その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

クアナジーの3D LiDARが、中国の廃棄物焼却プラントのリサイクル・プロセスを最適化し、環境負荷を低減

2021年07月30日

LiDARベースのIoTソリューションが廃棄物の山の3Dモデリングを提供し、リサイクル・プロセスを最適化しつつ、プラントの環境負荷を低減 LiDARデータが廃棄物の密度測定ソリューションを実現し、廃棄物焼却の優先順位付けが可能に クアナジーのLiDARセンサーが、業界有数の精度と3D点群密度を提供

米カリフォルニア州サニーベール

(ビジネスワイヤ) -- OPAベースのソリッドステートLiDARセンサーと自動車およびIoT向けスマート3Dソリューションの大手プロバイダーのクアナジー・システムズは本日、廃棄物プラントの業務を自動化する新しいスマートLiDARを導入したと発表しました。これは、中国にある廃棄物・エネルギー変換焼却プラントでプロセス効率を確保し、環境負荷を最小限に抑えるためのものです。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210730005218/ja/

中国トップクラスのエンジニアリング研究大学の1つである湖南大学と、Puxiang BioenergyHunan Qiaokang Bridge Health Intelligent Technologyが共同で、クアナジーの高精度Mシリーズ3D LiDARセンサーを導入し、焼却プラントの廃棄物の山の表面をスキャンして3D点群画像を作成し、廃棄物の体積を正確に算出するために応用しました。クアナジーのLiDARソリューションは、0.033度の角度分解能と、毎秒最大130万点の点群密度によって、業界有数の高精度を提供しています。

正確な体積データにより、廃棄物プラントは廃棄物の密度を推定し、推定ロジックを適用することで発熱量を判断できます。例えば、乾いた廃棄物の密度は、湿ったものと比べて密度が低く、発熱量が高くなります。この豊富で正確な3Dデータにより、リサイクル・ステーションは発熱量の高い乾燥した燃料を優先的に燃やし、湿った廃棄物を乾燥させるための時間をより多く確保できます。これは、全体的な効率を改善して、炭素排出を削減する上で役立ちます。

湖南大学の電気・情報工学部、副学部長のXiaogang Zhang教授は、次のように述べています。「クアナジーのLiDARセンサーから得たデータによって、デジタル・データセットを生成し、それを活用して市全体とそれ以外の場所で廃棄物のリサイクル・プロセスを最適化して、規模を拡大できます。また、強力な産業IoTアプリケーションであるクアナジーのセンサーのデータで、発電所の稼働状況を把握できるため、廃棄物の焼却によって生成できる電力量を監視、測定、予測できるようになります。」

クアナジーのCMOのEnzo Signoreは、次のように述べています。「LiDARを使用する前は、発熱量を正確に推定する上で不可欠なデータである廃棄物の体積と密度を正確に測定する方法がありませんでした。3D LiDARは、これまで二次元の世界では利用できなかった明確で貴重な詳細情報を引き出し、運用効率を向上させるだけでなく、排出ガスを減らして、大気をよりきれいに、健康的にすることができます。」

クアナジーの3D LiDARセンサーはその精度に加えて、焼却プラントの過酷な条件下でも優れた堅牢性と信頼性を提供し、6万時間以上の平均故障間隔(MTBF)を提供します。センサーは、屋内・屋外のあらゆる環境に設置でき、周囲の照明条件に関わらず、信頼できるパフォーマンスを発揮します。さらに、本ソリューションは容易に拡張できるため、都市に一層の価値をもたらします。

詳しい情報については、www.quanergy.comをご覧ください。

クアナジーは6月に、CITICキャピタル・アクィジション(NYSE:CCAC)(CCAC)と最終的な合併契約を締結しました。取引完了時に、合併後の会社名はクアナジー・システムズとなり、ティッカーシンボル「QNGY」で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場される予定です。この取引は、慣例的な完了条件を満たした後、2021年第4四半期に完了する見通しです。

クアナジーについて:

シリコンバレーの技術企業のクアナジーは、廉価でスマートなLiDAR技術と3D知覚技術を市場で提供しています。その使命は、自動車およびIoTアプリケーション向けに強力で廉価なスマートライダーソリューションを開発し、人々の体験と安全性を強化することです。クアナジーは、光学フェーズドアレイ(OPA)技術に基づいて、唯一の真の100%ソリッドステートCMOS LIDARセンサーを開発し、低コストで高信頼性の3D ライダーソリューションの大量生産を実現しました。クアナジーのスマートなライダーソリューションにより、企業はリアルタイムの高度な3D情報を活用して、産業自動化、物理的セキュリティー、スマートシティー、スマートスペースなど、さまざまな産業の業務を変革できます。クアナジーのソリューションは、世界中の350社を超える顧客が導入しています。詳しい情報については、www.quanergy.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには歴史的事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー条項に基づいて将来見通しに関する記述と見なされる、特定の記述が含まれています。将来見通しに関する記述は通常、「信じる」、「かもしれない」、「するつもりである」、「見積もる」、「続ける」、「予見する」、「意図する」、「期待する」、「はずである」、「であろう」、「計画する」、「予告する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「将来」、「見通し」、「予測する」、「予見する」、「可能性が高い」という言葉や、将来の出来事や動向を予告もしくは示唆する類似表現や、歴史的事実の言明でない類似表現を伴います。本プレスリリースに含まれる記述は、現在または歴史的事実に関する記述を除き、湖南大学およびPuxiang BioenergyのHunan Qiaokang Bridge Health Intelligent Technologyと共同で導入する3D LiDARソリューション、企業結合案を完了させるCCACの能力、提案されている企業結合案の予想されている時期、合併会社の将来の製品に関する記述を含め、すべて将来見通しに関する記述です。これらの記述は、本プレスリリースで特定されているか否かに関わらず、さまざまな仮定と、CCACおよびクアナジーのそれぞれの経営陣の現在の予想に基づいており、実際の業績を予測するものではありません。これらの将来見通しに関する記述は例示目的のためにのみ提供され、保証、アシュアランス、予測、または事実や可能性に関する確定的な記述として意図されておらず、またそのように依拠されるべきではありません。実際の出来事と状況は、予測が困難または不可能であり、仮定とは異なります。多くの出来事と状況は、CCACまたはクアナジーの管理が及びません。実際の結果が、将来見通しに関する記述で表現または示唆されたものと大きく異なる場合の原因となり得る潜在的なリスクや不確実性には、国内外の事業、市場、経済的・政治的・法的状況の変化、両当事者が企業結合案を首尾よくあるいは適時に完了できない可能性(規制当局の承認が得られないリスク、遅延するリスク、または合併会社や企業結合案で予想される利益に悪影響が及ぼす可能性のある条件が付けられるリスク、あるいはCCACまたはクアナジーの株主から承認を得られないリスクを含む)、企業結合と関連してPIPE募集を完了できない可能性、企業結合案で予想される利益を実現できないこと、クアナジーに関して予測されている財務情報の不確実性に関連したリスク、CCACの株主による償還請求の額、クアナジーの製品に対する消費者の全体的な需要レベル、一般的な経済状況や消費者の信頼感、嗜好、行動に影響を与えるその他の要因、世界的な通貨・資本・信用市場の混乱と変動、ニューヨーク証券取引所でクアナジーの株式上場を維持する能力、クアナジーの顧客の財務力、事業戦略を実行するクアナジーの能力、政府の規制の変更、クアナジーが訴訟請求やその他の偶発的損害を受ける可能性、COVID-19の世界的パンデミックとそれに対応して実施される政府の行動と制限的措置によるクアナジーの事業の混乱やその他の影響、COVID-19の世界的パンデミックのような疾病の流行や健康関連の懸念に関連するクアナジーのサプライヤーの安定性とその製品に対する消費者の需要、世界的な気候変動の動向がクアナジーとそのサプライヤーおよび顧客に与える影響、特許、商標、その他の知的財産権を保護するクアナジーの能力、クアナジーの情報システムの侵害や中断、電力やその他の原材料、契約製品の価格、入手可能性、品質の変動および為替の変動、潜在的な純繰越欠損金を利用するクアナジーの能力、税法および債務、関税、法律、規制、政治、経済に関するリスクの変化などがありますが、これらに限定されません。上述の潜在的なリスクおよび不確実性のリストは、すべてを網羅したものではありません。CCACまたはクアナジーの業績に影響を与える可能性がある要因の詳細は、フォーム10-Kによる年次報告書、フォーム10-Qによる四半期報告書、フォーム8-Kによる最新報告書など、CCACがSECに提出した公開報告書のほか、CCACがSECに提出したか今後提出するその他の文書、特に、企業結合案を承認するために開催される株主総会のCCACによる委任状勧誘に関連した委任勧誘状/目論見書を含むフォームS-4による最終改正を行った登録届出書に随時記載されます。これらのリスクが実際に発生した場合や、CCACまたはクアナジーの仮定が誤っていることが判明した場合、実際の結果は、これらの将来見通しに関する記述に記載された結果と大きく異なるものになる可能性があります。また、CCACおよびクアナジーが現時点では知らないか、CCACおよびクアナジーが現時点では重要ではないと考えるリスクによって、実際の結果が将来見通しに関する記述に記載されたものと異なるものになる可能性があります。また、将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発表時点でのCCACおよびクアナジーの将来の出来事に関する予想、計画、予測、ならびに見解を反映しています。CCACおよびクアナジーは、CCACもしくはクアナジーが、あるいは合併会社が予想を達成することを保証するものではありません。CCACおよびクアナジーは、今後の出来事や進展により、その評価が変わることを予想しています。しかし、CCACおよびクアナジーは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で義務付けられている場合を除き、CCACおよびクアナジーはそのような義務を明示的に否認します。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発表日以降におけるCCACおよびクアナジーの評価を表すものとして、信頼すべきではありません。従って、これらの将来見通しに関する記述を過度に信頼しないようにしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Media Contact
Neal Stein
Media@quanergy.com

Investor Relations
QuanergyIR@icrinc.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.