業績報告 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 業績報告

有限会社栗栖工業 河村梓が山口マイスターに認定! ~山口県知事より認定証を授与~

有限会社栗栖工業

有限会社栗栖工業(本社:山口県宇部市船木1236番地、以下 当社)の社員、河村梓(かわむらあずさ40歳)が、令和2年11月10日に「とび職種の山口マイスター」に認定され、山口県知事より認定証を授与されました。
同時に、社員の山本博史(やまもとひろし45歳)がとび一級技能検定成績優秀者として、山口県知事表彰を受賞することとなり、二重の喜びとなりました。
例年であれば、山口県職業能力開発促進大会が開催され表彰式が執り行われるところではありますが、今年の促進大会は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、残念ながら開催されません。
令和2年度職業能力開発関係県知事表彰等及び「山口マイスター」認定について:https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/202011/047508.html

当社では、鳶職としての伝統文化から最新技術に至るまで、社員が多様かつ高度な技能を習得できるよう全面的にサポートするほか、とび職種の技能検定試験に対する積極的な受験推進を実行していることと、労働災害防止活動や安全行動を普段より積極的に心掛けて実行していることから、このような認定につながっていると自負しております。また、こういった認定が若手の人材育成に貢献できればと考えております。

会社URL  : http://www.kurisu-k.co.jp/
関連企業URL: http://www.kurisu-c.co.jp/





■『山口マイスター』について
山口マイスターは、ものづくりの優れた技能を持ち次世代技能者の育成に意欲がある人を山口県知事が認定する制度で、2001年(平成13年)に創設されました。認定基準は厳しく、県内に在住する1級の技能検定(単一等級の技能検定を含む。)に合格した者又はこれと同等の能力を有すると知事が認める者で、技能の継承及び技能者の育成に意欲的に取り組む者であって、人格及び指導能力に優れ、他の技能者の模範となると認められるものが「山口マイスター」の認定を受けます。
この度の認定は、山口県鳶工業連合会からの推薦により申請され、宇部市の副申を受けて山口県商工労働部にて審査を受けて、村岡嗣政県知事より認定されました。
ものづくり体験教室や若年者への技能指導に山口マイスター等を派遣します。詳しくは山口県職業能力開発協会へお問い合わせください。
ものづくり体験教室の案内:http://y-syokunou.com/cms/page119.html

■技能士の育成に積極的に取り組んでいる理由
山口県では、公共工事においての技能士常駐制度を重視して、多くの技能士が活躍できる環境を創造していますので、工事を受注する事業者は、とび技能士を確保する為に優良なとび職種の専門工事業者を検索したり、とび技能士を自社で育てるなど、公共工事に対しての品質確保を行う必要が有ります。しかしながら、全国的に少子高齢化が叫ばれる中、建設業界では技能者不足が顕著になっています。
当社でも、若年技能者の確保育成に力を入れて取り組んでいますが、年間5名程度の確保がやっとです。専門工事業者として、現場を任せられる技術と技能を兼ね備えた若手の育成、担い手確保が最優先課題であり、全社員が多様かつ高度な技能を習得できる職場環境の確立と、とび技能士の働き方改革を遂行する事も急がれています。
現代にあわせた、とび技能士の在り方を求めながら、若年者の確保、技能士の育成に尽力する事が、自社だけでなく業界全体の維持存続へつながると信じて、積極的に取り組んでおります。

■とび工事業とは
「とび職」は、建設現場などに最初に乗込んで最後まで現場に残ります。何もない状態から、仮囲いや地業、基礎工事を行うための足場、躯体工事を行うための足場、鉄骨建て方、仕上を行うための足場など、完成するまでのいくつかのプロセスで関わっております。そのため仕事の範囲が広く「とび職」と一括りに云えるほど簡単に説明ができませんが、建設業種の専門工事業として説明すると、次の作業などをする職種です(細分化するとまだ有ります)
■ とび・土工工事業
・仮囲いや足場全般の仮設作業
・切梁、支保工などの仮設作業
・タワークレーンや工事用エレベーターの仮設作業
・高所での特殊作業
・鋼構造物工事業
・建築物の鉄骨建て方作業
・鉄塔、煙突の建て方作業
・橋梁架設作業
・機械器具設置工事業
・重量物、精密機械等の運搬・設置
・プラントメンテナンス作業
建設現場では、高所での特殊な作業をする事が多いので、危険作業である事から他職種よりも職人単価が高く設定されています。必要な資格も玉掛け・足場・型枠・鉄骨などに始まり、クレーン運転やガス溶接など、たくさんあります。特殊技能も必要ですし、高度なチームワークも求められます。言いかえれば、やる気次第では次々と仕事の幅が広がります。建築現場の職人の間では、高所を華麗に動き回ることから「現場の華」とも称されてきました。

■認定者(河村梓)について
河村梓の略歴
・2000年(平成12年) 6月 中途採用で当社へ入社
・2001年(平成13年) 6月 玉掛技能講習を修了
・2002年(平成14年) 6月 足場の組立等作業主任者技能講習を修了
・2002年(平成14年) 6月 型枠支保工の組立等作業主任者技能講習を修了
・2005年(平成17年) 4月 鋼橋架設等作業主任者技能講習を修了
・2005年(平成17年) 4月 コンクリート橋架設等作業主任者技能講習を修了
・2005年(平成17年) 9月 小型移動式クレーン技能講習を修了
・2006年(平成18年) 6月 高所作業車技能講習を修了
・2006年(平成18年) 9月 地山の掘削及び土留支保工作業主任者技能講習を修了
・2007年(平成19年) 5月 職長・安全衛生責任者教育を修了
・2008年(平成20年) 4月 酸素欠乏硫化水素作業主任者技能講習を修了
・2008年(平成20年) 6月 木造建築物の組立等作業主任者技能講習を修了
・2010年(平成22年) 3月 ガス溶接技能講習を修了
・2010年(平成22年) 9月 建築物等の鉄骨組立等作業主任者技能講習を修了
・2010年(平成22年)10月 とび一級技能検定に合格
・2011年(平成23年) 2月 登録 鳶・土工基幹技能者講習を修了
・2017年(平成29年) 3月 2級建築施工管理技士を取得
・2018年(平成30年) 1月 登録 橋梁基幹技能者講習を修了
・2018年(平成30年) 3月 2級土木施工管理技士を取得
・2019年(平成31年) 2月 1級土木施工管理技士を取得
・2019年(令和 1年)10月 あと施工アンカー(第2種)を取得
受賞歴
・2011年(平成23年)11月 建設業労働災害防止協会支部長表彰 功績賞を受賞
・2011年(平成23年)11月 とび一級技能検定成績優秀者 職業能力開発協会会長表彰を受賞
・2014年(平成26年) 5月 山口県鳶工業連合会 優良職長表彰を受賞
・2015年(平成27年) 7月 株式会社理化 優良職長表彰を受賞
・2017年(平成29年) 6月 福井建設株式会社 優良職長表彰を受賞
・2019年(平成31年) 6月 株式会社ジェイアール西日本ビルト 感謝状を授与
・2019年(平成31年) 1月 西日本旅客鉄道株式会社広島支社長 感謝状を授与
現在に至る

■会社の取組みについて
当社では、江戸時代から続く『火消鳶の伝統文化の継承事業』を行っています。古き良き伝統を、途切れることなく次世代に引き継ぐ企業として、「義勇の精神」を持った技能士を育て、地域に貢献できる企業を目指して精進して参りました。また、一般の方にも鳶職の伝統文化に慣れ親しんでいただければと考えて、年に数回、県主催の公式行事等に参加して、火消鳶伝統の技(鳶木遣り、纏のふりこみ、梯子乗り)を披露しています。
また、当社はとび工事業を展開する中で、働きやすい環境づくりや、新卒・中途を問わず若年者の雇用に積極的に努め、次世代の担い手確保・育成に貢献してきた事から、高度な技術を持つ「とび技能士を育成する企業」として認知されています。また「プラントを支える鳶」としてお客様から高評価を得ております。近年では、「橋梁架設鳶技能士」としても認知されるようになりました。これからも、とび技能士の地位向上と建設現場環境の改善に取り組み、安全日本一のとび技能士を目指して精進したいと思います。

■栗栖工業の『SDGs』への取組
当社では、次の取組を持続可能な目標として実行しています。
【技能伝承】
鳶工事業の技能振興と鳶職の伝統文化の普及により、当社のみならず業界全体の技術的進歩・改善に取組み、確かな技術で住みつづけられるまちづくりに貢献してまいります。
・担い手育成支援に向けた鳶技能検定への検定員派遣や実技試験会場提供
・鳶職の源流“火消鳶”伝承・披露
【人権】
労働安全衛生の徹底と健康経営導入、人材育成に向けた資格取得支援により、一人ひとりを尊重し、働きがいのある職場づくりを実践してまいります。
・法改正前からの事業所内全面禁煙等受動喫煙防止徹底
・技能五輪全国大会への挑戦と 8年連続入賞
【環境】
廃棄物の適正処理や、省エネ・省資源への取組みにより、事業活動による環境負荷軽減に努めてまいります。
・管理基準に則った廃棄物の適正処分実施
・省エネ推進、省資源に向けた3R推進
【社会・地域貢献】
地元人材の積極採用、次世代育成支援、地域貢献活動などを通じて、持続可能な地域社会の実現に貢献してまいります。
・地元の中学生や高校生のインターンシップ受入
・地元消防団への社員派遣
・ときわ動物園への寄付など

■『SDGs』とは
SDGs(エス・ディー・ジーズ)Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。持続可能な社会をつくるために、世界が抱える問題を17の目標と169のターゲットに整理した もの(2015年9月に国連で採択)。2030年までに、政府、企業、地域社会の あらゆる人が、SDGsを実現するための役割を担っています。

■会社概要
会 社 名: 有限会社栗栖工業
所 在 地: 〒757-0216 山口県宇部市船木1236番地
連 絡 先: TEL:0836-69-0707
創  業: 1985年(昭和60年)9月3日
営 業 所: 周南営業所 〒746-0024 山口県周南市古泉1丁目6番20号
小野田営業所 〒756-0824 山口県山陽小野田市中央3丁目7番13号
資材センター: 第1資材センター 〒757-0216 山口県宇部市船木新郷
第2資材センター 〒757-0216 山口県宇部市船木山田
第3資材センター 〒757-0216 山口県宇部市船木指月
事業内容: とび工事全般
橋梁架設工事
機械器具設置工事
足場仮設工事
・ファステックの施工
・クイックデッキの施工
仮設安全管理者業務(足場点検)
火消鳶歴史伝統文化継承事業(地域貢献活動)
山口県とび職種技能検定事業(運営協力)
U R L: http://www.kurisu-k.co.jp/

■所属団体等
・一般社団法人 日本鳶工業連合会
・山口県鳶工業連合会(日鳶連山口県支部)
・山口県鳶工業連合会技能士会
・山口県職業能力開発協会
・山口県技能士会連合会
・建設業労働災害防止協会 山口県支部
・山口県建設業労務研究会
・一般社団法人山口県労働基準協会 小野田支部
・日本建設職人社会振興連盟
・一般社団法人 仮設工業会
・全国仮設安全事業協同組合
・山陽小野田市建設業協同組合
・小野田商工会
・宇部高専テック&ビジネスコラボレイト



配信元企業:有限会社栗栖工業
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.