その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

GSMAがMWC19上海の新たな進展について概要を発表

2019年05月21日

アリババ、ATM、中国移動、ゼネラル・エレクトリック・パワー、JPモルガン・チェース、レノボ、クアルコム、深創谷の新たな講演者を発表。GSMAがAI高速化プログラムの概要を説明。イノベーション・シティで最新のモバイル技術を紹介。

香港

(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、最近確定した基調講演者と4YFNの講演者、人工知能高速化プログラム、GSMAイノベーション・シティ、セミナー、フォーラムで最新のモバイル技術を紹介する大手企業、新たに加わった出展企業、パートナー、スポンサーなど、MWC19上海の新たな進展について発表しました。GSMAは、2019年6月26~28日に上海新国際博覧中心(SNIEC)で開催されるこのイベントに、110を超える国・地域の幅広い産業分野を代表する6万人以上の専門家が参加すると見込んでいます。

GSMAのジョン・ホフマン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「5G、AI、IoT、ビッグデータを包含するインテリジェントな接続性が新時代への道を開き、私たちの日常生活のほぼあらゆる面に影響をもたらすでしょう。MWC19上海の全体で、来場者はこのイノベーションを世界的に推進しているリーダーから話を聞くことができます。来場者は、展示会と人工知能高速化プログラム、デジタルリーダーズ、Women4Tech、4YFNなどの特別プログラムを通じて、刺激的な経験・議論に出会えます。私たちは、モバイル業界を再び上海に迎えることを楽しみにしています。」

新たに確定した基調講演者

GSMAは、MWC19上海カンファレンス・プログラムの新たな基調講演者を発表しました。

楊傑氏、中国移動(チャイナモバイル)執行董事兼董事長 李晶(Jing Ulrich)氏、JPモルガン・チェースのアジア太平洋地域董事総経理兼副主席 クリスティアーノ・アモン氏、クアルコム社長

これらの幹部は、以前に発表した講演者に加わります。

Hooi Ling Tan氏、グラブ・グループ共同創業者 マッツ・グランリド、GSMA事務局長 胡厚崑(Ken Hu)氏、華為技術(ファーウェイ)副会長 グレッグ・ワイラー氏、ワンウェブ会長 シグバ・ブレッカ氏、テレノール・グループ社長兼最高経営責任者(CEO) 徐子陽氏、ZTE総裁

議題や基調講演者を含むカンファレンスの詳細については、www.mwcshanghai.com/conference-programmes/をご覧ください。

4イヤーズ・フロム・ナウ(4YFN)のヘッドライン・スピーカー

スタートアップに焦点を当てた4YFNのカンファレンス・プログラムに参加するヘッドライン・スピーカーを紹介します。

周駱美琪(Cindy Chow)氏、アリババ創業者基金執行董事 梁民俊氏、ATMキャピタルのベンチャーパートナー ミシェル・ウー氏、ゼネラル・エレクトリック・パワー最高情報責任者(CIO) 唐昭平(Janet Tang)氏、レノボ・グループ首席戦略官 徐家斌(Chad Xu)氏、深創谷首席執行官、創業パートナー

GSMAのスタートアップ・プログラムの4YFNは、新たな投資家クラブ・メンバーの深創谷を理事会に迎え、長期パートナーのキャセイ・イノベーションが復帰することで、イベントでの投資家プレゼンスを拡大します。コミュニティー・パートナーのモメンタム・ワークス、启迪之星(TusStar)、中国加速(Chinaccelerator)は、展示会場とディスカバリー・エリア・ステージに革新的で有望なスタートアップ企業を招きます。またモバイル・ワールド・キャピタルは、スペインのスタートアップ企業の代表団を招き、Sud de Franceは特別なVIPレセプションをスポンサーします。スペーセスが提供するカスタム・ワーキング・ラウンジは、すべての来場者が利用できます。

4YFNの詳細については、www.mwcshanghai.com/experiences/4yfn/をご覧ください。

MWC上海初の人工知能高速化プログラム

MWC19上海で新たに導入する人工知能高速化プログラムでは、政策立案者、業界リーダー、AI専門家、学術界、スタートアップ企業などの利害関係者が参加するさまざまなアクティビティを実施し、重要な政策内容の議論、新たなイノベーションの促進、デジタル経済全体にいかにAIを適用し得るかの探求を行います。6月25〜28日に実施されるこのプログラムには、ネットワーク・セミナーでのAI、AI政策円卓会議、シンクAIサミット、デジタル・アジア・ハブ(ハーバード大学から生まれたシンクタンク)との提携によるAIトラスト・パネル、いくつかのワークショップなどのイベントが含まれます。人工知能高速化プログラムの詳細については、www.mwcshanghai.com/about/get-involved/ai/をご覧ください。

GSMAイノベーション・シティで最新のモバイル技術を紹介

ホールN5に設置するGSMAイノベーション・シティでは、最新の主要なモバイル製品・ソリューションと、それらがいかに社会に前向きな影響を及ぼしてより良い未来の実現を支えるかに再び光を当てます。この区画では、新しいパートナーの中国移動咪咕とシングテルが双方向デモを実施し、以前に発表した通り、BICS、華為技術、myFC、上海雷塔智能科技も参加します。また、未来ネットワーク、アイデンティティー、モノのインターネットを含むGSMAの業界プログラムの展示も行います。実施されるデモのテーマとしては、ブロックチェーンがIoTデータの価値の収益化にいかに役立つか、無人機と無人艇がいかに環境モニタリングを支援するか、中国のモバイル事業者がいかにモバイル認証を使用して消費者の日々の金融取引を支援しているかが取り上げられます。GSMAイノベーション・シティの詳細については、www.mwcshanghai.com/exhibition/gsma-innovation-city/をご覧ください。

MWC19上海への参加が新たに確定した出展者とスポンサー

中国信息通信科技(CICT)、中国移動、中国電信(チャイナテレコム)、エリクソン、新華三(New H3C)、ノキア上海ベル、ZTEなどの業界の大手企業がスーパーホールN3の中央舞台を占め、インテリジェントな接続性の時代の5G技術応用を紹介します。MWC19上海への参加が新たに確定した出展者とスポンサーは、エリクソン(コネクティビティ・イベント・テーマ・スポンサー)と、新規出展者のアピゲート、ジェムアルト、FIME、高新興科技、イントラコム・テレコム、韓国情報技術産業協会(KICTA)、マイクロソフト・チャイナ、SIテックです。以前に発表した企業は、レノボ、クアルコム、OPPO、サムスン、維沃移動通信(vivo)などです。展示会の詳細については、www.mwcshanghai.com/exhibition/をご覧ください。

今年もディスプレイ・チャイナ2019をMWC19上海と同時開催

ディスプレイ・チャイナは、今年もSNIECのホールE5でMWC19上海と同時開催され、最新のフレキシブル・HDディスプレイと未来の革新的なアプリケーションを促進します。VIP、ゴールド、オールエキシビション、プレス/アナリストのパスを持つMWC上海の来場者は、ディスプレイ・チャイナ2019に入場できます。ディスプレイ・チャイナの詳細については、www.mwcshanghai.com/exhibition/display-china/をご覧ください。

GSMAのフォーラムとセミナー

GSMAは、MWC19上海でさまざまなフォーラムとセミナーを開催し、主要な業界動向に関する知見と最新情報を提供します。

GSMA未来IoTコンベンション(ノキア上海ベルおよび日海智能科技がスポンサー) 第4回5G帯域・政策フォーラム(GSA共催) eSIMフォーラム(Validがスポンサー) 未来ブロードバンド・フォーラム(C114共催) 5Gネットワーク・フォーラム

GSMAのフォーラムとセミナーの詳細については、www.mwcshanghai.com/conference-programmes/forums-seminars/をご覧ください。

MWC19上海に参加・登録しましょう

現在MWC19上海への参加登録を受付中です。登録やパスの種類の詳細については、www.mwcshanghai.com/attend/register/をご覧ください。

MWC19上海の参加・出展・提携・後援の方法など、詳細については、www.mwcshanghai.comをご覧ください。MWC19上海の最新情報は、ソーシャルメディア・チャネルのツイッター(@GSMA、#MWC19)やリンクトインのショーケース・ページ(www.linkedin.com/showcase/mwcshanghai/)、フェイスブック(www.facebook.com/mwcshanghai)でフォローできます。中国では新浪微博(weibo.com/mwcshanghai)でフォローするか、微信(ウィーチャット)で「GSMA_MWCS」を検索してください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、750社を超えるモバイル事業者を結集しています。そのうち400社近くは携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAは、バルセロナ、ロサンゼルス、上海で毎年開催する業界有数のMWCイベントのほか、地域カンファレンスのモバイル360シリーズを実施しています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Media Contacts:
For the GSMA
April Tsui
+852 2533 9956
atsui@webershandwick.com

Beau Bass
+44 79 7662 4962
beau.bass@webershandwick.com

MWC19 Shanghai Press Office
press@mwcshanghai.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.