本」ではなく「一切関係を断たせる」指示こそが求められている。

 ジャーナリストの清水潔氏はこの報道を受けて、ツイッターで「政府が正式に『壺と自民問題」を認めました。今日以降『関係があって何が悪い』派は討ち死にです。『政治と宗教』問題も少なくとも統一教会に限っては完全にアウトです。もう逃げ道はありません』と発信した。『壺』は霊感商法を行ってきた旧統一教会を象徴する表現とみられる。

 旧統一教会(世界平和統一家庭連合)やその関連団体との関係では現職閣僚や副大臣らのほか、閣僚や副大臣経験者では下村博文元文科大臣、稲田朋美元防衛大臣、山谷えり子元国家公安委員長、奥野信亮元総務副大臣、田野瀬太道元文科副大臣、小田原潔外務副大臣、池田佳隆元文科副大臣ら他にも多数の名が挙がっている。

 今後、一切関係を断つのは政治家として当然だが、団体とのこれまでの関係性と今後の対応を説明する責務は果たす必要がある。(編集担当:森高龍二)

正副大臣、政務官に旧統一関連と関係点検を指示

旧統一教会による国会議員対策の実態解明急げ

閣僚らには旧統一との関係の報告を求める 総理

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.