その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

ウィプロがインテル製品搭載のエッジ人工知能ソリューションを投入

2019年08月15日

米ニュージャージー州イーストブランズウィック & 印バンガロール

(ビジネスワイヤ) -- 情報技術、コンサルティング、ビジネスプロセスのサービスを提供する世界一流企業のウィプロ・リミテッド(NYSE:WIT、BSE:507685、NSE:WIPRO)は本日、Intel Xeon®スケーラブル・プロセッサーを搭載したエッジ人工知能(AI)スターターソリューション3種を投入したと発表しました。これらのスターターソリューションは、エネルギー&ユーティリティー市場およびヘルスケア市場の企業によるAI採用を活発化させることに貢献します。

ウィプロはインテルのAI技術を活用し、Intel Xeonスケーラブル・プロセッサーで稼働させた場合のウィプロ製AIソリューションの性能を最大化していきます。

ウィプロのエッジAIスターターソリューション3種は下記の通りです。

パイプ・スルース:ユーティリティー・パイプライン・インフラのマニュアル点検とビデオスキャンのコーディングの必要性をなくすようにデザインした自動化異常検知ソリューション。AIを活用してビデオスキャンを自動的に進め、NASSCO PACP基準を使用して、パイプの全セグメントを確認・評定・点数化する。プロセスの結果には包括的な点検報告書が含まれる。 表面亀裂検知:AIを活用して、建物、道路、舗道、橋梁のようなインフラにおける亀裂を検知し、ラベリングする。 メディカルイメージング:AIを活用して、医用のX線スキャンやCTスキャンで関心領域および異常部分を検知する。例えば、肺における異常部分を強調表示したり、これら画像における病状部分をラベリングしたりする。

これらのソリューションは各顧客の個別ニーズに応じてカスタマイズし、各社の広範な技術環境に組み込んで、市場投入期間の短縮とR&D経費の削減を実現できるようデザインされています。

コロンビア特別区とその周辺地域に上下水道サービスを提供するコロンビア特別区上下水道局の情報技術担当バイスプレジデントのトム・クチンスキー氏は、次のように述べています。「当局はパイプ・スルースを使用して下水道網の点検を行っています。これは点検の生産性を劇的に高め、経費を大幅に削減するとともに、全体的な異常検知率を高める点で非常に革新的なソリューションです。当局の既存のインテル製プラットフォームでパイプ・スルースを稼働できるオプションにも利点があります。」

インテルのAI製品グループでAI製品&リサーチマーケティング担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるジュリー・チョイ氏は、次のように述べています。「お客さまが既に知っていて各社のAIジャーニーを開始するに当って信頼を寄せるIntel Xeonプロセッサーを使用すれば、魅力的な利点をご理解いただけます。Intel Xeonスケーラブル・プロセッサーとIntel® Distribution of OpenVINO™ツールキットを活用したウィプロのエッジソリューションにより、お客さまは消費電力の削減および性能の向上という利点が得られます。」

ウィプロ・リミテッドの産業&エンジニアリングサービス担当シニアバイスプレジデント兼グローバルヘッドのハーミート・チョーハンは、次のように述べています。「過去4年間にわたり、ウィプロのエンジニアリングサービスは革新的な顧客体験の創出、新市場に合せた製品・プラットフォーム・技術の個別化、次世代技術の取り込み、市場投入期間の短縮の促進、世界規模での製品コンプライアンスの保証により、多様な世界的企業に多大な価値を生み出してきました。私たちはインテルと提携して、当社のAIソリューションを改善・強化し、同社の価値を当社のお客さまにまで届けられることに感激しています。」

ウィプロはインテルAIビルダー・プログラムに参画しています。本プログラムは業界有数の独立ソフトウエアベンダー(ISV)、システムインテグレーター(SI)、相手先商標製品製造企業(OEM)、エンドユーザーとしての企業で構成されるエコシステムで、インテル製プラットフォームを基盤に人工知能の採用を促進するという使命を共有しています。

ウィプロ・リミテッドについて

ウィプロ・リミテッド(NYSE:WIT、BSE:507685、NSE:WIPRO)は、情報技術、コンサルティング、ビジネスプロセスサービスの世界的大手企業です。当社は、コグニティブ・コンピューティング、ハイパー・オートメーション、ロボット工学、クラウド、アナリティクス、新興技術の力を活用し、顧客がデジタル世界に適応して成功を収めることができるよう支援しています。サービス・ポートフォリオの包括性、持続可能性への強力な取り組み、高い企業市民精神で世界的に認められた企業として、当社では、17万5000人を超える献身的な従業員が6大陸でクライアントに対応しています。協力することで、当社はアイデアを見出し、点と点を結びつけることで優れた大胆な新たな未来を構築することに取り組んでいます。

将来予想に関する記述および注意事項

本リリースにおいて当社の将来の成長見通しに関する特定の記述は将来予想に関する記述であり、実際の結果がそのような将来予想に関する記述の中のものと異なるものになる原因となり得るいくつかのリスクや不確実性を含んでいます。このような記述に関するリスクと不確実性には、当社の収入・収益・利益の変動、成長を創出・管理する当社の能力、ITサービスにおける熾烈な競争、コスト面の優位性を維持する当社の能力、インドにおける賃金の上昇、能力が特に高い専門的人材を引きつけて維持する当社の能力、固定価格・固定期間契約における時間および費用の超過、クライアントの集中、移民に関する制限、国際的運営を管理する当社の能力、当社の重点領域におけるテクノロジー需要の低下、通信ネットワークの障害、買収が行われた場合に手続きを完了して統合を成功させる当社の能力、当社サービス契約における損害賠償責任、当社が戦略的投資を行う企業の成功、政府による財政支援の終了、政治的不安定、戦争、インド以外での資金調達や企業買収に対する法的制限、当社の知的財産の不正な使用、当社の事業や業界に影響する一般的な経済環境に関するリスクおよび不確実性が含まれますが、これらに限定されません。当社の将来の事業業績に影響を与え得るその他のリスクについては、米国証券取引委員会への当社提出物の中で詳細に記述されています。そのような提出物は、www.sec.govで入手できます。当社は、時に、書面および口頭においてさらに将来見通しに関する言明を行うことがあり、これには、証券取引委員会への当社提出物と株主への報告書に記載されている記述が含まれます。当社は、当社または当社の代理人が随時行う可能性がある将来見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Wipro Media Contact:
Purnima Burman
Wipro Limited
purnima.burman@wipro.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.