その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

航空機用フィルターの市場規模、2026年に10億200万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

航空機用フィルターの市場規模、2026年に10億200万米

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「航空機フィルターの世界市場 (~2026年):航空機タイプ (固定翼・回転翼・UAV)・販売経路 (OEM・アフターマーケット)・タイプ (液体・エア)・用途 (エンジン・油圧システム・アビオニクス・キャビン・空気圧システム)・材料・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を9月16日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1015127-aircraft-filters-market-by-aircraft-type-fixed.html
[画像: https://prtimes.jp/i/71640/867/resize/d71640-867-147d63aafd04088af00f-0.png ]


航空機用フィルターの市場規模は、2021年の8億2300万米ドルからCAGR4.0%で成長し、2026年には10億200万米ドルに達すると予測されています。同市場は、航空機の更新や航空機の納入数の増加など、さまざまな要因によって牽引されています。


COVID-19の航空機用フィルター市場への影響

航空機用フィルター市場には、主要プレーヤーであるParker Hannifin Corporation(米国)、Donaldson Inc. (米国)、Safran(フランス)、Porvair PLC(英国)、Freudenberg & Co.KG(ドイツ)などがあります。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、ラテンアメリカなど様々な国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスに多大な影響を与えています。業界の専門家は、COVID-19が航空機用フィルターの生産やサービスに与える影響は、2020年には世界全体で7~10%になると考えています。同市場におけるマイナスの影響は、2021年第1四半期にはゆっくりと回復すると予想されます。

牽引要因:航空機用フィルターの短い交換サイクル

航空機用フィルターの交換サイクルが短いことは、MROセグメントの需要を促進する重要な要因となります。航空機用フィルターは、飛行時間数と暦日数のどちらか早い方に合わせて交換されます。このサイクルは、6ヶ月から18ヶ月、もしくは、300飛行時間から3,500飛行時間となっています。旅客数の多さは、航空機用フィルターのサイクル数に直接反映されます。

世界銀行のデータによると、航空機で移動する乗客数は、2010年の26億2,800万人から2019年には43億9,700万人へとCAGR6%で増加しており、10年間で約18億人の増加となっています。COVID-19パンデミック後も同様に航空旅客数が増加することで、航空機用フィルターの需要が増し、市場を牽引すると考えられます。

市場機会:アジア太平洋地域とラテンアメリカにおける航空機メーカーの台頭

アジア太平洋地域や中南米地域では、COMAC(中国)、Embraer SA(ブラジル)、三菱航空機(日本)などの航空機メーカーが台頭しており、今後の航空機用フィルターの大きな市場機会となっています。また、フィリピンのセブパシフィック航空のように、乗客数の増加を計画している企業の存在も、航空機用フィルターメーカーに多くの機会を提供します。

課題:電動航空機や代替燃料航空機の需要増加による市場縮小の可能性

航空機の二酸化炭素排出量を長期的に削減するために、電気航空機や水素航空機などの代替燃料航空機の研究開発が行われています。電気航空機は構造が比較的単純なため、フィルターなどの部品点数が少なくて済みます。また、燃料を燃焼させないため、燃料フィルターも必要ありません。これは、航空機用フィルターメーカーの成長にとって大きな課題となります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1015127-aircraft-filters-market-by-aircraft-type-fixed.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.