技術・開発 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 技術・開発

累計売り上げ30万台突破!人気のEシリーズのエントリーモデル「E1000」にマイク付コントローラー搭載モデル登場!

S'NEXT株式会社

累計売り上げ30万台突破!人気のEシリーズのエンutf-8

国内オーディオメーカーS'NEXT(エスネクスト)株式会社(代表:細尾 満)は、自社ブランドfinalの新製品、ダイナミック型イヤホン「E1000C」各色を2019年8月30日に発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189998/LL_img_189998_1.jpg
E1000C BLUE

Eシリーズは間違いのない定番と長く呼ばれることを目指した製品シリーズで、第一弾として「E3000/E2000」、続いてリケーブルモデル「E5000/E4000」を発売、そして昨年10月に「E1000」を発売し、累計30万台の出荷を記録した人気シリーズとなりました。

「E1000」は、特に中高生の方々から、Eシリーズを買いたいけど高くて買えないというご意見を多数いただき、製品化が実現しました。イヤホンを替えるだけで、大好きなアーティストが耳元でささやき、飽きるほど聴いた曲のイントロが全く違って聴こえる。そんな心を揺さぶられる経験を若い方々にして欲しい、もっとオーディオを面白いと思って欲しい。そのような思いを込めて、E1000の開発に踏み切りました。限られたコストのなかでの苦しい開発ではありましたが、クオリティを妥協することなく、製品化まで漕ぎ着けることができました。
当社のフラッグシップヘッドホンである「D8000」の研究開発で培った最新の音響工学と音響心理学の研究成果を盛り込み、製品化のきっかけともなった学生をユーザー層として想定し、多くのユーザーが聴取されるPOPSやROCKといった音楽を評価の基準として、チューニングいたしました。低音から高音までクリアでバランスの良いサウンドで、ライブで生演奏を聴いているような臨場感と音の広がりを実現しています。

この度、手元で再生/停止の操作がしたい、又は通話がしたい、もしくはゲーム中にチャットを楽しみたいというご要望にお応えし、マイク付コントローラー搭載「E1000C」の発売となりました。本体カラーは、BLUE、RED、BLACKの3色のバリエーションをご用意いたしました。イヤホンの世界にはじめての本格イヤホンとして手にとっていただきたい、finalが提案する新しいエントリー機です。

2019年8月9日より各販売店にて予約受付を開始いたします。

詳細は下記をご確認ください。


◎E1000C商品詳細
【特長】
- 音響工学、心理学に基づいた音作り
- 独自のイヤーピーススィングフィット機構
- 6.4mmダイナミック型ドライバーユニット
- マイク付ワンボタンコントローラー
- 左右軸色違いのオリジナルイヤーピース
- 柔軟で太めのオリジナルケーブルを採用
- BLUE、RED、BLACK、3色のカラーバリエーション


【スペック】
型番 :FI-E1DPLBLC(BLACK)
FI-E1DPLBUC(BLUE)
FI-E1DPLREC(RED)
筐体 :ABS
インピーダンス:16Ω
感度 :102dB/mW
重量 :15g
ケーブル長 :1,2m
同梱品 :イヤーピース
価格 :オープン(市場想定価格:税込2,980円)
保証期間 :1年間


【商品紹介ページ】
https://snext-final.com/products/detail/E1000C


【製品画像ダウンロード】
https://snext-final.com/press_release/detail/id=900


詳細はこちら

累計売り上げ30万台突破!人気のEシリーズのエンutf-8累計売り上げ30万台突破!人気のEシリーズのエンutf-8累計売り上げ30万台突破!人気のEシリーズのエンutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.