その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

ヘルスケアIoT企業のサイマックス、資金調達実施と取締役2名就任により経営体制を強化

サイマックス株式会社

ヘルスケアIoT企業のサイマックス、資金調達実施utf-8

ヘルスケアIoT技術と生体情報分析技術を組みあわせたサービス「スマート体調チェック」を運営するサイマックス株式会社(東京都葛飾区、代表取締役:鶴岡 マリア)は、Mistletoe株式会社、W ventures株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:新 和博)を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/191256/LL_img_191256_1.png
スマート体調チェック サービスイメージ

■資金調達の概要
<背景>
生活導線に入り込んだ自然なユーザービリティや測定で分かるコンテンツなどのプロダクトの魅力、ヒストリカルな身体データを取得することで創出する社会的価値、将来的な市場性、臨床研究で証明された測定精度の高さや技術力を評価いただきました。より多くのユーザーにサービス提供するための事業開発体制整備、引き続きのプロダクト開発と研究開発による技術改善のため、本資金調達を実施いたしました。

<目的>
今回調達した資金の使途は主に下記の目的です。
・ヒストリカルな生体情報を利用した「新たなヘルスケアコンテンツの開発と提供」
・デジタルヘルス産業をリードする企業となるための「研究開発および開発体制の強化」
・ヒストリカルな生体情報を日常生活の中で取得する意義や体験を多くの方に知っていただくための「ブランディングや企画」
今回の増資に伴い、事業開発およびプロダクト開発チームの採用強化を行い、社会に新しい価値を提供して参ります。

<引受先>
・Mistletoe株式会社
・W ventures株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:新 和博)が運営するW ventures投資事業有限責任組合


■取締役就任の概要
目的 :経営体制の強化を目的として、新たに2名の取締役が就任しました。
プロフィール:取締役 孫 泰蔵
取締役 松本 浩介


■関係者からのコメント(就任取締役及び新規出資者より)
<Mistletoe創業者 兼 サイマックス株式会社 取締役 孫 泰蔵 氏>
SYMAX社のバイオセンシング技術が社会に普及した暁には、人々が大病を患う前の「未病」の段階で病気の兆候を検知することができるようになり、最終的には大きな病気にかかる人はほとんどいなくなるような世界になるだろうと信じています。SYMAX社は、社会に大きなインパクトをもたらす起業家を支援するMistletoeの使命と合致する、素晴らしいスタートアップとして長期的に応援していきたいと考えています。

<W ventures株式会社 代表取締役 新 和博 氏>
医療・介護分野の社会保障費増大が大きな社会課題となる日本において、健康な人を一人でも多く増やすことは大変重要なテーマです。生活習慣病の患者数が年々増えている現状を変えるためには、一般的に行われている年1回の健康診断やたまに体重計に乗るといった取り組みに加えた、身体の状態の可視化が必要不可欠な要素になってきます。
SYMAXは、日常生活に溶け込むかたちでほぼリアルタイムに体調の可視化ができ、健康を維持するための行動変容を促す素晴らしいプロダクトを開発・普及させようとしています。社会における重要課題を、ITと優れたUXで解決しようとしているSYMAXの挑戦を応援していきたいと思います。

<サイマックス株式会社 取締役 松本 浩介>
今後の日本における労働者人口の不足は、私たちが今まで体験したことのない領域に入っていきます。ちなみに試算では、2030年までに毎年60万人の労働者不足が発生し、女性の社会参加、定年の延長、外国人労働者の受け入れ、ロボティックスの活用をもっても、その半分程度しか補えません。この問題を解決するためには、労働者の労働効率を上げていく、その実現のためには、働く人、一人一人が精神的・肉体的に健康な状態を継続でき、会社と共栄できる仕組みづくりが必要です。SYMAXは独自のバイオセンシング技術を生かし、心も体も健康に働くことができる労働環境の実現をサポートしていきます。


■「スマート体調チェック」の概要
<サービスの特徴>
・スマート体調チェックは、いつも通りトイレを使うだけで体調分析ができる画期的なサービスです。
・利用方法は、センサーが取り付けられたトイレを使うだけ。全自動で排尿を検知、尿分析を行います。専用アプリにすぐに結果が届き、特別な操作は一切必要ありません。
・ユーザーは体質や体調の分析結果をみて、日頃の体調管理に活かすことができます。

<「スマート体調チェック」専用アプリ画面>

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/191256/img_191256_2.png
専用アプリ ログイン画面

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/191256/img_191256_3.png
専用アプリ イントロダクション画面

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/191256/img_191256_4.png
専用アプリ 初回測定時イメージ

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/191256/img_191256_5.png
専用アプリ 継続利用時イメージ


■法人向けサービス「スマート体調チェック for biz」のご紹介
企業様の「健康経営」「働き方改革」の推進をサポートします。
<背景>
日本を始めた多くの国々では労働者人口が激減し、企業の生産性が下がると言われています。そこで、「生産性を向上させたい」「離職や休職を減らしたい」「中長期的に採用力を強化したい」「業務リスクを低減させたい」といった企業ニーズにお応えし、サービスを提供しております。

<サービスの特徴>
・らくらく導入
初期導入費ゼロ。工事不要。オフィスのトイレにセンサをつけるだけで、簡単にトイレに設置できます。
・高い社内利用率
既存のヘルスケア系福利厚生サービスの利用率が1桁%であることに対して、当サービスは従業員が積極的に利用。普段通りトイレに行くだけで体調分析ができるため、自然に利用を継続することができます。利用率が高いことから、運用担当者の作業負担や管理コストも軽減します。
・従業員のウェルビーイングの実現
日頃から健康を維持するための分析とパーソナライズドな健康情報をお届け。「病気かどうか」を判別するのではなく、利用者の今と未来の充実した毎日をサポートします。企業の生産性向上へ従業員定着化とリスク低減へつながります。


■法人サービス「スマート体調チェック for biz」の導入について
サイマックスでは、企業の生産性向上とリスク軽減のために、かつてなくスマートな体調管理サービスを提供しております。ご興味のある経営者の方、人事担当者の方、お問い合わせください。

くわしくはこちら
https://symax.jp/service_welfare


■会社概要
サイマックス株式会社は「先端技術で人類の文化向上に貢献する」というミッションのもと、医療ヘルスケアプラットフォームを開発するテクノロジーに特化した企業です。独自の生体情報センシング技術を活用し、医療ヘルスケアの進展に貢献します。

事業内容:生体情報センシング技術の開発、生体情報センシングデバイス
およびアプリケーションの開発、生体情報を活用した
分析アルゴリズム開発・研究
サービス:トイレ取り付けセンサによる体調分析サービス


■人材募集について
事業拡大に伴い積極的に採用活動を行っております。WEBや組み込みエンジニア、エレキ、データ解析などの分野のエンジニア、研究開発スタッフ、ディレクター、セールス、プロダクトマネージャーなど、各種ポジションで求める人物像については下記をご確認ください。
日常生活を送っているだけで体調チェックができるこれまでになかった製品を活用して、社会的価値創出のチャレンジを共に楽しめる方をお待ちしております。
https://symax.jp/recruit


■問い合わせ先
サイマックス株式会社
広報担当: 岡田
URL : https://symax.jp/


詳細はこちら

ヘルスケアIoT企業のサイマックス、資金調達実施utf-8ヘルスケアIoT企業のサイマックス、資金調達実施utf-8ヘルスケアIoT企業のサイマックス、資金調達実施utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.