その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

DXYZの顔認証プラットフォームFreeiDを第一住建が開発・管理する学生向け賃貸マンション「INOVE俊徳町」に導入

ディクシーズ/FreeiD

DXYZの顔認証プラットフォームFreeiDを第一住建が開発

~関西初の共用部全て顔認証導入マンション~

DXYZ株式会社 (ディクシーズ、東京都新宿区、取締役社長 木村 晋太郎、以下、DXYZ)は、自社が提供する顔認証プラットフォーム「FreeiD(フリード)」を株式会社第一住建ホールディングス(本社:大阪府大阪市、代表取締役 松尾武、以下、第一住建ホールディングス)が開発・管理する2022年3月竣工の学生向け新築マンション「INOVE俊徳町」(大阪府東大阪市俊徳町)に導入したことをお知らせいたします。尚、共用部全てに顔認証を導入した賃貸マンションは関西では初めて(※1)となります。
※1:DXYZ調べ(エントランス、エレベーター、宅配・メールボックス、駐輪場の勝手口への導入実績より)
[画像1: https://prtimes.jp/i/91732/6/resize/d91732-6-90a871c301ed58999c32-1.png ]

■ 導入の背景について
第一住建ホールディングスは大阪府に本社を持ち、マンションやビルの建設事業・物件管理事業・賃貸仲介事業などを行う総合不動産会社です。第一住建ホールディングスは2019年に初めて学生向けマンションを新築しており、「INOVE俊徳町」は学生向け新築物件の第2弾になります。第一住建ホールディングスは、初めて一人暮らしをする学生とその保護者に安心・安全な物件を提供するため、セキュリティの高いシステムとして共有部全てへの顔認証導入の検討を行い、この度、共有部から専有部まで一棟オール顔認証マンションの実績のある「FreeiD」の顔認証を導入することになりました。
学生向け第1弾のマンションでは、カード型のスマートキーを採用しておりましたが、そのスマートキーの紛失や磁器不良で入れなくなるという課題がありました。また、新型コロナウィルスの流行により非接触な開錠方法も求められていました。「FreeiD」の導入により、スマートキーの紛失や磁気不良というリスクが無くなり、本人しか入れない点で安全性も高まりました。また、関西では初めて共用部全て(エントランス、エレベーター、宅配・メールボックス、駐輪場の勝手口)に「FreeiD」の顔認証を導入しました。「FreeiD」は認証のスピードが早くウォークスルーで認証できるため、エントランスで鍵を探す必要や立ち止まる必要もなく、エレベーターでは、顔を認証されると行先階ボタンも自動で押されるため非接触で安心です。また、One Time鍵貸し機能により鍵を持っていない家族や友人を顔認証で指定の時間に招待することも可能です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/91732/6/resize/d91732-6-735758ae9940a2a014e8-2.png ]


■ 今後の展開について
「FreeiD」の導入により安心・安全なマンションとして、初めて一人暮らしをされる学生やその保護者に大変好評をいただいております。学生向け第1弾マンションよりも早く入居も決まっており、第一住建ホールディングスがこれから着工する新しい物件にも導入していくことも計画しております。
DYXZは、顔認証プラットフォーム「FreeiD」の提供を通じて、ひとつの”顔”で街の中の「暮らす×働く×遊ぶ」をつなぐことを目指しています。
今回導入したマンションは近隣の大学向けの賃貸物件であり、将来的にはマンションで登録した一つの顔で、そこに入居する学生が通う大学もFreeiDで繋がり利用できるような世界も目指していきたいと考えております。

<第一住建 小野澤氏のコメント>
導入にあたって一番の決め手になったのはキーレス、タッチレスで住戸までたどり着ける点です。マンションのセキュリティ性を高めるために顔認証機能がある自動扉を選定していたところ、当製品が目に留まりました。
他社製品と比較するとエントランスだけではなく、ポストや宅配ボックス、そしてエレベーターまで顔認証システムでカバーされている点に魅力を感じました。認証スピードの早さ、メンテナンスや管理のしやすさも大きなポイントです。

■ 顔認証プラットフォーム「FreeiD (フリード)」について
FreeiDは鍵や財布・スマホを持つことなく、手ぶらでリアルな世界でのあらゆる行動(「入退」・「認証」・「決済」)を繋ぐ顔認証プラットフォームです。
これまでの顔認証サービスはアプリやシステムがばらばらで、利用場所ごとに顔の登録が必要でした。FreeiDは多種多様な顔認証エンジンと連携することで、1度の顔登録で様々な顔認証サービスを利用*することができます(特許第6839313号)。現在、FreeiDアプリでマンション・オフィス・保育園・ゴルフ場等へ「入退」・「認証」の顔認証サービスを提供しております。今後、「入退」・「認証」の利用シーン拡大(テーマパーク・ホテル・イベント等)、店舗・自動販売機等へ「決済」のサービス提供を予定しております。
* お客さま自身が使用場所・サービスを選択 (オプトイン) してご利用できるようになっております。

●「FreeiD」サービスサイト: https://freeid.dxyz.co.jp/

■ 会社概要
会社名 :DXYZ (ディクシーズ) 株式会社
代表者 :取締役社長 木村 晋太郎
所在地 :東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41階
設立  :2020年8月
事業内容:顔認証プラットフォーム事業
URL  :https://dxyz.co.jp/

会社名 :株式会社第一住建ホールディングス
代表者 :代表取締役 松尾 武
所在地 :大阪市中央区備後町2丁目4番10号
設立  :2001年10月12日
事業内容:投資事業、物件管理事業、賃貸仲介事業、売買仲介事業、建設事業、コワーキング事業、資産開発事業
URL  :https://www.d-group.co.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

DXYZの顔認証プラットフォームFreeiDを第一住建が開発DXYZの顔認証プラットフォームFreeiDを第一住建が開発

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.