告知・募集 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 告知・募集

経営者が選ぶ経営者の賞、第4回経営者大賞に、レノバ会長(第二電電共同創業)千本倖生氏! 第16回IPO大賞を株式会社Enjinが受賞 6月15日16時10分より、ホテルオークラ東京にて表彰式開催

一般社団法人 東京ニュービジネス協議会

ニュービジネスやベンチャー企業の振興と育成に寄与する一般社団法人東京ニュービジネス協議会(略称:NBC、所在地:東京都港区赤坂、会長:井川 幸広)は、第4回経営者大賞及び第16回IPO大賞受賞者を決定した。
表彰式は、2022年6月15日(水)16時10分より、東京NBC及び、日本ニュービジネス協議会連合会(略称JNB;所在地:港区赤坂、会長:池田 弘)の定時総会に併せて行い、受賞者に、盾及び副賞を贈呈する。また、今回、両賞を受賞した株式会社Enjin社長 本田幸大氏、株式会社レノバ会長(第二電電共同創業)千本倖生氏それぞれが受賞記念講演を行う。
東京NBCは、コロナ禍にありながら、会員数を急激に伸ばし、現在、設立以来最高の567名(5月26日現在)に成長している。表彰式及び講演会は、NBCの活動に興味のある経営者や起業家・起業家予備軍にも参加を呼び掛けている。

【東京NBC 経営者大賞とは】
創業経営者や、ベンチャースピリットを持つ者が集まる東京ニュービジネス協議会は、業種・業態の枠を越え、会員が自発的に自己啓発、相互交流、研鑽を図るために多彩なテーマで委員会・研究部会活動を行っています。
東京NBCアワード 経営者大賞は、学術的な視点や数字に加え東京NBC会員経営者が選ぶ、経営者のための賞として発足しました。様々なタイプの経営者を顕彰することで、「成功」の概念の多様性を示し、その意義や社会への貢献を世間に広報すると共に、その企業のストーリーから学ぶことで、NBC会員を勇気づけ、ニュービジネスやベンチャー企業の振興と育成、及びNBCの繁栄に寄与することを目的としています。

【第4回東京NBC 経営者大賞 受賞企業概要及び選考理由】
株式会社レノバ 取締役会長 千本 倖生 様(第二電電<現KDDI>共同創業者)




1984年、日本最初の新電電会社である第二電電株式会社(現KDDI)を稲盛和夫氏と共同創業し、専務取締役、取締役副社長を歴任、その後、慶應義塾大学大学院教授、カリフォルニア大学バークレー校の客員教授を経て、1999年57歳の時、ブロードバンドベンチャーのイー・アクセス株式会社を創業、代表取締役社長、代表取締役会長を歴任。2005年には、イー・モバイル株式会社を設立し、代表取締役会長CEOを務め、日本の通信事業の変革を牽引してきた。

千本氏の起業は、電電公社一社の独占状況に、健全な競争原理を持ち込み、日本の通信環境の発展に寄与してきた。
その根底にあるのは、「新しい事業に挑戦することで、従業員や顧客を含む日本国民、そして世界の人々の生活を良くし、自らの学びと経験を次世代に伝えたい」という強い使命感である。その強い使命感の下に、ふりかかる幾多の困難にあっても決して諦めず、あらゆる手を尽くし、自らを奮い立たせ、抜群の行動力と情熱で多くの賛同者、理解者を得ながら前に進んでいく。その姿は、「ニュービジネス」の名の下に集う後進の起業家達に、多くの希望と学びを与えてきた。

更に、現在は、再生可能エネルギー事業やグリーン事業に注力し、日本とアジアのエネルギー改革の一翼を担うよう、株式会社レノバ取締役会長として取り組んでいる。また、スウェーデン工学アカデミー会員でもある。
生涯「起業家」として生きるその姿勢を称え、第4回経営者大賞に選出された。

===略歴====
1966 年 日本電信電話公社(現在のNTT)入社
1984 年 第二電電株式会社(現在のKDDI)を共同創業。取締役副社長
1995 年 慶應義塾大学大学院教授
1999 年 イー・アクセス株式会社を創業。代表取締役社長、代表取締役会長などを歴任
2001 年 カーネギーメロン大学 客員教授
2002 年 カリフォルニア大学(バークレー校) 客員教授
2005 年 イー・モバイル株式会社(現Y!mobile)を創業。代表取締役会長
2014 年 株式会社レノバ社外取締役に就任
2015 年 同社 代表取締役会長に就任
2020 年 同社 取締役会長(現在に至る)
その他、スウェーデン王立工学アカデミー 会員、IEEE フェロー、電子情報通信学会 フェロー、
日本ベンチャー学会 理事

【IPO大賞とは】
日本経済の新たな活性化に貢献する可能性が高いビジネスモデルのベンチャー企業を中心に選出しています。毎年、当年9月迄に(今回は、2021年9月迄)に全国で株式上場をしている企業が対象。事業の新規性・革新性、成長性の他、創業者・起業家にも注目し、創業から上場までのストーリーなどを重視し、事業と人物を総合的に評価し決定しています。
過去の受賞者はこちらをご覧ください。 https://www.nbc-world.net/honors/ipo2020

<選考委員会>
一般社団法人東京ニュービジネス協議会表彰委員会
湯川智子委員長(株式会社 サピエント代表取締役社長/株式会社 CO2資源化研究所 取締役副社長)、その他上場経験のあるNBC理事を含むNBC会員で構成されています。

共催:公益社団法人 日本ニュービジネス協議会連合会、協賛:一般財団法人大川ドリーム基金
後援:日本ベンチャー学会(予定)

【第16回IPO大賞 受賞企業概要及び選考理由】
株式会社Enjin(2006年6月21日創業、上場日2021年6月18日 マザーズ 証券コード 7370)
代表取締役社長 本田 幸大 様



専任の広報担当者がいない中小企業や医療機関では、PR業務に十分な時間を割けず広報担当者単独でPR効果を生み出すことは難しい。また昨今では、Youtuberやインフルエンサーなど個人が活躍する機会も増え、個人単位での広報PRのニーズも生まれている。同社はそのような顧客に広報パートナーとして寄り添い、ともに成長するスタンスの企業である。

成功報酬型の料金体系も導入することで、資金力に限界があっても、サービス導入がしやすく、これまでPR活動に馴
染みのなかった中小企業、医療機関、個人におけるPRニーズの潜在市場開拓を可能にした点に、新規性がある。

「アンチエイジング」や「未病ケア」、「在宅医療」など、超高齢化社会を迎える日本においては、医療機関のPR活動が
今後ますます激化していくことも予想でき、株式会社Enjinには、今後も堅実な成長性が期待され、第16回IPO大賞に選出された。

【表彰式開催概要】
開催日時:2022年6月15日(水) 16時10分~20時30分
会場:ホテルオークラ東京 「曙の間」「オーチャード」
東京都港区虎ノ門2丁目10-4
参加費:1万円(当日会場にて承ります)
◆16:10~16:45【東京NBCアワード表彰式(曙の間)】
・NBC 2021年度 MVP 株式会社トリリオン 代表取締役 木地本 朋奈 様
・第16回 IPO大賞 株式会社Enjin 代表取締役 本田 幸大 様
・第4回 経営者大賞 株式会社レノバ 取締役会長(KDDI 共同創業者)千本 倖生 様
◆16:50~17:30 IPO大賞受賞記念講演
◆17:45~18:45【JNB/NBC合同講演会 経営者大賞授賞記念講演 (曙の間)】
◆19:00~20:30【JNB/NBC合同懇親会(受賞者と共に)オーチャード】

【お申し込みフォーム】https://forms.gle/NDFdH6ShGxawJ5e7A



配信元企業:一般社団法人 東京ニュービジネス協議会
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.