その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

ナリス化粧品、ふきとり化粧水 国内販売シェア5年連続 NO.1

株式会社ナリス化粧品

ナリス化粧品、ふきとり化粧水 国内販売シェア5年連

ふきとり化粧水市場、5年連続拡大基調。200億円市場へ






[画像1: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-410939-2.jpg ]


2020年6月11日

ナリス化粧品、ふきとり化粧水 国内販売シェア5年連続No.1
ふきとり化粧水市場、5年連続拡大基調。200億円市場へ

[画像2: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-548793-0.jpg ]

株式会社ナリス化粧品(代表者:村岡弘義 本社:大阪市福島区)は、主力商品である「ふきとり化粧水」の、2019年度(2019年4月から2020年3月)の企業別の国内販売動向調査を実施、国内シェアNo.1で、あることがわかりました。当社は、2015年度(2016年8月実施)から、ふきとり化粧水の国内販売動向調査を実施していますが、今回の調査で5年連続国内販売シェアが1位であることと、「ふきとり化粧水」の市場規模が、5年連続拡大基調にあることもわかりました。調査は、2020年5月の実施で、外部調査機関「TPC マーケティングリサーチ株式会社」によるものです。また、ふきとり化粧水に関する意識調査の結果も合わせて報告します。

【市場動向と増加の要因】


ふきとり化粧水の市場規模は、5年前の調査では、170億円でしたが、2016年度、176億円、2017年度、194億円、2018年度、196億円と順調に拡大し、今回の調査では、199億円と200億円に迫る市場となりつつあります。当社の年間売上高は、約27億円で、13.6%のシェアを占め、2016年度に調査を始めてから5年連続のシェアNo.1であることがわかりました。当社では、2017年に、ふきとり化粧水の国内販売シェア第1位を記念し、日本記念日協会に2月10日を「ふきとりの日」と申請し、認定されています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-297397-13.jpg ]

ふきとり化粧水は、新規参入メーカーも増加していますが、当社の主力販路である訪問販売では、2016年8月から開始した定期購入制度(「ふきとり定期便」から、「スキンケア定期便」に名称変更)により、ふきとり化粧水の会員数が8万人を超え、確実なリピーターの確保に成功しています。また、ふきとり化粧水をメイン商品に据えるスキンケアブランドでは、2017年に「マジェスタ」2020年に「ルクエ」ブランドのリニューアルを行い、オリジナルのふきとり成分を配合するなど、新規技術を搭載しています。その他流通においても、ドラッグストアなどを販路とする「ネイチャーコンク」の伸長も寄与しています。


ふきとり化粧水 認知率約7割 使用者 24%「毎日使用している」女性の約8割が「肌に自信がある」。
今回、ふきとり化粧水の国内シェアNO.1を受け、ふきとり化粧水の認知度や使用実態について、インターネットによる調査を行いました。(調査期間:2020年5月29日~6月3日 調査方法:インターネット調査 調査対象:全国の20~69歳の女性2182人)

【調査トピックス】


1、ふきとり化粧水、「よく知っている」のは23.6%、「なんとなく知っている」44.3%
 前回調査(2018年1月19日~1月22日)「よく知っている」6.2%、「なんとなく知っている」27.6%から、
 認知率向上。
2、ふきとり化粧水、「毎日使っている」のは9.7%、若年層の方が「毎日使っている」傾向。
 20~25歳女性、「毎日使っている」のは21.9。比較的若年層の方が毎日使用している女性が多い傾向。
3、「毎日、ふきとり化粧水を使用している」女性の約8割が「肌に自信がある」。
 「肌に自信がある」65.9%、「まあまあ肌に自信がある」11.8%。
4、ふきとり化粧水を使用している女性の方が、長く同じ化粧水を使用している。
 10年以上の使用者は、ふきとり化粧水不使用者の1.5倍。


【調査結果】
1、ふきとり化粧水の認知率68%。
ふきとり化粧水を「きちんと知っている」女性は、23.6%、「なんとなく知っている」44.3%と、合計で67.8%でした。


2018年1月に実施した調査(n=1,200 全国20~69歳女性によるインターネット調査 2018年2月5日入ニュースリリース発行)では、「きちんと知っている」6.2%、「なんとなく知っている」27.6%、合計33.8%であったことから、ふきとり化粧水の認知率は向上していることがわかりました。なかでも、20~24歳の「きちんと知っている」30.2%、25~29歳は25.2%と若年層の女性の認知が伸びていることがわかりました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-967182-3.png ]

2、ふき取り化粧水、「毎日使っている」のは、9.7%
ふきとり化粧水の使用者を調べたところ、「毎日使っている」と答えた女性は、9.7%。前回の調査では、9.6%であったため、0.1ポイントの伸びにとどまってます。
使用者を年齢別にみてみると、若年層で、「毎日使用している」女性が多いとわかります。
2年前の調査では、20~24歳で「毎日使っている」9.2%「時々使っている」16.7%で合計25.9%ですが、今回の調査では、「毎日使っている」21.9%、「時々使っている」9.0%で、合計30.9%と、毎日使用している女性が増えているとわかります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-310913-4.png ]

3、「毎日ふきとり化粧水を使用している」女性の約8割が「はだに自信がある」。
ふきとり化粧水の使用の有無と、「肌に自信があるか」という問いをクロス集計した結果、「現在、毎日使っている」と答えた女性の65.9%が、「肌に自信がある」11.8%が「まあまあ肌に自信がある」と答え、77.7%の女性が自身の肌に満足していることがわかりました。また、「全く使ったことがない」女性は、肌に自信がないと答えていることが多いとわかります。


[画像6: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-215810-5.png ]

4、ふきとり化粧水の使用女性は、長く同じ化粧水を使用している。
ふき取り化粧水の使用女性と、ふき取り化粧水の不使用女性(ふきとり化粧水以外の化粧水を使用している女性)に、現在使用している化粧水(ブランドのリニューアルについては同じ化粧水と捉える)の使用期間を聞きました。全体的に、使用期間はばらついており、年齢による差はあまり見られない中、10年以上、同じ化粧水を使っていると答えたのは、ふきとり化粧水の使用女性で、14.6%、ふき取り化粧水の不使用女性で9.8%と1.5倍の差があります。特に50代では約3割、60代では約4割の方が10年以上同じふきとり化粧水を使用していると答えていますが、ふきとり化粧水の不使用女性は、10%台にとどまっています。

[画像7: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-885959-6.png ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-296146-7.png ]


【全体を通した考察】
今回の調査において、ふきとり化粧水の認知や使用は、市場の拡大とともに拡大していることがわかりましたが、若年層の認知、使用に比べて、中高年層での認知、使用はそれほど増えていないこと、また認知の伸びに対して使用者の伸びが少ないこともわかりました。この結果については、ふき取り化粧水の認知だけでなく、正しい理解の啓蒙の必要性や、使用の機会を積極的に提供してく必要性を感じます。「毎日ふきとり化粧水を使用している」女性の約7割が、「肌に自信がある」約1割が、「まあまあ肌に自信がある」と答えました。ふきとり化粧水は、コットンで使用することや、化粧水の前に使うという手間の煩わしさにより、敬遠される女性も多いですが、毎日使用している8割の女性の肌に自信を与えることができている結果は、ふきとり化粧水の効果の裏付けにもなると考えます。また、ふきとり化粧水を使用している女性は、長く同じ化粧水を使用しているということが明らかになりました。化粧品選びに悩む女性が多い中、同じ化粧水を使用し続けることができるのは、スキンケアへの満足と捉えることができると考えます。


【ふきとり化粧水とは】
余分な老化角質を取り除くことにより、肌のターンオーバーを促し、後で使用する化粧品の効果を高める目的で、1937年(昭和12年)に、創業者である村岡満義により開発・発売。当時は、「塗り重ねること」がスキンケアの常識であったため、常識を覆した商品として注目を浴びました。
スキンケアで使用する「化粧水」は、洗顔の後に一種類だけを使用することが一般的ですが、当社では、洗顔の後、「ふきとり化粧水」を使用してから、「化粧水」を使用するという2種類の化粧水を使用する独自の美容理論のもと、商品を構成しています。使用方法は、コットンにふきとり化粧水をしみ込ませ、やさしくふきとります。


【ふきとり化粧水の歴史】
[画像9: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-489893-8.png ]


1937/昭和12年  初代ふきとり化粧水「コンク」発売
1953/昭和28年  ふきとり化粧水「コンク」と「クロロホルモンクリーム」のコンビ「お蚕美容法」を発表
1978/昭和53年  「C-C-C美容理論」としてふきとり化粧水を核とした美容理論を発表
2013/平成25年  初の一般流通(ドラッグストアなど)用のふきとり化粧水「ネイチャーコンク」を発売
2017/平成29年  初の男性用ふきとり化粧水を「アウラス ザ フェイス」から発売
2017/平成29年  国内販売シェアNo.1 を記念し2月10日を「ふきとりの日」に記念日認定
2018/平成30年  初の通販用ふきとり化粧水を「サイクルプラス」から発売
2018/平成30年 ふきとり化粧水使用時の「心地よさ」を数値化する手法について学会発表
2020/令和2年  オリジナルのふきとり成分「純化白花豆エキスを「ルクエ」に配合

【ナリス化粧品の主なふきとり化粧水】
[画像10: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-863885-9.jpg ]


【商品名】ルクエ コンク
【流通】訪問販売
【価格】3,000円(税抜)3,300円(税込)
【容量】210mL
【発売日】2020年1月21日
【HP】www.naris.co.jp


[画像11: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-297397-13.jpg ]

【商品名】ネイチャーコンク 薬用クリア ローション
【流通】ドラッグストア、量販店流通
【参考価格】850円(税抜)935円(税込)
【容量】200mL
【発売日】2020年1月21日
【HP】www.narisup.co.jp


[画像12: https://prtimes.jp/i/25614/79/resize/d25614-79-826867-14.jpg ]



【商品名】サイクルプラス スキンライトニング コンク
【流通】通信販売
【参考価格】2,400円(税抜)2,640円(税込)
【容量】150mL
【発売日】2018年7月25日
【HP】cycleplus.jp


■ 会社概要
社名:株式会社ナリス化粧品
所在地:本社 大阪市福島区海老江1丁目11番17号
資本金:16億円
代表者:代表取締役 村岡弘義
社員数:690名(2020年3月末・連結)
売上高:249億円(2020年3月期・連結)
グループ事業内容
(訪問販売事業) 化粧品、健康食品、美容機器、補正下着等の販売・エステティック事業・教育事業
(海外事業)東南アジア、中国など世界各国における化粧品の開発と販売
(開発事業)OEM事業/相手先ブランドによる製品受諾販売
(通信販売事業)媒体を通した化粧品販売
(店頭販売事業)化粧品商社等を通したドラッグストア、量販店での化粧品販売。直営店による店舗独自の化粧品販売、エステティックサービスの提供。

※ナリス化粧品は、1932年に大阪市福島区で創業し、経営理念として「For others~人様のために」を掲げ、これまで「社員一人ひとりが、人様に役立てる実力を持つ人になる」という自らに向けた誓いとして、一貫して化粧品を通じて皆様に安心と幸福をお届けしたいと願い、歩み続けています。

プレスリリース提供:PR TIMES

ナリス化粧品、ふきとり化粧水 国内販売シェア5年連ナリス化粧品、ふきとり化粧水 国内販売シェア5年連ナリス化粧品、ふきとり化粧水 国内販売シェア5年連ナリス化粧品、ふきとり化粧水 国内販売シェア5年連ナリス化粧品、ふきとり化粧水 国内販売シェア5年連

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.