その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

東京五輪のレガシー、今後5年間で8兆8千億円の売上増を期待

TDB

東京五輪のレガシー、今後5年間で8兆8千億円の売上増

旅行業など「運輸・倉庫」業で将来の効果を見込む企業が多い

2021年7月から9月にかけて、当初より1年延期された東京五輪・パラリンピックが開催され、開催国の日本はこれまでの大会を上回る数の金メダルを獲得するなど「スポーツの祭典」は多くの人々に感動を与えた。一方で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため多くの会場で無観客や移動制限などの制約があるなかでの開催となり、さまざまな関連消費が伸び悩んだことによって企業が当初想定していた効果と異なった結果も生じている。
<調査結果(要旨)>

東京五輪の開催によって売り上げが増加した企業の割合は、「開催前」においては8.6%、「開催期間中」では4.8%、「開催後の見込み」では4.3%となった。減少した割合では「開催期間中」が4.1%で最も高かった。また、売上高の平均額ではそれぞれ2,150万円、447万円、657万円だった。また、企業全体でみると今後の5年間で8兆8,263億円の売上増加を期待していると試算された
東京五輪の開催によって売り上げが増加した企業の割合を業界別にみると、旅行業を含む「運輸・倉庫」がいずれの期間においても最も割合が高かった。また、「建設」では開催前の売上高平均額が最も高くなるなどの特徴がみられた。地域別では主な開催地となった「南関東」において、他地域と比較していずれの期間においても増加した企業の割合が最も高かった
東京五輪の開催が2021年の日本経済にとって有効だったかを尋ねたところ、「有効だと思う」と回答した企業は22.4%となった。規模別では、「大企業」では全体(22.4%)を上回ったものの、「中小企業」や「小規模企業」は下回った。また、主な開催地となった「東京都」(21.1%)や「南関東」(20.9%)においても全体を下回る結果となった

■調査期間は2021年9月15日~30日、調査対象は全国2万4,516社で、有効回答企業数は1万2,222社
 (回答率49.9%)。なお、東京五輪に関する調査は2019年10月に続いて、今回で4回目
■本調査の詳細なデータは景気動向オンライン(https://www.tdb-di.com)に掲載している


東京五輪の開催で売り上げが増加した企業、開催前が最も高く8.6%

 東京五輪の開催によって、どの程度売り上げが増減したか[1]尋ねたところ、増加に関しては開催前[2]が8.6%で最も高かった。一方で、「開催期間中の効果」、「開催後の効果」[3]と将来にかけて徐々に少なくなっている。減少に関しては開催期間中が4.1%で最も高い。また、売上高の平均額では開催前が最も高く平均2,150万円となり、開催期間中では447万円、開催後の見込みでは657万円となった。企業全体でみると、今後の5年間で8兆8,263億円の売上増加を期待していると試算された。
[画像1: https://prtimes.jp/i/43465/363/resize/d43465-363-769cfbd8be1e7dd7ec5e-0.jpg ]

 東京五輪の開催によって売り上げが増加した割合を業界別にみると、「運輸・倉庫」がそれぞれの期間において最も高かった。その他、開催前の効果としては「建設」の売上高平均額が3,973万円でトップとなった。また地域別では主な開催地となった「南関東」において、それぞれの期間で増加とする割合が最も高かった。


[画像2: https://prtimes.jp/i/43465/363/resize/d43465-363-94316c14b9b0fa278b66-1.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/43465/363/resize/d43465-363-5e235077ca91cf38a18c-5.jpg ]




[1] 直接的な売り上げ変化だけでなく、関連する商品・サービスなど間接的な売り上げ変化や開催にともなう交通規制などで生じた影響なども含む
[2] 「開催前」とは、開催延期が決まった2020年3月から2021年6月を指す
[3] 「開催後の効果」とは、今後5年間程度(2026年ごろまで)を指す


東京五輪・パラリンピックの開催、2021年の日本経済に「有効」と考える企業は22.4%

 東京五輪・パラリンピック(以下、東京五輪)の開催が2021年の日本経済にとって有効だったかを尋ねたところ、「有効だと思う」と回答した企業は22.4%だった。一方、「有効とは思わない」は44.8%となり、「分からない」は32.9%だった。
[画像4: https://prtimes.jp/i/43465/363/resize/d43465-363-baf430279d8d9fa17f3d-3.jpg ]

 東京五輪が日本経済に「有効だと思う」企業を規模別でみると、「大企業」は26.2%で全体(22.4%)を上回ったものの、「中小企業」(21.6%)や「小規模企業」(21.0%)は全体以下にとどまった。また、主な開催地である「東京都」では21.1%、「南関東」では20.9%においても全体を下回る結果となった。
 
[画像5: https://prtimes.jp/i/43465/363/resize/d43465-363-aae9f3220772d72441d3-4.jpg ]

企業からは、「低下した消費マインドが浮揚するきっかけとなることを期待したい」(一般土木建築工事、沖縄県)との意見があった一方で、「開催期間中に首都高速が値上げになった影響で一般道が混雑したため、既存の営業活動が効率的に行えなかった」(自動車部分品・付属品卸売、東京都)や「原則無観客のため、効果はほとんどなかった」(一般貨物自動車運送、千葉県)といった声もあげられた。


まとめ

 1964年以来57年ぶりの自国開催となった東京五輪・パラリンピックは、新型コロナウイルスの影響で1年延期されたことに加え、多くの制約下での開催となった。そうしたなか、東京五輪の開催が2021年の日本経済にとって有効だと感じている企業は2割超にとどまり、多くの企業は有効でないと感じていた。主な開催地である東京都や南関東でも同様の傾向がみられた。
 また、東京五輪の開催による売り上げの増加に関しては、開催前、開催期間中、開催後の見込みそれぞれで増加と回答した割合は1割以下となったなかでも、8兆円を超えるレガシーが期待されている。その他、施設の建て替えなどで旺盛な需要が目立った建設業界は、開催前の売上高平均額が高水準だった。主な開催地となった南関東では他地域と比較して売り上げが増加する企業の割合が高かったものの、都市部から離れた地域では総じて低く、東京五輪の開催による恩恵はあまり行き届いていない結果となった。
 東京五輪によって売り上げが増加した企業は少数にとどまるなかで、当初期待していたものより限定的であるとの声が少なくなかった。新型コロナ下で資金面が厳しいなか五輪需要に希望を見出していた企業にとっては、従来の想定通りとはいかなかったとみられる。企業においては、取引先の動向を探るうえで東京五輪がどのように作用し、今後いかなる影響が生じるかは重要な一考となろう。

プレスリリース提供:PR TIMES

東京五輪のレガシー、今後5年間で8兆8千億円の売上増東京五輪のレガシー、今後5年間で8兆8千億円の売上増東京五輪のレガシー、今後5年間で8兆8千億円の売上増東京五輪のレガシー、今後5年間で8兆8千億円の売上増

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.