その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

アジア人男性の“AGA治療”に有効 80~96%が「満足している」 18,918人のデータを研究し米国皮膚科医専門紙に論文発表 AGAスキンクリニックの併用治療法で合併症を最小限に

AGAスキンクリニック

AGA(※1)専門クリニックとして薄毛・抜け毛の治療を行う『AGAスキンクリニック』で行っている治療法の論文が2018年7月1日に米国のMatrix Medical Communicationsが発行する皮膚科医専門紙JCAD(The Journal of Clinical and Aesthetic Dermatology)で発表されました。

JCAD URL:http://jcadonline.com/july-2018-androgenetic-alopecia/

◆7年間、18,918人の男性患者の治療データをもとに発表
AGAは、アジア人男性の脱毛の一般的な形態であり、脱毛は人の印象に大きく影響するため、一部の人には不安やうつ病の原因にもなると言われています。今回発表した論文では2011年~2017年の7年間、計18,918人の患者様のデータを元に論文を発表しています。

◆アジア人男性におけるAGA治療に有効
論文では、AGAである患者様に実際にAGAスキンクリニックのオリジナル発毛薬『Rebirth(※2)』と、『Dr’sメソ治療(※3)』で併用治療を行なった結果、患者様の96%~80%は、治療後6カ月後および12カ月後の治療結果に「満足している」と答えたという結果があります。

◆合併症を最小限に抑える治療法に
治療での合併症に関しては軽度のものであり、どの症状も自発的に解決したとの結果がありました。治療に関連した有害事象は認められず、『Rebirth』と、『Dr’sメソ治療』という治療選択肢を組み合わせることにより、合併症を最小限に抑えてAGAに対する安全かつ効果的な治療が提供されることも発表しています。

(※1)AGA:Androgenetic Alopeciaの略で、男性ホルモン型脱毛症(男性型脱毛症)のことです。男性型脱毛症とは、成人男性特有の進行性の脱毛症で、生え際や頭頂部の毛髪が薄くなったりするのが特徴で、遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと言われています。
(※2)『Rebirth』:AGAスキンクリニックオリジナル発毛薬。『Rebirth』の成分であるフィナステリド経口を1日1回、経口および局所塗布用ミノキシジルを1日2回実施。AGAは、5αリダクターゼ(還元酵素)とテストステロン(男性ホルモン)が結び付き、変換されたジヒドロテストステロン(DHT)が男性の薄毛を引き起こし促進させる原因物質と言われています。『Rebirth』は、5αリダクターゼ(還元酵素)の働きをブロックして、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを阻害する治療薬です。
(※3)Dr’sメソ治療:月1回、6ヶ月以上にわたってより多くの毛を増やしたい箇所に直接注射する治療法。


<JCAD発表論文>
URL:http://jcadonline.com/july-2018-androgenetic-alopecia/
Androgenetic Alopecia Treatment in Asian Men
by Yohei Tanaka, MD, PhD; Toru Aso, MD, PhD; Jumpei Ono, MD; Ryu Hosoi, MD; and Takuto Kaneko, MD







田中洋平医師
医学博士(信州大学)日本形成外科学会専門医
AGAスキンクリニック 診療顧問
2000年3月 信州大学医学部医学科卒業後、長野県内の病院、救急センター、信州大学付属病院にて研鑽を積む。専門医取得後、クリニカ タナカ 形成外科・アンティエイジングセンター 開設。
後に信州大学医学部より学位(医学博士)を取得し、新潟薬科大学客員教授や東京女子医科大学皮膚科非常勤講師として国内外問わず広く活躍し、AGAスキンクリニック及び東京ビューティークリニック 診療顧問 就任。
<著書>
「近赤外線ケア美肌術 いくら紫外線だけカットしても美肌にはならない」(出版社: 光文社)
「Breakthroughs in melanoma research(Chapter 29)」(出版社: InTech社)
「Photomedicine - Advances in Clinical Practice(Chapter 12)」(出版社: InTech社)

<所属学会>
日本形成外科学会専門医/国際形成外科学会会員/日本美容外科学会会員/日本皮膚科学会会員/日本美容皮膚科学会会員/日本抗加齢学会会員/日本熱傷学会会員/日本救急医学会会員/日本フォトダーマトロジー学会理事


<報道関係者 お問い合わせ先>
AGAスキンクリニック 広報事務局
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788
E-mail:pr@netamoto.co.jp
担当: 柴山(携帯:070-1389-0172)

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.