企業動向 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 企業動向

クロスシー、中国ビッグデータ解析大手Miaozhen Systemsとパートナーシップ契約締結~インバウンド・越境ECのプロモーション精度を飛躍的に向上~

株式会社クロスシー

クロスシー、中国ビッグデータ解析大手ミャオジェンと

日中間のクロスボーダービジネスを行う株式会社クロスシー(本社:東京都台東区、代表取締役社長:渡辺大介、以下当社)は、中国ビッグデータ解析最大手のユニコーン企業、秒針信息技術有限公司(本社:北京市、以下、Miaozhen/ミャオジェン)とパートナーシップ契約を締結したことを発表します。

■パートナーシップ契約締結の背景
経済の急発展が進む中国では、大手インターネット企業同士のグループ化が進んでいます。主要なネットサービスを提供する多くの企業は、異なるグループに所属するサービス間ではデータを連携させないという特徴があります。例えば、大手ECサイトで配信される情報は、主要検索サイトの結果ページには表示されません。

また、中国で有効なプロモーションの手段であるインフルエンサーマーケティング(KOLマーケティング:KOL=Key Opinion Leader)による情報拡散についても、そのインフルエンサーのSNS上でのフォロワー数や閲覧数が水増しされることも頻発しており、実際の効果測定が容易ではありません。こうした状況により、中国インターネットサービス上のデータ集積と解析が困難になっているのが現状です。

■Miaozhenデータ解析の特徴
この特殊な中国インターネット環境において、Miaozhenは各グループ間を跨いだ横断的なデータの取得と解析、それらに基づく施策の最適化を行っています。ターゲットオーディエンスに対して、有効アクティブフォロワー数の多いKOLや、相関性の高い広告メディアを選定し、プロモーションの最適化を行います。プロモーションの実施後は、閲覧数のみならず、ユーザーの最終行動(コンバージョン)までを一気通貫型で解析し、更に以降のプロモーション精度を高めていくことになります。

■最高の日本体験を提供する
近年、日中間のクロスボーダービジネスのニーズはますます高まっています。訪日外国人観光客数を2020年に4,000万人、2030年に6,000万人とするという政府の目標に向けて、その数は増加の一途をたどっており、中でも中国からの旅行者が最多を占めると目されます。また、日中間の越境EC市場規模も2016年の約1兆円から、2019年には2兆円を超えるという予測が出ており、急速に拡大しています。

こうした市場トレンドのなか日本企業が自社の商品やサービスを的確に顧客となりえる中国人消費者にマーケティングを行っていくニーズが高まっています。特に中国人消費者の世代や所得層による趣味嗜好の多様性に合わせ、ターゲティング精度の高いプロモーションや顧客リレーションを図っていくことが求められます。

Miaozhenの中国市場でのデータ解析ノウハウと、クロスシーの中日インバウンド領域における情報配信メディアの運営やプロモーションのノウハウとを組み合わせることで、効果的なSNSやネットメディアへの広告配信、インフルエンサー活用を実現する共同ソリューションを提供してまいります。

■秒針信息技術有限公司について
データと新技術を用いて、消費者行動を読み解き、企業による効率的なアプローチの選択を可能にするマーケティング支援業務を手掛けます。クラウドコンピューティング、NLP、AIといった最先端の技術を自社で開発、運用し、合計33の特許と独自ソフトウェアを有しています。
※2018年8月末現在

[会社概要]
社名:秒針信息技術有限公司
所在地:北京市朝陽区阜通東大街1号院望京SOHO T3 B座10階
URL:http://www.Miaozhen.com/

■株式会社クロスシーについて
中国語圏向けに日本情報の提供をするインターネットメディア運営・メディアレップ事業を展開すると共に、訪日観光客向けのマーケティング・ソリューションを提供しています。日本の観光立国を実現すべく、メインターゲットとなる中国(中華圏)への観光情報、サービス、商品について、日中間の情報格差を埋め、観光客にとって最高の日本体験の提供をめざしています。

[会社概要]
社名:株式会社クロスシー
代表者:代表取締役社長 渡辺 大介
所在地:東京都台東区上野2-11-16 NDK第一池之端ビル8階
創業:2010年4月15日
URL:http://x-c.co.jp/
事業内容:中華圏向けインターネットメディア運営、メディアレップ、マーケティング事業

■お問い合わせ
連絡先:03-5846-8931 info@x-c.co.jp
担当:山本


【付帯情報】
・クロスシー、中国ビッグデータ解析大手ミャオジェンとパートナーシップ契約を締結
http://itm.news2u.net/items/output/162283/1
・2018年9月6日クロスシープレスリリース_ミャオジェン提携
http://itm.news2u.net/items/output/162283/2


News2uリリース詳細へ

関連URL:http://x-c.co.jp/

記事提供:news2u

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • MicroStrategyが「グローバルエンタープライズアナ...
  • 帝国データバンクが「教育関連業者の倒産動向調査...
  • 国内受注も計画の5倍超に達したSUBARU新型フォレス...
  • アウディは、高い人気を誇るAmazon Aleを、最新の...
  • 今年6月に成立した改正民法により、18歳から成人と...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.