業績報告 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 業績報告

栗栖工業の濱村宏伸が、とび技能検定成績優秀者表彰を受賞! ~山口県職業能力開発協会会長賞を受賞~

有限会社栗栖工業

有限会社栗栖工業(本社:山口県宇部市、以下 当社)は、2019年(令和元年) 11月27日に開催された【令和元年度 山口県職業能力開発促進大会】に於きまして、社員の濱村宏伸が「技能検定成績優秀者表彰 山口県職業能力開発協会会長賞」を受賞しましたのでご報告いたします。

■『山口県職業能力開発促進大会』について
山口県では、職業能力開発促進月間にあたり、広く社会一般に技能尊重の気運を醸成し、技能者の地位や技能水準の向上を図るため、山口県職業能力開発促進大会を開催しています。主催は、山口県、山口県職業能力開発協会、山口県技能士会連合会です。
大会では、県内の優れた技能者等に対する表彰及び「山口マイスター」の認定、職業訓練並びに技能検定関係の功労者等の表彰、記念講演を行うことによって、職業能力開発の重要性を広く一般に周知することとし、職業能力の一層の向上と技能尊重の社会的気運の醸成を図ることとされています。
<開催概要>
大会名称:令和元年度 山口県職業能力開発促進大会
開催日時:令和元年11月27日(水) 13:30~15:30
開催場所:山口県総合保健会館 2F 多目的ホール
(山口市吉敷下東3-1-1)TEL:083-934-2200(代)
御問合先:山口県職業能力開発協会
(山口市旭通り二丁目9-19)TEL:083-922-8646
U R L:http://www.y-syokunou.com/cms/2017082810440851.html

■受賞者(濱村宏伸)の略歴
・H22年 3月 ガス溶接技能講習を修了(在学中に取得)
・H23年10月 アーク溶接技能講習を修了(在学中に取得)
・H24年 3月 山口県水産高校(現 大津緑洋高校 水産校舎)を卒業後、弊社へ入社
・H27年10月 とび二級技能検定に合格、とび二級技能士となる
・H27年12月 足場の組立等作業主任者技能講習を修了
・H27年12月 第53回技能五輪全国大会(中央大会 千葉県)とび職種部門にて、銅賞を受賞
・H28年 9月 職長・安全衛生責任者教育を修了
・H30年 1月 小型移動式クレーン運転技能講習
・H30年 9月 とび一級技能検定に合格、とび一級技能士となる
・R 1年10月 建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者技能講習を修了
現在に至る





■技能検定に積極的に取り組んでいる理由
山口県では、公共工事においての技能士常駐制度を重視して、多くの技能士が活躍できる環境を創造しています。この事から、工事を受注する事業者は技能士を確保する為に専門工事業者を探したり、技能士を育てる事で公共工事の品質確保を行う事となり、下請業者との協力体制の構築のみならず、次世代の担い手確保の手段としても最も有効な方法となっています。過去6年間を通して、毎年実施される「とび技能検定」の受験者数は増加傾向に有り、20代の一級技能士が誕生しています。
当社では、次世代の担い手確保の一環として、若年層の新規雇用とその育成に力を入れております。これまでに、山口県内では最多の所属数を誇る35名のとび一級技能士が育っています。高度な技能を持つ職人が多く所属していることで、若手の初心者でも高度技能の習得やキャリアアップがしやすい環境といえます。

■『技能検定』について
技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。
技能検定は昭和34年に実施されて以来、年々内容の充実を図り、平成30年4月現在111職種について実施されています。技能検定の合格者は平成27年度までに411万人を超え、確かな技能の証として各職場において高く評価されています。
技能検定を所管する、厚生労働省が定めた実施計画に基づいて、試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が、試験実施等の業務は各都道府県職業能力開発協会が行っています。
技能検定には、現在、特級、1級、2級、3級に区分するもの、単一等級として等級を区分しないものがあります。それぞれの試験の程度は次のとおりです。

特級 ・・・・・・・・・・ 管理者または監督者が通常有すべき技能の程度
1級及び単一等級 ・・・・ 上級技能者が通常有すべき技能の程度
2級 ・・・・・・・・・・ 中級技能者が通常有すべき技能の程度
3級 ・・・・・・・・・・ 初級技能者が通常有すべき技能の程度

また、これらの区分以外に外国人技能実習生等を対象として随時に実施する3級、基礎1級及び基礎2級があります。
技能検定の合格者には、厚生労働大臣名(特級、1級、単一等級)または都道府県知事(2級、3級)の合格証書が交付され、【技能士】と称することができます。
また、技能検定合格者には、他の国家試験の受験や資格取得に際して特典が認められる場合があります。

■栗栖工業グループ 技能者数
有資格者等
・登録 鳶・土工基幹技能者 ・・・・・・・・・・ 23名
・登録 橋梁基幹技能者  ・・・・・・・・・・・ 2名
・とび一級技能士 ・・・・・・・・・・・・・・ 46名
・とび二級技能士 ・・・・・・・・・・・・・・  7名
・とび三級技能士 ・・・・・・・・・・・・・・  4名
・職長・安全衛生責任者教育  ・・・・・・・・・ 55名
・足場の組立等作業主任者技能講習 ・・・・・・ 66名
・仮設安全監理者講習 ・・・・・・・・・・・・ 45名
・玉掛技能講習 ・・・・・・・・・・・・・・・ 65名
・小型移動式クレーン技能講習(5t未満) ・・・・ 52名

顕彰、認定、表彰等
・国土交通大臣顕彰 建設マスター ・・・・・・  2名
・厚生労働大臣顕彰 安全マイスター ・・・・・  1名
・山口県優秀技能者 ・・・・・・・・・・・・・  2名
・山口県とびマイスター ・・・・・・・・・・・  2名
・しゅうなんマイスター ・・・・・・・・・・・  1名
・とび科職業訓練指導員 ・・・・・・・・・・・  2名
・作業主任者技能講習会 講師 ・・・・・・・・・  2名
・登録 鳶・土工基幹技能者講習会 講師 ・・・・・  2名
・墜落制止用器具作業特別教育 講師 ・・・・・・  6名
・足場組立業務特別教育 講師 ・・・・・・・・・  6名
・足場の組立等作業主任者能力向上教育 講師 ・・  2名

■会社の取り組みについて
当社は、高度な技能を持つ職人が多く所属していることで、若手の初心者でも高度技能の習得やキャリアアップがしやすい環境といえます。お陰様で、プラントを支える鳶として認知度を高め、山口県内唯一の橋梁架設鳶としても認知されました。しかしながら、せっかく育てた技能士が労働災害に遭わないことを願うと同時に、自己防衛としての「安全施工」を身につけて欲しいとの思いから、「安全日本一」のスローガンを掲げています。
安全活動への積極的な参加や、安全意識の高揚を図る事で労働災害ゼロの職場を実現し、初心者でも安心して技能の習得やキャリアアップがしやすい環境構築に努めております。これからも、とび職の地位向上と職場環境の改善に取り組み、安全日本一の職人集団を達成させたいと思います。

■会社概要
会 社 名: 有限会社栗栖工業
所 在 地: 〒757-0216 山口県宇部市船木1236番地
連 絡 先: TEL:0836-69-0707
創  業: 1985年(昭和60年)9月3日
資 本 金: 3,000,000円
営 業 所: 周南営業所 〒746-0024 山口県周南市古泉1丁目6番20号
小野田営業所 〒756-0824 山口県山陽小野田市中央3丁目7番13号
資材センター: 第1資材センター 〒757-0216 山口県宇部市船木新郷
第2資材センター 〒757-0216 山口県宇部市船木山田
第3資材センター 〒757-0216 山口県宇部市船木指月
事業内容: とび工事全般
橋梁架設工事
機械器具設置工事
足場仮設工事
・ファステックの施工
・クイックデッキの施工
仮設安全管理者業務(足場点検)
火消鳶歴史伝統文化継承事業(地域貢献活動)
山口県とび職種技能検定事業(運営協力)
U R L: http://www.kurisu-k.co.jp/



配信元企業:有限会社栗栖工業
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.