製品 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 製品

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ 一期一会』のロバート・ゼメキス監督が知られざる感動の実話を待望の映画化!あの興奮が蘇る!『マーウェン』にデロリアンが登場!?応援コメントも到着!

株式会社パルコ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ 一期一会』の
ロバート・ゼメキス監督が映画化を熱望した、知られざる感動の実話。

ヘイトクライムの被害者で、障害を抱えながらも独自の世界観でカメラマンとして認められた、
マーク・ホーガンキャンプのドキュメンタリー『Marwencol』を映画化した、
『マーウェン』(原題:『Welcome to Marwen』)が、いよいよ7月19日(金)より
TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショーされます!

21世紀版『フォレスト・ガンプ 一期一会』の呼び声高い
ロバート・ゼメキス監督待望の最新作は、ファンタジーに溢れた、感動のヒューマンドラマ。
ドキュメンタリーを観て「すぐに魅了された。誰もが生きることに苦悩している現代において
“癒し”は普遍的なテーマだ。」と語り、想像力で自分を癒し、魂を回復させる1人の男性を描いている。
主演には、『バイス』や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、
『ビューティフル・ボーイ』などのスティーヴ・カレル。
「ドキュメンタリーを見てすぐに、どのような形でもいいから関わりたいと思った。」と、
カレル自ら出演を申し出た本作で演じたのは、
5人の男からリンチを受け脳に障害を負った実在の男性、マーク・ホーガンキャンプ。
命の危機に瀕する程の大怪我を負い、9日間にわたり昏睡状態だったホーガンキャンプは、
目が覚めたときには自分の名前すら覚えておらず、歩くことさえままならなかった。
そんな彼がリハビリのために始めたのはフィギュアの撮影だった。
自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使い、
第2次世界大戦時の村という設定のミニチュアを自宅の庭に築き、現実世界と向き合っていく。
心に深い傷を負った1人の男性の苦しみと葛藤、そして自らと向き合いながら再生していく姿を、
「マイノリティでも堂々と生きるべき」というメッセージに溢れた作品に描き上げている。

公開目前の7月18日、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の
あの伝説のデロリアンを彷彿とさせるマシンが登場する本編シーンの映像が解禁!!
「デジャ」と呼ばれる青い髪の謎のフィギュアに対し、
「お望み通り作ったよ」とマシンを見せるマーク。
その後、空想の世界でキャプテン・ホーギーはピンチに陥る…。
そんな彼を救ったのは、デジャの運転するタイムマシンだった!
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で誰もの記憶に鮮烈に残っている名シーンが、
2019年、『マーウェン』と共に蘇る!

また、本作の応援コメントも到着しました!!

蝶野正洋(『マーウェン』オフィシャル・アンバサダー)
ヘイトクライムで心が折れて、そこからどう立ち直っていくのか。
男性でも女性でも、社会で生きていくなかで似たような状況はあり得ます。
でも、自分の可能性を信じて諦めずに立ち向かっていくということは、自分自身の中のことだと思います。
是非、この映画を観て、勇気をもらってください。

白石和彌(映画監督)
芸術や空想が人を癒し人を救い、そして人を狂わせる。
ゼメキスは完全に狂っている。映画愛が完全に暴走している。フィギュアを使ってやりたい放題。
この映画は美しいヒューマンドラマであるが、同時に極上のハードボイルド映画でもある。

コトブキツカサ(映画パーソナリティ)
PTSDに苦しみながら空想の世界で生きるマークが、愛おしくてたまらない。
映画史に残る作品を手がけてきたロバート・ゼメキス監督の、映像的挑戦に最大限の賛辞を贈ります。

松江哲明(ドキュメンタリー監督)
感動が約束された実話を凌駕するゼメキスの映画魂。
「どう語るか」よりも「どう見せるか」にこだわり、
たとえ周囲に理解されなくとも、己の世界を構築しようとする姿がスティーヴ・カレルと重なる。
一線を超える作品はこのような表現者から生まれるのだ。

【公式YouTubeアドレス】
★YouTube:https://youtu.be/fin_Ueojmsg


【STORY】
5人の男に暴行されたマーク・ホーガンキャンプは、瀕死の重傷を負い、9日間の昏睡状態に陥る。
目が覚めたときには自分の名前も覚えておらず、歩くことさえままならなかった。
脳に障害を抱え、襲撃の後遺症(PTSD)に苦しむ彼は
まともなセラピーも受けられず、治療代わりにフィギュアの撮影を始める。
自宅に作った空想の世界“マーウェン”では、
G.Iジョーのホーギー大佐と5人のバービー人形が迫り来るナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げていた。
次第にマーウェンの写真は評価され、やがてマークの個展が開かれることになる。
“マーウェン” で戦う勇気を与えられたマークは、
避けていた暴行事件の裁判で証言しようと決意するが・・・

【原題】:Welcome to Marwen
【監督】:ロバート・ゼメキス
【出演】:スティーヴ・カレル / レスリー・マン / ダイアン・クルーガー
    / メリット・ウェヴァー / ジャネール・モネイ / エイザ・ゴンザレス
    / グウェンドリン・クリスティー / レスリー・ゼメキス
【公開表記】:7月19日(金)全国ロードショー
【配給】:PARCO
【クレジット】:(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
【公式HP】:http://marwen-movie.jp/
【公式Twitter】:https://twitter.com/marwen_japan
【公式Facebook】:https://www.facebook.com/marwenjapan





配信元企業:株式会社パルコ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.