その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

インタラクティブ・ブローカーズがBond Scannerを開始し、幅広い債券商品の最良価格発見で投資家を支援

2020年02月14日

米コネティカット州グリニッジ

(ビジネスワイヤ) -- インタラクティブ・ブローカーズ・グループ(Nasdaq:IBKR)は本日、債券の最良価格の発見を容易にして透明性を高めるBond Scannerを構築したと発表しました。クライアントにもクライアント以外にもご利用いただけます。

「当社は、入手できる最低の債券価格を提供していると考えています。投資家の皆さまには、ibkr.com/bondsで当社のBond Scannerをご覧いただき、フィルターを使って関心のある債券銘柄を絞り込み、ご利用の証券会社の価格と比較していただきたく思います」と、インタラクティブ・ブローカーズのマーケティングおよび商品開発担当EVPのSteven Sandersは語っています。

Sandersによれば、「複数の電子取引場や機関ディーラーからの呼び値を集計する当社のサービスは、クライアントに恩恵をもたらします。当社はスプレッドを追加することはなく、隠れた手数料やマージンはありません。高額な隠れたマージンを徴収する会社もありますが、当社は極めて低額な透明性の高い手数料を請求するだけです。IBKRのクライアントは、自分自身の注文を入力することで債券市場に流動性を提供し、価格を改善することができます。」

超低額で透明性の高い料金を提供するだけでなく、当社は幅広い種類の債券商品を提供します。これには、あらゆる種類の米国債、3万8000銘柄を超える世界の社債、8510億銘柄の地方債、3万3000銘柄のCD、1900銘柄の米国以外のソブリン債、そして債券先物や債券オプションが含まれます。インタラクティブ・ブローカーズは、高度な技術を使用して、そのトレーダー・ワークステーション・プラットフォーム(TWS)を複数の主要電子債券取引場と接続しています。これには、BondDesk、Knight BondPoint、MuniCenter、NYSE BONDS、Tradewebが含まれます。

インタラクティブ・ブローカーズで債券投資を行う場合の支払い額は、社債額面の最初の1万ドルに対して10ベーシスポイント(最低額1.00ドル)、それ以上の額面に対して追加で2.5ベーシスポイントとなります。20銘柄の債券で額面が2万ドルになる場合、IBKRの手数料は12.5ドルとなります。地方債に投資する場合は、額面の最初の1万ドルに対して5ベーシスポイント(最低額1.00ドル)、それ以上の額面に対して1.25ベーシスポイントとなります。20銘柄の債券で額面が2万ドルになる場合、IBKRの手数料は6.25ドルとなります。

「当社は債券投資家の皆さまに、IBKR Bond Challengeをご利用いただき、保有銘柄や購入検討中の銘柄を調べていただくことをお勧めしています。提供されている利回りをご確認いただき、今ご利用中の証券会社からも情報を得て当社の低コストをご確認ください」と、Sandersは語っています。

新しいBond Scannerの機能:

償還日の範囲で債券検索して利回りを確認。 業種を指定した社債検索と、州を指定した地方債検索。 最低利回りの最低値と最高値を設定。 ハイイールド債と投資適格債の範囲設定。 ムーディーズとS&Pの格付けでフィルタリングしたリスクとリターンの評価。 「債券タイプ」ボタンのクリックによる社債、CD、米国債、地方債の迅速な検索。

詳細情報については、ibkr.com/bondsをご覧ください。

インタラクティブ・ブローカーズ・グループについて

インタラクティブ・ブローカーズ・グループとその子会社は、証券、コモディティー、外国為替の自動化された取引執行と保管を、単一のIBKR統合投資口座から、数多くの国と通貨の125以上の市場で24時間体制で提供しています。当社は、個人投資家、ヘッジファンド、私設取引グループ、金融アドバイザー、紹介ブローカーにサービスを提供しています。当社は40年にわたり技術と自動化に重点を置いてきました。そのため、2019年2月25日のバロンズ・ベスト・オンライン・ブローカーズのレビューによれば、最も低コストで投資ポートフォリオを管理する独自の高機能なプラットフォームをクライアントに提供することができます。当社はお客さまに有利な執行価格と取引、リスクおよびポートフォリオ管理ツール、リサーチ機能と投資商品をすべて低価格か無料で提供し、お客さまが優れた投資利益率を達成できるよう努めています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

For Interactive Brokers Group, Inc.
Media: Kalen Holliday, 203-618-4069 or media@ibkr.com
Investors: Nancy Stuebe, 203-618-4070

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.